Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › 素人の体験談 › 気が付かなかった存在エロ意識を自覚した体験談
2021-10-09 (Sat)

気が付かなかった存在エロ意識を自覚した体験談

 先日、乳ガン検診を受けました。検査はマンモグラフィーです。当然女医さんだろうと思っていたのですが出てきたのは30歳後半くらいの男性でした。

「上半身裸になってケープを羽織ってください」と言われ、ケープがあるなら大丈夫かと思いながら準備をしました。先生から軽く説明があり、マンモグラフィー検査の機械の前に立つと



PR
「じゃあ検査を始めますね」との言葉の後ケープを取られ、先生の前に胸を出すはめに。。検査だし当然か…と思っている矢先に「失礼しますね」という言葉と同時に胸を掴まれ機械にセットされました。

 少しづつ機械に押し潰されていく胸をセットするため先生の手は胸の根本から乳首の方へ…。胸が押し潰される痛さと胸・乳首を触られ潰される胸を見られる恥ずかしさでいっぱいでした。

 片胸4回の計8回繰り返し、やっと検査が終わりほっとしてケープを被ると「痛かったよね、大丈夫でしたか?」と優しい言葉をかけてくださいました。椅子に座り問診の途中で「ちょっと失礼しますね」と言われ、触診をされました。

 今度は完璧に胸を揉むような感じ。絶対に感じたら駄目だ。と必死に真面目な顔を作って先生と目を合わせないようにしました。目を合わせてしまったら感じていることがバレてしまう気がしました。

 でも胸を少し強くグリグリされると声が出そうになり我慢することに必死でした。先生は少しのいやらしい感情もないのでしょうか。私のエロさを自覚した体験でした(笑)


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-10-09

Comments







非公開コメント