Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 社会人の体験談 › 狙った人妻に纏わりついてチャンスを待つ
2021-07-06 (Tue)

狙った人妻に纏わりついてチャンスを待つ

 半年間入院して戻ってきたらもう真夏?と思うような気温だ。さっそく街に出て獲物を探しているとスーパーの隣に停めた車から降りて来た、子連れ30前後の推定Eカップをターゲットに決めた。

 いつも通りに自分の車を停め店内に入り先程の巨乳ちゃん(以降Eと呼ぶ)を探す。パン売り場でEを発見、俺もパンを2個ほど買いレジを通り店の出入口付近で缶ジュースを飲むふりをしつつ、Eが出てくるのをまった。



PR
 やがてレジの辺りにEを見つけ、缶を捨て車に戻りEを待つ。間もなくEが現れ車の所に来たのですかさず「すいません。車に乗るので手を貸してもらえませんか?」

 と言うとEは何の疑いもなく「はい、大丈夫です」と答え俺の側に来た。ガキが泣くとうるさいので「子供さんを車に乗せられてからで構いませんよ」と言いガキをベビーシートに置かせた。

 Eのおっぱいは近くで見ると、さらに大きく見え涎が出そうだ。「すいません、肩を貸して下さい」と言いEの肩に手を回し「行きます」と声を掛け身体を持ち上げながら右手でEの巨乳を掴んだ。

 やはら疑われることもなく手を避けられることもなく、思いきり掴んでも抵抗されなかった。お尻がシートに乗ったので「すいません、足を中に入れて貰えますか?」と足を持たせた時、

 前屈みになったEの胸元のブラの隙間から、かすかに桃色チクビが見えた気がした。足も入り最後に「座り直したいのでもう一度肩を貸して下さい」とダメ押し的に触った。やっぱ夏は着ている物も薄くておっぱいの感触もたまりません。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-07-06

Comments







非公開コメント