Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 出会い系の体験談 › 声を掛けてきたのは飢えたバツイチ女
2021-07-16 (Fri)

声を掛けてきたのは飢えたバツイチ女

 先月ゲームセンターでメダルゲームをしていた時のことです。しばらくすると30代くらいのイロッポイ主婦が、僕の後ろで見ていてその後隣で同じくゲームを始めました。

 時々僕の方をのぞきこむんです。あまり頻繁に見るので、僕は、「どうかしました?」と聞くと、「お上手ね、私ルールよく解らないし、メダル入れるタイミングとかサッパリ」と言いました。



PR
「じゃあ、ちょっと教えましょう」隣に移り、ルールやコツを教えてあげました。しばらくはお互いゲームしていましたが、彼女が「もう無くなりそう」と言ったので、

「じゃあ、僕も疲れたからメダルを預けて止めるわ、暑いからビールでも飲みに行こうか?」と誘うと、二つ返事でOK、近くの居酒屋に行きました。

 聞けば15分と離れていないところに住んでいて、バツイチで一人暮らし。エッチもしばらくしていないとのこと。店を出て、ラブホに行きました。

 凄い!!!セックスに飢えてるのです。チンコのしゃぶり方も凄かったし、いやらしいオマンコしていました。スケベなこと言わせても平気で言うし、、、燃えましたね。

 セックスの相性もかなり良かったと思います。彼女も僕の大きなチンコとテクニックを気に入ってくれて、何度もイッたそうです。それから、近所ということもあり、彼女のマンションに行っては、激しいセックスに没頭しています。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-07-16

Comments







非公開コメント