Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 知り合いとの体験談 › 映画で興奮した知り合いの女の子を抱けた体験談
2021-08-14 (Sat)

映画で興奮した知り合いの女の子を抱けた体験談

 20代半ばの性欲盛んなころ、女子寮にいたツヤちゃんとなぜか息があい、ひょんなことで映画を見にいくことになりました。平日の昼間、二人で仕事をサボって市内の映画館に入ると人はまばら。一番前に陣取りました。

 ちょっとHな映画ですぐ興奮しましたが冷静さを装っていたのですが、ふと横を見るとツヤちゃんは口を半開きであからさまに興奮してた。



PR
 それで僕は手をツヤちゃんの太ももにのせてさすった。嫌がるかと思ったら脚を少し開いたんで、ゆっくり内股をさするとツヤちゃんは目を閉じ顔をのけぞらせ、同時に僕の太ももに手を伸ばしてさすりはじめた。

 一番前の席で回りにだれもいないのをいいことに、二人は大胆になりお互い局所をまさぐりあった。ツヤちゃんは勃起したペニスをズボンの上から握り、僕はツヤちゃんの割れ目を下着の上から震わせるように刺激。

 もう映画どころではなかった。僕はツヤちゃんの耳元で「ツヤちゃん!もう我慢できない!セックスしよう!」とささやいた。ツヤちゃんも「わたしも、もうだめぇ、とろけそう。セックスしたいぃ」と唇をふるわせながらささやいた。

 興奮が冷めないように体を寄せ合いながら映画館を出ると、近くのラブホテルへ直行しむさぼるように体を求め合い、昼間だというのに激しく体をあわせあった。

 ホテルの防音性能を信じて二人とも遠慮なく声を上げた。「ツ、ツヤちゃん!! 、出そうだぁぁぁ!き、気持ちいいぃぃ」「あ・あぁぁぁ!やめないで、抜かないでぇぇ・・出して!出して。

 思いっきり出してぇぇぇ!い、いくいくいくいくぅぅぅ」僕は、3回ほど射精の脈動の快感で気を失いそうになった。ツヤちゃんは何度も何度ものけぞり、結合を確かなものにしようと腰を突き上げてくる。

 とにかくすごい勢いのセックスだった。それまで、寮の部屋でこそこそ隠れるようにセックスしていた鬱憤が一気に噴出した一日でした。

 このあとツヤちゃんが結婚退職するまで3日に一度はセックスしましたが、すべて中だし。ツヤちゃんはわたしの赤ちゃんが欲しいといっていましたがなぜか妊娠しなかった。

 その後、僕は無精子症で女性を妊娠させる心配がないことがわかり、セックス三昧の生活をするようになってしまった。十代後半、妊娠が怖くてセックスにはコンドームをかかさなかったのが馬鹿らしく思えたが、

 最近の女子高生とするときはコンドームはかかせない。体を簡単に許す女高生はほとんど何らかの病気を持っているからだ。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-08-14

Comments







非公開コメント