Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 会社員の体験談 › 変態おじさんとエロドライブした体験談
2021-10-03 (Sun)

変態おじさんとエロドライブした体験談

 ベッドの中でもぞもぞしていたら眠れなくなって、おじさんとえっちな話をチャットアプリでしてたら「会おうよ」と言われて、「寒いし夜おそいから」と、断ってたら「会ってくれるならノーパンで行くよ」と、

 言われて、ちょっとおもしろくなって、待ち合わせしてしまいました。私はスウェットパーカーの上下にダウンコートを着て行きました。迷ったけどブラはしないでノーブラのまま、パンツは穿いています。



PR
 待ち合わせ場所に行くとおじさんの車が来ていました。言われるまま助手席に座って、おじさんを見てびっくりしました。本当にノーパン、っていうか、ズボンも穿いてない。

 大きくなったチンコがそのまま。「うわ、ホントに変態!」と思ってしまったけど、おじさんのチンコから目が離せなくなっていました。おじさんはチンコのことは何も言わないで、私のことばかり

「若いね」「かわいいね」と言って、運転していました。「本当にノーパンなんですね?捕まりますよ」と私から笑いながら言うと、「大丈夫だよ、真っ暗で見えないでしょ」と言いました。

 そして、私にも脱ぐように言いました。最初は断ったけど、「そのつもりがあるから来たんでしょ?」と言われ、ドキドキしてきて周りを見ても確かに真っ暗で、ゆっくりズボンを下ろしていました。

 おじさんは前を向いて運転しながら、楽しそうにしていました。「パンツもいこうよ」と言われるまま、私はパンツも膝まで下ろしました。夜中に会ったばかりのおじさんとノーパンドライブなんて、ドキドキです。

「今日は寒かったね」とか「学校だったの?」とか、当たり障りのない話をしながら、一時間くらいドライブしました。私はズボンとパンツを足首のところまで下ろし、パーカーのチャックも半分くらい下げていました。

 シートを少し倒していましたが、時々信号で止まるたびに外から見えているようで、ドキドキしました。お互いの体を触ることもなく、おじさんは真っ暗な河川敷に車を止めました。

 車内の微かな明かりでお互いの体は見えていました。おじさんの大きくなったチンコの先から汁が垂れていました。無意識に手が伸びてしまい「こんなに大きくなって、汁が出てる」とおじさんのチンコを握っていました。

 おじさんもがまんの限界だったみたいで「真紀ちゃんのおっぱい可愛いね」と優しく揉んでいます。「舐めてもいい?」と聞かれ「うん」と小さく言うと、一気にジュルジュルと音を出すように舐められて、

 思わず声が出てしまいました。おじさんの手がびっしょり濡れたマンコを触り、指がゆっくり入ってきました。私もおじさんのチンコを握り、先から出る汁でヌルヌルになった手で擦りました。

「ダメ、焦らされて敏感になってる」指がクリに触れるたびに体がビクンビクンと痙攣するみたいになっちゃって、すぐにイカされちゃいました。おじさんのチンコも硬くなってて、私は咥えてあげました。

 もし、おじさんが「入れたい」と言ったら。どうしよう?と悩みながらチンコをしゃぶっていたら、おじさんが「イク!」って、口の中にドピュって。あ、って思ってたら、たくさんドクドクと出しちゃいました。

 口からこぼれそうになって、手に出そうとしたらおじさんが慌ててティッシュをくれました。口の中が精子の匂いと味でいっぱいになってたら、おじさんがいきなりキスしてきて、舌を入れてきました。

「うわ、マズ」って言いながら、舌を絡めて、ツバが垂れるくらい。おじさんの精子の匂いが充満して、私もえっちな気分になっちゃって自分でマンコいじっていました。

「エロいね」っておじさんは私のオナニー見ながらチンコをシコシコし始めて、私もおじさんのチンコ見ながらマンコいじっちゃいました。ずっと「えっちする?」「どうしよう」って言い合ってて、

 結局、明るくなってきて帰ることになり、送ってもらいました。部屋に帰ってからも、口の中がおじさんの味でいっぱいで、すぐにシャワーを浴びようと思ったけど、なんか、知らないおじさんに

 侵されたみたいで、ゾクゾクしてきて、ズボンとパンツを下ろして、パーカーのチャックも半分だけ下げて、おっぱい出して、冷たい床に寝転んでしちゃいました。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-10-03

Comments







非公開コメント