Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › 風俗系の体験談 › 殿方が好きなAV女優をしていた時のお・は・な・し
2021-05-29 (Sat)

殿方が好きなAV女優をしていた時のお・は・な・し

 30になる頃から3年間ほどAV女優をしていました。特別注目を浴びるほどの人気者ではなかったので、企画物の出演ばかりでしたが、月に2本ペースで撮影に参加していました。

 多い時には月に7本の撮影が重なるような事も有りました。私がAV女優になった理由はズバリSEXでした。結婚から3年目、子供も出来ていないうちからレスになってしまい、



PR
 身体のうづきが我慢できなかった私は、浮気をして性欲を沈めようと思い至るまではすぐでした。罪悪感よりも先に他に手段が無いのだから仕方ないと言う気持ちでした。

 先ずは何度かキワドイ誘い方をして来られていた職場の上司に、誘われていたお食事に連れて行って貰う事にして、もう一軒もう一軒と全てのお誘いを受けて、最後にホテルに連れ込んで貰いました。

 久しぶりに味わう男の身体の味と匂いに酔いも回り、私の身体を夢中で見て触って、舐めてくれる上司の姿に興奮しました。何より挿入の瞬間には、おちんちんを入れた自分のおまんこに全神経が集中するように、激しい刺激と興奮に包まれました。

 それからしばらくはその上司との不倫SEXにハマっていたのですが、元々好みじゃ無いからお誘いを断り続けていたような人だったので、数回肌を合わせるうちにすっかり私の方が飽きてしまって、

 家庭のことを持ち出してお別れしてもらいました。欲求不満だったころは、一度SEX出来ればそこから先は暫く満足して我慢できると思っていたのですが、実際には一度してしまったら、もうせずにはいられない心になってしまいました。

 上司とお別れしてからすぐに、次の相手の探し方を考えていました。思い返せば上司とのSEXも初めての夜の興奮が1番でした。

 人妻なのに、他人に身体を許して自分の中に導いたと言う背徳感に、何度も思い出してオナニーにふけりました。そして私は多くの相手と一度づつの新鮮な興奮を味わいたいのだと自覚するようになりました。

 Twitterを使って知り合ったお相手と、即会って即エッチと言う遊び方で何人かの男性とのSEXを楽しみました。数人の男を経験してからは、帰宅して見る夫の顔に惨めな寝取られ夫の悲壮を感じて、

 ナゼかとても愛おしく感じるようになりました。自分の方から求めるようになり、久しぶりにSEXをするようになりました。本来ならばそれで夫婦円満となるべきなのでしょうが、

 もう自分の身体のことを誰に抱かれても良い身体だと思っている私にとっては、浮気と夫に対する性欲は同時進行でした。他の男を味わうと、無性に夫がいやらしく見えて、その度に私が誘ってSEXしていました。

 昼間の男を思い出しながら味比べのようなことも心の中でしていました。そんな感じで満足はしていたのですが、SEXを楽しむ上での大きな問題がひとつだけありました。

 それは浮気をしる時間がなかなか取れないと言う事です。その当時は社員で看護師をしていたのですが、それだと全ての非番をSEXに費やす訳にも行かず、多くても月に1度出来るかどうかでした。

 もっと沢山の人と経験するには転職が絶対条件でした。パートで働いて労働時間を減らそうと考えたのですが、それだと収入が足りなくなってしまいます。

 何か方法はないか?と考えた結果、SEXでお金を稼げれば良いのになと思うようになりました。Twitterでウリをする事から考え始めて、そしてソープで働く事を決めました。

 数日かけて風俗の求人を見て、良いお店を見つけたのですぐに面接に伺う日取りを決めて、そのお店で働く事を決めました。面接の時に志望動機を聞かれたので、SEXがしたくてと言う想いを全て正直に伝えました。

 そのまま面接をしてくれた社員さんがプレイ内容をレクチャーしてくれたのですが、私の話に興奮して下さって、色々な事を聞かれながら生挿入されてしまいました。

 それから2ヶ月かけて少しづつ出勤時間を減らしながら退職する事にして、2ヶ月後からはソープに週3回勤めに出るようになりました。夫には最初の浮気相手だった上司のセクハラが酷いのを理由にして、

 そろそろ子作りにも励みたいし、などと付け加えて退職してパートタイマーになる事を了承してもらいました。小さな会社の事務仕事を週5日、6時間程度の勤務をしていると偽って、週3でソープで働いて、

 残りの2日は浮気遊びをする為に取っておきました。仕事と言っても他人とのSEXなので、実質毎日のようにSEXに溺れる日々でした。ソープで働き出して暫くした頃に、お店からAV出演の話を持ちかけられました。

 お店と提携しているスカウト会社からのお誘いで、AV事務所に斡旋したいと言うお話でした。元より男優さんのプロのSEXにとても興味が有った私は喜んでそのお話に答えました。

 さっそく面接に伺い、カメラチェックとして全裸でのフェラをさせられました。お相手は男優さんではなく、事務所の社員さんでしたが、男優役を任されるだけあって、立派なおちんちんをしていました。

 それから2週間ほどして最初の撮影の話が決まり、都内のホテルでの初撮影となりました。面接の時に特にしてみたいプレイの所に3Pとレズと書いていたので、

 初撮影は2本撮りで、2度目のカラミは2人の男優さんを相手する事になりました。数日前から期待で性欲が満タンになっていたので、身体中が性感帯のように敏感になってしまい、凄い淫乱だと言われてしまいました。

 やはりプロの男優さんは指も舌も腰使いも上手で、そして何より挿入からの時間が長くて最高に気持ち良かったです。プレイ中にスタッフの方々が無言で忙しなく、

 動いている姿が目に入ると気持ちが覚めてしまうところもありましたが、2本目の3Pの時にはアブノーマルな興奮で周りの存在も忘れて夢中でSEXしました。

 最初は目を瞑って集中しようとしたのですが、AVではなるべく目を瞑らないで表情は常に意識してと教わり、目を瞑る事ができませんでした。

 すぐ近くにいるカメラマンや照明さんが勃起してくれているかどうかを確認したり、この人にも抱かれたいなと思ったりするようにしてその環境を乗り切りました。

 しばらくしてレズも経験させていただき、それからも大乱行や痴漢ロケ、M男いじめなど、日常では味わえないようなSEXをたくさん楽しむことが出来ました。

 そして家に帰ると夫の顔を見ながらその事を思い出し、オナニーの代りに夫のおちんちんを挿入して遊びました。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-05-29

Comments







非公開コメント