Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 知り合いとの体験談 › 老人福祉施設の夜勤の宿直室はラブホに
2021-06-09 (Wed)

老人福祉施設の夜勤の宿直室はラブホに

 先日の仕事中のこと。オレはとある老人福祉施設で働いている。その日の勤務は夜勤。夜勤といっても、特に容態が悪くなる患者がいなければ暇なものです。(数時間おきに見回りはあるけども)

 その日の夜勤勤務で一緒だったのは、M。5歳下で彼氏と別れて2年経っていると、先日二人で飲んだときに語っていた。見回りの時間、別れた彼氏とのことを話しながらすべてのコースを終え、事務室に戻る。



PR
 そこから2時間自由時間で、普通は残っている仕事がなければ仮眠する。Mもオレも仕事は終わっていたが、Mの元彼の話を続けていた。

 話がHの話になり、元彼のあそこがすごく小さかったのではないか、というMの話になった。(Mは元彼が初めての男で、そいつだけしかHをしていない)そんなことないよ、と言いながらもMが元彼のサイズを手で表現するのをみて興奮していた。

 MもH話に興奮してきたようで、ゴジラさんのはどうなんですか? と聞いてくる。オレも調子に乗って「見てみる?」なんて言ってみた。Mは「えー、いいんですか?」と言ってきて、俺は焦りつつも期待度アップ。

 場所を、事務室奥の仮眠室に移動する。Mに「確かめてごらん」とズボンを下ろしトランクス姿になった。途中で「やめてください」と言うもんだと思っていたのに、Mは目を潤ませながら無言で見ていた。

 そっとトランクスの上から触ってくる。Mの細い指がオレの股間に…そう思うだけでどんどん固くなってきた。
「あ、やっぱり大きいですよ」
「しかも熱いし…」
「生で見てみる?」
「え?」

 オレは今度は返事も聞かずにトランクスを下げた。
「すごいですね」
「触ってみてよ」

 無言でMは触ってきた。オレはMの頭をなでながら、抱きしめた。Mは握ったまま、くっついてきた。Mのシャンプーの臭いが、オレの興奮をさらに高める。

 そしてキス。何の抵抗もなく、オレの舌がMの舌と絡み合う。そしてMの胸を服の上から触る。見た目と違い、意外とずっしりとある胸にびっくりしつつ、その重みと柔らかさを堪能する。Mの口から吐息が漏れる。

 服の舌に手を入れ、ブラジャーのホックをはずし直接の感触を楽しみます。先の硬くなった部分を指でこする。「ああ…」オレのあそこからは我慢汁がタラタラと出てきて、Mの手を濡らす。

 Mはただ握っていただけから、ゆるゆると上下に動かしていた。オレはMのズボンを下げ、白の下着から薄く黒い影が見えていてさらに興奮した。「恥ずかしいからあまり見ないで下さい」

 仮眠室のベッドの上にMを横たえ、電気を豆電球にする。二人とも全裸になり、勤務中ということも忘れ求め合った。Mのあそこはものすごく濡れており、お尻にまで愛液が垂れていた。

 Mの中に指を入れ、部屋にクチュクチュという音と、「あん、ああ…」「いい、気持ちいいの…」というMの声が響く。指を2本にして、かき回すとクチュからグチュ、ヌチョと音が大きくなり、Mのあえぎ声も大きくなる。

 気がつくと、軽く潮を吹いていた。オレの肘からポタポタと潮がたれていた。Mのフェラチオは決してうまくはないが、かえって興奮した。そしてついに挿入。コンドームなどもっておらず、そのまま生で入れた。

 柔らかく、肉厚な感触に思わず俺も声が出る。Mは感じすぎて、ここがどこだか忘れているのか、外にまで聞こえるくらい声を上げている。さすがにばれたまずいのでMのパンティを口に突っ込む。

 それで犯しているような気分になり、余計に興奮した。Mは全身を弓反りにして感じている。オレもラストスパートをして、一気に腰を打ちつける。最後はMの意外と大きかった胸に出した。

 終わったあと、仮眠室のベッドに大きなシミができていた…。Mは洗濯します…と恥ずかしそうにシーツをはずしていた。今では、Mと夜勤が重なる日は毎回セックスをしている。

 しかも事務室から出て、非常階段や、いつ誰が入ってくるかわからないトイレでもやっている。職場だけの関係だけど、しばらくは続けたいと思っている。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-06-09

Comments







非公開コメント