Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › セクハラ・痴漢・レイプ › 知り合いの女性の部屋に侵入した犯罪体験談
2021-08-24 (Tue)

知り合いの女性の部屋に侵入した犯罪体験談

 朝、理奈の部屋の玄関外で息を潜ませていると換気扇が回り出した。定刻通り風呂に入った様だ。理奈は風呂に入ってから扉を開けて出てくるまでに12~3分かかる。直ぐに合鍵を使って部屋に潜入した。

 風呂の扉の外に今まで理奈が身に付けていた下着が脱ぎ捨てられている。それを拾いベッドルームへ。ベッド上には次に穿くパンティが用意されている。



PR
 理奈が昨晩オナニーした後も穿き続けたパンティの香ばしい匂いを嗅ぎながら、次に穿くパンティのクロッチに目掛けてザーメンを発射!

 あの憧れの理奈と風呂の壁を挟んでいるとはいえ、同じ部屋の空間内に2人きりで呼吸をし合っている。しかも今、里奈は裸だ。直ぐに逝った。そして直後の2発目をマスクが縦に入った箱に発射。

 風呂場からはシャワーの音が止まった。まだ1度目のシャワーだ。理奈はいつも2回シャワーを浴びてから出て来る。その後、理奈が出勤前に使う化粧品からファンデーションのパフを取り出しザーメンを半分吸わせ、

 口紅にもザーメンを垂らした。口紅を持つ部分までザーメンが垂れて来た。理奈は出勤前に冷蔵庫に入ったお茶をいつも飲んでいる。これは前日に同じ色のオ〇ッコを混ぜておいたし、

 ローテーションで着ている上着にもかけておいている。2度目のシャワーが始まっている。静かにこのトリカゴ=共同オナルームを後にして駐車場に停めてある車に戻った。

 車内にあるモニターで理奈の部屋にセットしてある隠しカメラを覗くと、2度目のシャワーが終わっているがまだ出て来ていなかった。しかし少しすると直ぐにユニットバス監視用のカメラにあの高級な理奈の裸体があいまみえた。

 その後ベッドルーム監視用のカメラに現れ裸のままベッドに腰をかけた。隣にはいつもの様に次に穿くパンティが用意されている。理奈はそれを手に取り両足にパンティを通す。

 いいぞ!気付いていないぞ、パンティが両膝辺りまで上がって来たぐらいの時に理奈、斜め上を向いてベッドから立ち上がる。ヨシッそしてパンティを完全に穿き切ったところで理奈ジャンプ!やった!穿いた!

 パンティの表側から見ても中がザーメンで湿っている様に見える。理奈は風呂上りでちゃんと体を拭き切らないので感触が分からないのだ!理奈は何も知らぬまま落とし穴へ向かって、いつもの様に進んで行き、

 落とし穴に落ちた事にも気付かずに更に進み続けようとしている。前日に混ぜたオ〇ッコ入りのお茶を何も知らぬまま飲み、ザーメンの塗られたファンデーションのパフを何も知らぬまま顔面にコーティングし、

 ザーメンがかかった口紅を何も知らぬまま口に漬ける。これで理奈は化粧をして綺麗になったつもりでいる。実際には汚れているのも知らずに・・

 そしてザーメンを含んだマスクを口にあて、オ〇ッコがかかった上着を着て部屋を出て行った。駐車場から理奈の部屋の扉が開くのが見える。こっちの存在に気付く事も無く自分の車へ向かって行く。

 その上着にはオ〇ッコでシミになっているのが分かる。理奈はいつもの様に済ました顔でお高く留まって生意気そうに見えながらも、そのお顔にはザーメンがコーティングされ、

 唇にもザーメンが付きマスクからもザーメンが配給され、パンティのクロッチにはザーメンが溜まり高級な理奈の体内にはオ〇ッコが充満しているのである。

 職場の同僚からは「あの娘ザーメン臭くない?」「朝から変態なんだよ。あの娘は」と囁かれる事だろう。ある夕方、仕事から帰宅した理奈は部屋に戻った後、又、部屋から出て行ってしまった。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-08-24

Comments







非公開コメント