Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 出会い系の体験談 › 面倒な事なしでヤリたいので出会い系で女を
2021-07-26 (Mon)

面倒な事なしでヤリたいので出会い系で女を

 携帯の出会い系サイトでセックスフレンドを探すも、うまくいきかけては連絡が取れなくなったり、やたらと会うのを引き伸ばすかと思ったらサクラだったり、もうやめようかと思ったときでした。

 35歳主婦、という方とのやりとりが首尾よく…こちらは39歳で、お互い既婚だし、遠慮なくむさぼりあいましょうということになって。



PR
 お会いすると、まるで20代のような感じ。ご主人と毎日セックスしているのが若さを保つ秘訣よ、って微笑みます。食事もそこそこに、ホテルへ…。お互い「やりたい」が前提でしたから。

 まずは僕から、ということで、普段妻にしているようにセックスしました。全身の愛撫です。まぶた、耳たぶ、頬。そして唇へのキス。彼女は情熱的に舌をからめてきました。

 そして、肩や脇の下やら…残念ながら腕や指にはキスできませんでした。攻守を決めて、いつもパートナーにしているようにやりましょう、の打ち合わせだったのですが、彼女の手が僕の色々な部位をまさぐるので。したいようにさせていました。

 胸から徐々に下に降り、クンニ。彼女がひくひくしだしたころに、さらに下へ。「え?」と、意外そうに反応する彼女。どうやらもっとアソコをなめてほしかったみたいです。

 太ももからふくろはぎにいたった所で、彼女がついに我慢しきれず攻守交替。いきなりの激しいフェラチオです。「そういう順番なの?」ときくと、「主人は乳首を喜ぶからまずそこから攻めるけれど、感じすぎてもうがまんできなくなった」とのことです。

 僕も乳首は感じるのでお願いしたのですが、「いや、こっちがほしいの」と。お尻の穴からチンポの先まで丁寧に舐めてくれ、チンポも横区咥えにディープスロートにバキュームにと、さまざまなバリエーションで感じさせてくれました。

「我慢してるの?」
「ちょっとね」
「ね、さっさと出しなさいよ。一度くらいで終わりじゃないんでしょ?」

 しかし、僕は一度出すとしばらくインターバルを置かないと即効ではたちません。もう歳ですねえ。(恥)でも彼女は、「口で一回出したら、あとは中出しさせてあげるから」と。

 彼女は「秘密兵器」といいながら僕の校お尻に指を突っ込み、あっという間に射精に導かれます。しかし、僕のものはしぼみません。彼女の刺激が僕の興奮を持続させてくれたのです。

 オメコに挿入。動かしては止め、止めては動かし、射精をコントロールしながら、どれくらい挿入を楽しんだでしょうか。「ああ、イク、いく、ああ、あたしばっかり、ずるい…」

 セックスに技術にそれほど自信はありませんが、彼女との体の相性が最高にいいのは、僕にもわかります。それゆえの、彼女のエクスタシーなのでしょう。

「もうだめ、だめ、一緒に、お願い、一緒に」その一言で僕は爆発寸前。彼女も膣をしめつけてきます。ねっとりとからみつくように。おそらく、僕のほうが少し先に行ったと思います。

 2度目とは思えないほどの大量の精液を中出し。「う!」それを感じ取って、彼女もイキました。ご主人にも長い間中出しさせたことがないと聞いて、僕は彼女を抱きしめました。

 しばらくじっとしていましたが、お互いムラムラきて再び。スケジュールが合わずあまり会えませんが、今でも時々楽しんでいます。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-07-26

Comments







非公開コメント