Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 会社員の体験談 › 妻がムシャぶるつく美人顏とのギャップ
2021-07-31 (Sat)

妻がムシャぶるつく美人顏とのギャップ

 結婚して10年の妻は中学時代の同級生で、37歳同士の夫婦です。中学時代、誰もが羨む素人離れした美貌を誇っていた妻で、現在も自慢の美人妻です。

 中学時代のアイドルだった美人妻が、早くオマンコに入れて欲しくて勃起を促そうと私のペニスにむしゃぶりつくのは、男冥利に尽きます。



PR
 37歳の今でもプリップリのいい身体で、ハメ心地も伸びたビラビラがまるでヒルのようにペニスに絡みついてエロく、改造されたクリは飛び出し、美形の顔とのギャップがたまりません。

 25歳同士で妻と再会、懐かしくて冗談半分に飲みに誘ったら快諾されて、酒の勢いで交際を申し込んだら、「私・・・2年前まで約3年間、ある男性にマゾ調教を受けてたの。

 20歳の処女を捧げた彼氏がサディスティックな性癖の持ち主で、気が付いたらマゾ奴隷になってたの。雑誌に、写真を投稿されたこともあった・・・そんな私でも愛せる?」とカミングアウトしました。

 中学時代のアイドルが恥辱の調教を受け、痴態を雑誌投稿されていたのはショックでした。でも、2年前、その彼氏が転勤で去って以降、解かれたマゾの魔法に過去を自虐し、男性を避けていたので、妻の男性経験はその彼氏1人でした。

 これを逃せばもうこれほどの美人とは付き合えないと思って、交際しました。初めて妻の裸を見たとき、清純そうな美人と裏腹な卑猥なオマンコに驚きました。

 まず目を引いたのが真っ赤に腫れたようなクリトリスで、ワレメから飛び出ていました。ビラビラは伸びて赤紫に変色し、左右に一つずつ穴が開いてました。よく見ると、クリトリスにも上下に凹みがありました。

「アソコ、たくさんのクリップで挟まれて引き伸ばされて、クリトリスは吸引されて、アソコに3つのピアスがぶら下ってたのよ。見られたらバレるから、付き合う前に打ち明けておいたの。」

 妻は、大学2年の夏に処女を捧げて以降、就職して1年までのうら若き身体で男に隷従していたのです。私は、古本屋に行って投稿誌を探し、やっと1冊、若き妻が載った号を発見し買い求めました。

 その号の妻は、高校時代のセーラー服を着て、まだペニスの味を知らなかった女子高生に戻った姿に赤い首ををして、マゾ折檻されていました。写真の妻は当時22歳、剃毛されてパイパン状態、

 モザイクがかけられていましたが、丸出しのビラビラとクリトリスにピアスが付けられているのが分かりました。美しい妻は、本物の高校生のようにセーラー服が似合っていましたが、

 赤い首輪をしてM字開脚で緊縛され、オマンコを犯されていました。私は、その雑誌をすぐに処分して、妻のオマンコを心から愛せるように努力しましたが、

 経験人数たった一人の25歳の女性とは思えぬビラビラとクリトリスの造形は、どうしてもマゾ調教を払しょくできませんでした。結局、妻とセックスしながら、妻を言葉責めするようになりました。

「お前は、オマンコを伸ばされて、クリ改造された変態なんだよね?」
「ああん・・・イジワル言わないで・・・」

 ペニスに絡みつくビラビラを眺めながら、飛び出た改造クリトリスを摘まんで扱いてやると、「ひぃぃぃぃ」と美貌に似合わない下劣な喘ぎを見せながら、白目を剥いて気を失うほど逝きまくります。

 また、交際1年の頃は、
「もしかして、尻の穴まで開発済みか?」
「彼、お尻の穴は汚いって言ってたから、何かトラウマがあったんだと思う。」
「じゃあ、俺が使わせてもらうよ。」
「えっ!」ニュルン!

「ギャーッ!痛い痛い~~」ドクドクドク~~・・・あまりの締りに瞬殺されて、妻の直腸に射精しましたが、本気で痛がったのでそれ以来していません。

 37歳の妻は、もしかして処女?と思わせるほど清廉で女神のように綺麗です。子供の小学校でも、美人お母さんで有名です。まさか、そんな妻のクリトリスが真っ赤に腫れてワレメから飛び出し、

 伸ばされたビラビラが、ペニスに絡みつく卑猥なオマンコの持ち主とは、誰も想像しないと思います。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-07-31

Comments







非公開コメント