Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 自営業の体験談 › 派遣社員の女性とイイ思いをしている体験談
2021-07-07 (Wed)

派遣社員の女性とイイ思いをしている体験談

 小さいですが会社を経営している58歳です。ある日、会社に戻ると大きな笑い声がしました。すると、、派遣社員の女性社員Sが、なんと机のうえに足をのせスナック菓子を食べながら電話をしていました。

 よく見ると会社の電話です。男性社員からも人気がある、ちょっと派手なSです。何も気がつかずに大きな声で話しています。どうやら相手は彼氏のようです。



PR
 私はバタン!と、勢いよくドアを開けて入ると顔色が変わり、慌てて電話をきるS。当然です。私は何も言わずに仕事に戻りました。するとSから謝ってきました。。。

 そして『契約更新はしてもらえないんでしょうか?』そう聞いてきました。『このような状態では厳しいね。残念だけど。』というと『何でもします!頑張ります!よろしくお願いします!』と、、、

 履歴書を見てみると33歳独身バツいち子供一人。どうやら生活がかかっているとわかりました。ここで私は悪いことを思いついたんです。もう10年ほど昔ですが、女性社員と不倫したことがありそれを懐かしく思ったのです。

 夕食に誘うとSはOKしました。その日の5時半に待ち合わせをしました。食事をしてお酒を飲み(私は運転なのでビール1杯)、車に乗ると私はそのままキスをしました。

 全く抵抗する気配もなく・・・舌を絡ませてきました。拍子抜けしましたが、内心ホッとしました。『なんでも言う通りにします。』こういって私にしがみついてきました。

 私は人気のないところに車を止め、Sに全部脱ぐように言いました。お腹はすこし出ていましたが、私のタイプである大きな胸に大きな乳首が私を興奮させました。

 後部座席に移り、四つんばいにさせました。既にオマンコはびっちょり濡れていました。指でかきまわすとクチュクチュ音をたて、、洪水のようにあふれてきます。

 Sは太ももを震わせながら甘くせつない声を出していました。私はチンポを入れるよりも、じらしていじり、、、反応を見るのが好きなんです。すると足元に大きめのブラシが落ちていました。娘のものです。

 ブラシの反対側をオマンコに入れました。激しく出し入れすると、Sは大きな声で喘ぎまくっていました。太ももをつたり、膝までビチャビチャです。

 ケツとたたくとますます興奮しているのか、腰を突き出してきました。こうしてイッたSはぐったりと横になりました。もちろんこのままでは終わらせません。

 まずフェラをさせました。上手く慣れた様子です。大きな乳首を引っ張ると怖いくらいに伸びました。痛がるどころかよがりまくるS。マスカラがとれて目の下は真っ黒です。

 車中があまりにも狭く、誰も来る気配がないのでドアを開けて外に出て、シートに手をつかせてバックから入れました。久しぶりの屋外に興奮しました。でも私は遅漏気味なのですぐにはイケないんです。

 ケツの穴に指を入れてみると、嫌がるどころか激しく腰を振り、声を出すなといってもきかないS,,,そしてさっきのブラシの反対側をケツに入れました。

 こうして俺は激しく腰を振りながら、ブラシも突っ込みまくりました。中出しはやばいので、外に出しました。それからというもの、Sはすっかり私の虜になりました。

 毎日会社でイイ思いをさせてもらっています。私もしばらくは楽しみたいと思っています。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-07-07

Comments







非公開コメント