Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 社会人の体験談 › 連帯保証人で失敗した代償は妻の体
2021-05-14 (Fri)

連帯保証人で失敗した代償は妻の体

 私は46歳の男性です。保証人で失敗してしまい、多額の借金を、してしまったのですが、幸運にも知人の資産家の男性60歳に、肩代わりしてもらいました。

 私は毎月分割で返済していました。ある時、彼から「奥さんを一度抱かせてくれたら、借金全部チャラにしてもいいよ。」と言ってきましたが、私は当然断りましたが、彼は再三誘ってきたのです。



PR
 妻に話すと離婚すると、怒りまくります。死んでも嫌だと言ってました。相変わらず誘う彼に、困り果てた私は、彼が諦める様な条件を出しました。

 それは、30分間で妻のバストを手だけの愛撫で、妻から唇を奪えたら妻を抱ける、だめなら借金は帳消し。バストを直接触れられるのがいやで、ブラジャ-は絶対取らない、しかも私が傍らで見守る、とゆうものでした。

 激しく拒絶する妻を何とか説得し、だめもとで彼に提案すると、意外にも彼はOKしたのです。約束の夜、私たちは、薄暗いホテルの一室にはいりました。

 彼の目は、白いノ-スリ-ブを高々と押し上げる妻のバストに釘付けでした。そして始まりました。彼は妻の肩を抱くと、背中のブラジャ-のラインを、いやらしくなぞりました。

 思わず反らした妻のバストが軽く揉まれました。妻は目を閉じて耐えていました。妻の右バストから手を離した彼は、ベッドにもたれると、妻を背後から抱き寄せ、ノ-スリ-ブを脱がせました。

 妻のバストに対する本格的な愛撫が始まるのです。私は彼のトランクスの盛り上がりを見てたじろぎました。妻が唇を奪われたら、この巨根でやられてしまうのです。

 彼は妻の腰を引き寄せ、脇から両手を入れると、左右のバストをゆっくりと揉みはじめました。執拗に揉みしだかれました、妻は必死に耐えていました、妻の腰には巨根が押し付けられているようでした。

 耳元でいやらしく囁かれながら、頼りないブラジャ-のガ-ド越しに入念に愛撫が施されていったのです。妻が甘い喘ぎ声を出し始めました。

 そしてまた我にかえり首を振ります、彼は妻の両乳首を、ブラジャ-越しに捉えると指で潰す様に揉み砕きました。遂に妻は大きな声を上げました、首筋から彼の唇が迫りました。

 狂おしく悶える妻は、彼に難なく唇をうばわれたのです。20分。私たちは、負けました。借金もなくなりますが・・・妻は私に詫びていました。私は部屋をでました。

 暫くの沈黙の後、彼の長大な一物で貫かれ、犯されつずける、妻の歓喜と絶頂の叫び声が私の部屋に響き渡ったのです。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-05-14