Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 会社員の体験談 › 研修所の女性宿泊部屋に入れる環境は最高
2021-05-12 (Wed)

研修所の女性宿泊部屋に入れる環境は最高

 俺は研修所に左遷された。しかし、俺にとっては最高の職場だ。GW前は、入社後3年目の社員を集めての研修があった。入社3年生は、23~25歳の熟れどき。

 いつものように、受講中に女の子の部屋をチェック。一番カワイイ営業課の美佳ちゃんの部屋に侵入してかばんをチェック。白のTバックとお揃いのブラジャーはDカップ。



PR
 ピンクのレースの上下などを4セットを確認。チェックしたのがバレないように下着を退陣。研修1日目が終わり、恒例の会長・社長らも参加しての大宴会。

 ここで会長・社長にカオを売っておかないと営業は勤まらない。営業の女の子は事前に先輩からレクチャーされ、ミニスカート。もちろん、パンチラも覚悟のようだ。

 美佳もブルーのパンティーをチラつかせていた。大宴会は盛り上がり24時を過ぎたところでお開きに。いつもどおり何人かはダウンしている。ここで俺の出番だ。

 野郎は野郎で片付けさせて、ダウンしている美佳のところへ。心配している女の子と一緒に美佳を部屋連れて行き、ベットに寝させて落着。ここで一旦、退陣して時を待つ。

 1時間したところで、様子が伺いながら美佳の部屋に。美佳は完全に潰れて爆睡している。まずは、美佳の胸を突いてみたが目を覚ます様子はない。ブラウスのボタンをはずすとブルーのブラがあらわになった。

 はやる気持ちを抑え、ミニスカートを巻くと宴席でサービスしてくれたブラとお揃いで青いレースのパンティーがストッキング越しに登場。ブラをずらすとあまり使われていないピンクの乳首がこんにちは。

 片手で乳首を転がしながら、パンティーに手をかけた瞬間、「ゆうくん、やだよぉ、今日もするのぉ。今日は大丈夫だよぉ。つけなくていいよぉ」と寝言。どうやら彼氏と思っているようだ。

 ストッキングとパンツをゆっくりげると綺麗に手入れされたアンダーヘアー。ストッキングとパンツを完全に脱がし、足を開くと秘密の花園はきれいなピンク。

 たまらなく、右手でクリ、左手で乳首をいじりながらニンク。みるみる間に、蜜が溢れてきた。美佳は「うぅぅん。ゆうくん。いぃーよぉー。もっとしてぇ。あぁぁーん」と喘ぎ始めた。

 それならと、テクをくし攻めまくると「あぁぁぁ~、いや、いや、いく、いく、いくぅぅぅ」といった瞬間にのけ反ったまま逝ってしまった。

 俺もこんなに簡単に逝くとは思わなかったので、この先、どうしたものかと考えていると、美佳はいびきをかきながら寝てしまった。こうなると持ち物チェック。携帯をみると彼氏とのラブ×2メールばかり。

 写真をチェックすると彼氏とラブホで撮ったと思われる全裸でしている写真がいくつかあった。かばんをあさるとポーチを発見。中には生理用品・オリシーと一緒にイボつきのコンドーム。

 そんな趣味があるとは…。スケジュール帳には、細かくその日のことが記されていた。彼氏とは週に2~3回はエッチをしているようで、研修の前日も彼氏とやったみたいだ。

 ここまでくると我慢出来ず、全裸状態で寝ている美佳の足を開き、指でマ●コをいじり濡れてきたところで挿入。寝ながら先程のように喘ぐ声と息子を締め付けられて思わず中出し。

 スケジュール帳によれば、今週は危険日のマーカー…。パンツを履かせて退室。翌朝は、何事もなかったようにピンクのブラを透かせて受講。週末には、元気に帰っいきました。

 今日、美佳が寿退社するとの情報を耳にした。ウワサによると、できちゃった婚のようだ。あの時に俺が流し込んだ子種か研修の前後で、彼氏に子種を注ぎ込まれたのかは判らない。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-05-12