Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › 主婦・人妻の体験談 › 番台から丸見えの脱衣所はストリップ場
2021-07-08 (Thu)

番台から丸見えの脱衣所はストリップ場

 先週水曜日の夜9時半頃、自宅近くの銭湯に一人で行きました。夫の仕事の関係で今の住所に越して来て早5年。新しい生活環境にも慣れて、去年からはパートの仕事に出ています。子どもはいません。

 5年前まで温泉町に住んでいたせいで、温泉がない今の環境でも自宅近くの銭湯を週に一度は利用します。温泉でなくても、内風呂と違って湯気で、



PR
 のぼせることのないタイル貼りの洗い場で、カラダを隅々まで丹念に磨き上げ、熱めのお湯をたっぷり湛えた広い浴槽にゆったり浸れることは、日常生活でのささやかな贅沢です。

 銭湯は、私たちが暮らす一戸建てから徒歩で10分程度の商店街にあります。いつもは夫と一緒に利用するのですが、その日は帰宅が遅くなるという連絡があったので、一人で出かけたのです。

 番台がある昔ながらの銭湯で、70歳代と思われる体格の良いご主人と、小太りの女将さんが交代で番台に座っています。遅い時間帯なので番台はご主人で、女湯は私一人でした。

 ブラを取りパンティを脱ぐと、レトロな体重計にタオルで前を隠すことなく乗りました。番台からの視線を遮る衝立やカーテンはないので、ご主人には私の裸が丸見えでしょう。

 引っ越してきた当初から通っているので、今では強い抵抗感はありません。ご主人を意識しないわけではありませんが、気にすると利用できなくなるし、気にしている素振りを見せるのも悪いので、

 恥ずかしさを押し隠して堂々と振舞っているのです。今の夫と再婚するまで私は銭湯を利用したことがなく、10年近く暮らした温泉町の銭湯はどこもフロント式でした。

 銭湯に番台があることは知っていましたが、まさかそこにご主人が座っていようとは想像すらしていませんでした。それだけに初めてお店を利用した日、

 夫以外の男の人の前で裸になるという女にとっては、羞恥の極みのような状況に強いショックを受けた私ですが、そのときでさえタオルで前を隠そうとはしませんでした。

 番台に男の人が座っているからといって胸や下腹部を隠すことは、相手を異性として意識しているということを認めるようなものだと思ったからです。

 それに当時すでに40歳に手が届こうとしていた私が若い娘みたいな真似をしたら、ご主人や店主や他のお客さんから「自意識過剰」と笑われそうな気もしたのです。

 洗い場を出たとき、店の時計は閉店時間の10時を少し回っており、ご主人は女湯の脱衣場の後片付けをしていました。男湯の方はすでに空っぽのようで、何も物音は聞こえて来ません。

 はさほど広くはない脱衣場に、全裸の私はご主人と二人切りです。流石に恥ずかしいので背中を向けていましたが、「ご主人がその気になれば、背後から襲われて押し倒され…」とエッチな想像をすると、アソコが濡れてくるのを感じました。

 それでも、いつものようにバスタオルで丹念にカラダを拭い、全裸のままドライヤーで髪を乾かしました。バタバタしては、心の動揺やエッチな想像を見透かされそうな気がしたからです。

 他のお客さんの目を気にする必要がないので、ご主人はどうやら私のカラダをジッと見ていたようです。普段になく強い視線を感じました。銭湯からの帰り道に、コンビニに立ち寄って酎ハイを買いました。

 お風呂上りはノーブラなので乳首が目立つらしく、私の胸に注がれたレジの男の人の視線がいつも気にかかります。銭湯ではついさっきまでご主人の目にあられもない姿を晒していたというのに、

 この違いは一体何だろうと思いました。今週木曜日の夜8時前、夫と一緒に行きつけの銭湯に出かけました。番台にはご主人が座っていました。

 その日は踵の角質を落としたりして、入浴に普段以上の時間を要してしまいました。いつも夫は先に上がって、男湯の脱衣場で私が「出ますよ」と声をかけるのを待っているのですが、

 随分待たせてしまったに違いありません。気が急くので、洗い場から出るなりロッカーの鍵を開けて車のキーを取り出すと、そのまま番台に向かいました。

 洗い場にはまだ二人のお客さんいましたが、脱衣場は私だけでした。ご主人が座っている番台に、全裸で近づくような真似はしたことがありませんでした。

 それだけに前を隠すべきか一瞬迷ったのですが、普段の流儀を押し通しました。全裸で近づいてくる私を、番台のご主人は正面からジッと見ています。

 その視線は、明らかに私の胸と下腹部に向けられているようです。隣の男湯には夫がいるというのに、その夫の前で他の男の人の目にあられもない姿を晒しているのかと思うと、アソコが濡れてくるのを感じました。

 男湯の夫に「先に出てお店の前に車を付けて待っていて!」と声をかけながら、番台のご主人に車のキーを手渡した。その日は雨が降っていたので、車で来ていたのです。

 キーを受け取ったご主人が夫に「奥さん、まだスッポンポンだから」と告げる言葉を背に、ロッカーまで戻って番台の方を振り向いたとき、ご主人と目が合いました。

 欲望を感じさせるご主人のイヤらしい視線に戸惑いと警戒感を覚えるとともに、「女の裸を見慣れた人がこんなオバサンになぜ?」と不思議に感じました。

 夫への気遣いとご主人への警戒感から、普段になく大急ぎでカラダを拭い、髪も乾かさずに服を着てお店を出ました。お店を出る際にご主人から「いつもありがとうね」という声をかけられたときも、

「一体、何に対して『いつもありがとうね』なのかしら?」と深読みしてしまいました。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-07-08

Comments







非公開コメント