Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 会社での体験談 › 新人教育の彼女の手が誘うように私の太ももに
2021-08-29 (Sun)

新人教育の彼女の手が誘うように私の太ももに

 私は東京で営業マンをしています26才のいたって普通の男です。先日、私が所属する会社に23才の中途社員が入社してきました。見た目はとても若く、前の会社を1年で辞めて転職をしてきたようです。

 背は小さく大きな目が特徴で、かといって幼いというわけではない妙な色気を持った女性でした。なぜか流れで私が彼女の教育係となり、ことあるごとに仕事を教えるようになりました。



PR
 とはいえ、彼女はサバサバしていることもあり、飲み会にも来なかったり、残って話すようなこともありませんでした。そんなある日、彼女が「仕事が残ってて一人では終わらなさそうなんだけど」と、なぜかタメ口で相談してきました。

「なんかキレてる」と変な迫力に押されてしまいましたが、とりあえず手伝うことになりました。上司の許可をもらい、薄暗いオフィスで二人。仕事は事務作業で黙々とやっていると、とつぜん彼女がそばに来ました。

 その日の彼女はシャツにタイトスカートで、香水の良い香りがしてきました。身長にしては大きな胸もいやがおうにも目に入ってきます。「あの、今日はすみません」と彼女からいきなり礼を言ってきました。

 タメ口で言われたさっきと違い、急にしおらしく、かわいらしい話し方になりました。そうとううっぷんがたまっているんだろうなと思い、仕事の悩みがないか聞いてみても、あまり語らず…。

 ちょっとした間ができたと思ったら、彼女の手が私の太ももに…。ゆっくりと前後しながら、「どうしたら私は魅力的な女性になりますか?」と意味深な質問をしてきました。

 そんなこと教えたこともないので、返答に困っていると、彼女から突然のキス。しかも舌をからめあうような。そこからははっきり言って完全に彼女のペースでした。

 パソコンの静かにうなる音と、彼女が脱いでいく、私が脱がされていく音です。彼女の勢いは半端なく、ものすごい勢いで、乳首やあそこを責め立ててきます。

 まるで夢でも見ているような感覚でした。今でもそういった夜が何日間か続いています。これからどうなるのか、期待と不安でいっぱいです。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-08-29

Comments







非公開コメント