Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 社会人の体験談 › 雨降りが招いた女子高生とエッチができた幸運話
2021-06-11 (Fri)

雨降りが招いた女子高生とエッチができた幸運話

 ある年の夏、私は女子高生と仲良くなった。私は当時、定職が無くフリーターで中華料理店でバイトをやっていた。そこには一見地味目だけどとてもかわいいバイトの女の子が居た。

 その彼女は公立の高校に通うごく普通の高校2年生。彼氏もいて成績は優秀で生徒会役員もやっている優等生だった。最初は普通のバイト仲間という関係だったが、家に帰る方向が同じだったので、



PR
 よく一緒に帰ったり時には喫茶店に入っておしゃべり。また一人暮らしの私の家にも遊びに来たことも何度かあった。時には恋愛などの悩みを聞いてあげることも何度かあり、時が経つにつれて仲良くなっていたが、

 三十路を超えた私には、いかんせん年が離れ過ぎているので付き合う事なんて考えもしなかった。ある日、私も彼女もバイト休みだったのだが、彼女が私の所へ電話してきた。

「家に遊びにきてもいい?」と。もちろんその日もOKを出し、彼女を迎えるべく家の掃除をした。突然、天気は激しい雷雨になった。しばらくすると玄関のインターホンが鳴りドアを開けるとズブ濡れの彼女が。

 彼女は学校帰りだったので制服(夏服)だったが白いブラウスはズブ濡れで白いブラが透けて見える。今まで見たことのない彼女のエッチな姿だった。出会って約3ヶ月、初めて彼女にムラムラしてきた。

 しかし彼女はもともとその日は少し風邪気味だったので何とかしてやらなきゃと思いタオルを渡してあげた。でも濡れた格好のまま居ると風邪が酷くなってしまう。

 私は彼女に着替えてベッドで横になってもらおうとしたが当然家には女性物なんか無い。とりあえず私のTシャツを貸したが替えのズボンはジーンズしかない。彼女は「ジーンズでは寝づらいので」毛布を貸してと言った。

 最初は何のことか理解できなかった。彼女にTシャツと毛布を渡し私はとりあえず壁側を向いた。彼女はスカート、ブラウスの順に服を脱ぎ始めた。私は鏡越しにチラチラと見た。なんとブラまで外しているではないか。

 彼女は「こっち向いていいよ」と言ったので見るとTシャツに白いパンティ姿だった。確かにブラ付けて寝ると苦しいというのは分かるが意外と大胆な娘だと思った。

 彼女はベッドで横になった。私は彼女に暖かい飲み物を飲ませた。でも彼女は寒いといっていた。夏なのでファンヒーターはあっても灯油が無い。エアコンも当時無かったのでどうしようかとおもった。

 私はこんな事を言った。「俺が横に居て暖めてあげようか?」 彼女は否定しなかった。「うん。お願い。」
 意外な答えだった。 私はラフな格好になりベッドの上の彼女の横に入った。

 掛け布団をかぶり身を寄せ合った。彼女は「暖かい。」と言った。私は嬉しかった。私は逆に暑かったので布団の中でズボンを脱ぎTシャツとトランクス姿に。

 つまりお互い下着姿でベッドの上で身を寄せ合っていることになる。ここからはスムーズだった。寒がる彼女を抱きしめた。彼女の「とても暖かい。」の言葉が私の気分を盛り上げる。

 そしてキスをした。意外な程すんなり舌が彼女の口の中に入る。いっぱいキスをした。次第に彼女もボルテージが上がってきたようで舌を絡めるようになった。

 私は布団をかぶったままの状態で、彼女のTシャツを脱がした。胸はいい形してて綺麗なピンク色の乳首だった。私は彼女を身体を舐めまくった。パンティに手をかざすとここは雨とは関係ないのに既にズブ濡れ。

 パンティを脱がしアソコとそこから出る愛液を味わった。初めて見る彼女の全裸に私は興奮していた。10代だけに肌の張りがあり、舐めたときの舌触りもいい。

 彼女のぎこちないフェラも私の興奮度を高めるには充分過ぎる程のものだった。そしてゴムをつけ正上位で合体。抱き合い、時間をかけてじっくり腰を動かし彼女を昇天させていった。

 そして私は満足感を得て発射。彼女を抱きしめて長いキスをした。彼女の肌、暖かかった。そして夜になるまでお互い全裸で抱き合ったまま寝ていた。

 突発的な事といえこんな展開になるとは思わなかったが、彼女は来たときよりもいい表情していた。熱も下がり顔色も良くなって来たようだ。彼女はシャワーを浴びに浴室に入った。

 ベッドにはズブ濡れの彼女のパンティが。思わずそれを手に取り舐めてしまった。(←スケベ親父!)しばらくして彼女の制服も乾いてきたので帰る事に。

 彼女は「薬飲んでいないのに、風邪治ってきたみたい。ありがとう。」と言ってくれた。私は不思議な気分だった。エッチして風邪を治してあげたなんて考えられなかった。いい事したことになるのかな?


↓他のHな体験談を見る






Top Page

最終更新日 : 2021-06-11

Comments







非公開コメント