Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 自営業の体験談 › 出張マッサージ師の欲望治療の体験談
2021-10-03 (Sun)

出張マッサージ師の欲望治療の体験談

 整骨院を開業している。お客はほとんどが老人で、中には通院できなくなって困っている人が出てきて、この頃は営業時間のほかに、出張治療をするようになった。

 そんなお客の中に一人暮らしの女性がいて、腰と太ももをマッサージしてほしいという。通っているうちに彼女の要求が分かった。腰痛の治療よりも女性の欲望の治療だったのだ。



PR
 年齢は60代の後半、身体は小太りで年齢よりも若い。でも、残念ながら乳房はしなびているし、お尻や太ももの肉も落ちている。でも、お客様の要求に応えるのが大事と思った。

 だんだん急所の近くをマッサージして行き、ついにあそこに指をはわせた。彼女は息を弾ませた。薄い陰毛の上から丹念になぞり、ついに指を割れ目の中に入れた。そろそろと指を動かしていると中が濡れてきた。

 考えて、その日はそこで治療を止めた。終了を告げて帰るとき、彼女は僕に1万円札を渡して、次回の予約をした。それから毎週1回かよって、治療はだんだんエスカレートした。

 彼女のあそこはもう治療をはじめる前から濡れそぼっていて、指でまさぐるうちに、いくようになった。そのうちに、彼女の方から僕の股間に手を伸ばしてきて、それを触るようになった。

 毎回、治療費以外に高額のお金を貰うので、僕も覚悟して応えた。僕のものを口に含むようになり、とうとう、ある日、僕に入れて欲しい。つまりセックスをして欲しいと要求した。

 彼女の口で立たせてもらってから、挿入すると、声を上げてのたうち回った。その日は札束を渡された。いまは2週間に1度の契約で出張治療を続けている。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-10-03

Comments







非公開コメント