Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 出会い系の体験談 › 出会い系で体験した怖かった話
2021-09-12 (Sun)

出会い系で体験した怖かった話

 その日は仕事の訪問先で打ち合わせがあり、そのまま直帰の為、早く上がれることに。訪問先へ向かいながら募集をかけ、打ち合わせが終わってメールをチェックすると2件着信。

 帰宅の途中駅で会えそうな若くて清楚そうなM女性と約束。メールでやり取りしながら待ち合わせ場所に向かう。改札を出て地下道を歩き某ファッションビルのエントランスに着くと、ふわっとしたワンピを着た清楚な印象の女の子。



PR
 あちらもこちらの服装で気付き、軽くあいさつ。個室居酒屋で軽く飲みながらお話しし、徐々に彼女の性癖を聞き出す。一見清楚に見える女子大生、しかし彼氏に色々調教されていた事を聞き出す。

 こんな真面目そうで清楚な子が赤裸々に縛られたりアナル経験まで...という事で個室居酒屋という事もあり、早速ワンピの中はノーブラノーパンにさせてお店を出る。

 まずは薬局でワセリンとメンタム購入。そして近くの通り裏の地下にあるアダルトショップへ。店内では痴漢プレイ的な事をしたりしながら商品を選び、赤いロープとオモチャとお金を彼女に持たせレジに向かわせる。

 地下から螺旋階段を上がりながら、ワンピをめくり太ももからパイパンのアソコにメンタムをと、少しイジワルしてみたり。脚をもじもじさせながら腕にしがみつく彼女と、坂道を登り近くのホテルへ。

 部屋に入り、早速バスタオルで目隠し。ワンピを脱がし、赤いロープで縛る。焦らしながら攻める。割れ目部分に電マを固定すると、ブチュブチュと音を立てるくらい洪水に。

 四つん這いにさせアナルにワセリンを塗り、ローターにゴムを被せそこにゆっくり差し込む。さっき初めて会ったばかりの色白の清楚な雰囲気の女の子が、今はこんなに淫らな姿に...もちろん私も興奮しアソコもMAX状態。

 目隠しを外すと泣いている。喘いでもいるが、ちょっと涙の出方が違う。大丈夫?と聞くと頷く。ちょっと様子がおかしい。一度ベッドに座らせる。さらに彼女の涙が止まらない。

 徐に自分のバッグから丸い缶ケースを出す。カラカラと音がしている。

「彼氏....」
「ん?」
「遺骨なんです...」
「ケースを空ける彼女。中には白い骨。」

それ以上は何もできなかった。それでも彼女は続けて欲しいと言ってきた。私はそのままロープを外し、抱きしめてあげるだけしかできなかった。正直、色々な意味で怖い思いでした。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-09-12

Comments







非公開コメント