Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 看護師との体験談 › 超音波診断でチンチンが勃起した体験談
2021-08-16 (Mon)

超音波診断でチンチンが勃起した体験談

 病院でのことです。僕が足の付け根の血管を超音波で診察される時、パンツが邪魔になり脱がされました。股は大きく拡げられ、ゼリーを塗りつけられ、センサーがおチンチンの周囲を舐めまわしました。

 その時、先生や技師の手、腕、肘がおチンチンに何回か触れ、その度におチンチンは大きくなり、最後には完全に勃起してしまいました。



PR
 すごく恥ずかしくて早く終わってほしいと思っていたところで、ポラロイドの音が何回かして診察は終わりました。完全に勃起しているおチンチン丸出しの僕に看護師さんは服を着るように言いました。

 カーテンが僕の胸とお腹の間にあり分からなかったけれど、きっとその看護師さんに一部始終、お尻の穴まで見られていたと思います。診察を終わって診察券を返してもらう時、

 その看護師さんは堪えるように下を向いて、僕と目が合うのを避けていました。それからの再診の時は、他の看護師さんは僕のことをじろじろと見るようになりました。

 それも不思議だけれど、その看護師さんはすぐ目をそらしてしまいます。それからの2ヶ月ごとの超音波診断の時、看護師さんはいろんなひとに代わっています。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-08-16

Comments







非公開コメント