Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › パート・派遣社員との体験談 ›  お金の弱みに付け込んだ私の性処理
2021-08-11 (Wed)

 お金の弱みに付け込んだ私の性処理

 私は父が経営する小さな卸問屋の専務をしています。専務と言っても名ばかりで雑用から人事・経理などもしています。私の会社にパート勤務で事務をしているY子さん(43才)と不倫関係です。

 不倫と言ってもY子さんはバツイチ独身で子供が二人。入社した時は月初め・中間処理・月末処理のハーフパートでしたが、昨年離婚をした時に給料的にフルパートの申し出があったので受け入れてあげました。



PR
 Y子さんは年齢より若く見え、可愛いと言うより綺麗系で愛想も良く、フルパートの受け入れは正直下心は有りました。今年に入っても不景気の勢いは止まらず、

 社長の方からパート事務員3人を1人にしろとの事から、私はY子さんを残したい気持ちとそしてこれを機会に、何とか関係も持ちたくて色々と考えました。

 3人の年齢は似たり寄ったりで経験が一番浅いのがY子さんをどう残すかを考えたところ、他は既婚者と言うところに気が付きました。

 1月末にY子さんを呼び出して首切りの事を説明すると『他の人には悪いが、生活費が必要なので何とかここで働かせて欲しい』との事。そこで私が『今は時間が無いので今晩食事しながら話しませんか?』と言うと、

 少し驚き動揺している様子を窺わせながらも『はい。お願いします』と返事が返って来ました。一旦家に帰って食事の準備をしてきたY子さんと居酒屋の個室で待ち合わせをして、

 お酒を勧めると『車なので』と断られたので、代行をだすから安心してと言ってお酒を飲みました。色々と話をした上でY子さんが『私を残していただけるのなら何でもしますので、どうかお願いします』

 と言うので、私が『何でもって言うのは大人の言葉として受け取って良いのかな?』と聞くと『はい』と言ったのです。私はY子さんの隣に座り『何でもって言うと、セクハラなんて言葉が無くなっちゃうけど…大丈夫?』

 と更に聞くと『専務が私みたいなので良ければお願いします』とまで言いました。まさかこんなに簡単に事が進むなんて…妄想が現実になろうとした瞬間に私は興奮を押さえきれずに

『じゃ俺のを触れる?』と言ってY子さんの手を取り私の股間にあてがうと、恥かしそうに顔を俯かせて『はい、できます』と言いました。

 私はベルトを緩めチャックを下ろして直接チンポを触らせると・・・Y子さんはチンポを握り締め小刻みに上下運動を始めました。もう興奮と感動でチンポは直ぐに元気になり『口でして欲しいな~』と言うと、

 Y子さんは躊躇わずに私の股間に顔を近づけチンポを口に含みました。おー個室を取っといて良かった~と思いながらY子さんのフェラを堪能していると『ここじゃ恥ずかしい』とY子さんが言ったので直ぐにタクシーでホテルへ。

 今月から事務員は陽子さん一人になり、ガランとした事務所に二人だけになる事も多くなり、ホテルだけでは無く、事務所でもY子さんにフェラさせたりセックスしたりしています。

 先日ネットのアダルトショップで飛っこを購入し、事務所でY子さんに装着させリモコンで遊んだりもしています。こう言う関係になってもY子さんには常に上から目線で接していますので、

 今では何でも私の言う事を聞く性欲処理として楽しんでいます。不景気は厳しいけど、おかげでこう言う遊びが出来る女ができました。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-08-11

Comments







非公開コメント