Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › 主婦・人妻の体験談 › 主人以外の男性の丁寧な愛撫に意識がもうろう
2021-08-09 (Mon)

主人以外の男性の丁寧な愛撫に意識がもうろう

 主人との営みは月に1回あるかどうか。あっても段々とおざなりなセックスで、ほとんどレス状態。子供は1人、結婚して10年以上になるとこんなものなのでしょうか。

 子供も手がはなれて周3日のパ-トとジャズダンスの習い事をはじめて、それなりに充実した日々でした。ジャズダンスは若い人の友達もできて、大学時代にもどったようで、素敵な時間でした。



PR
 でも、そこで知り合った彼らと深い関係になるなんて。男女複数で彼の部屋へお邪魔したのです。そこで飼われてる猫ちゃんがかわいくて。女の子が帰った時点て私もそうすべきでした。なのに呑気に猫に気をとられて…。

 突然彼らに襲いかかられて。一人は下半身、一人には両腕を押さえられて。自分の迂闊さに情けなくて、恐ろしくって涙がとめどなく流れました。

 必死に抵抗しても女ひとりの力は虚しくて、下半身にがっちりとりついた一人にむしゃぶりつかれて、敏感な部分を必要に刺激されるんです。いつまでもそんなことされたら堪んない。

 否応なく女が目覚めはじめて、それが嫌でいやで泣けて。体が反応しはじめたら所詮むりなんです。抵抗する力なんて意思以上に持続なんてできない。

 頭の中であがらっても、一方では、もっと…って。主人が悪いんです、あまりに放っておくんだから…。彼らは私が苦痛なことはしませんでした。

 乳首の愛撫ひとつとっても優しく転がしたり、強弱をつけ吸われたり。下半身でもそれは同じくとっても巧み。女のツボをそれは丹念に、主人にだってここまでされた憶えはない。

 私の中に入ってきたときにはとにかく気持ちよかった。順番に貫かれ回数を重ねるにつれて、最後に残った拒絶心はいったいどこにいったのでしょう。自分の声が自分じゃなく他人みたいになってく。

 あそこが壊れるんじゃないかと思ったくらい、絶え間なく出たり入ったりを繰り返しくりかえし。事実、終わったあとは少しヒリヒリしましたし。

 セックスで気絶をする、といったことがあるそうです。私はありえると思います。目の前が霞みがかかったようになり意識がもうろうとなるって、前兆ですよね。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-08-09

Comments







非公開コメント