Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › マッサージでの体験談 › あそこギリギリに迫るオーナーのマッサージで
2021-05-09 (Sun)

あそこギリギリに迫るオーナーのマッサージで

 今年29歳になる主婦です。クイックマッサージ店、レンタルビデオ店、飲食店をそれぞれ2~3店舗づつ経営している会社で働いていました。

 20歳から務めていた私は当時(24歳のころ)飲食店の経理の責任者にでした。22時に閉店するお店2軒を回って売り上げを回収して会社の金庫に入れます。



PR
 夜遅いのですが出勤が昼からなので朝の弱い私にはうってつけでした。よく覚えていないのですがある日会社に戻るとオーナーのFさんがいました。

 とても私を頼りにしてくれていて、セクハラやパワハラもない普通のいい方でした。その日からが凝る話をすると「ここに座って」と言って私をソファに座らせ肩を揉んでくれました。

 元々マッサージ師さんだったのでとても気持ち良かったです。それ以降私が会社に戻ってFさんがいると(週に2~3回の割合です)肩を揉んでもらっていました。

 数か月して足に張りがあると言ったときにソファーに寝かされ、ふくらはぎのマッサージをしてもらいました。それ以降肩ーふくらはぎと言う流れになりました。

 それから数か月したころ、乾燥肌の話をしていてオイルマッサージをしてもらいました。オイルマッサージと言っても両腕とひざ上10cmから下の足程度でした。

 数か月して「もう少し本格的にしてあげるよ」と言われFさんの部屋にはご自分の仮眠ベッド(日頃はソファーの形になっています)がありそこでのマッサージになりました。

 初めは寝ころぶことに抵抗があったのですが、マッサージの間は仕事の話や趣味の話をして、それなりに楽しく遅くなるからといつもタクシー代をいただいていました。

 お尻にバスタオルを乗せて、太ももまでマッサージをされるようになりました。服をめくってお腹と背中もマッサージをしてもらいました。太もものマッサージも初めは上のほうまではしませんでした。

 少しづつ上のほうまで来たように思います。そのころにはきっとパンツは見られているんだろうなと確信していました。それでも嫌な気持ちはなくかえってドキドキしていました。

 そのマッサージが数か月続いて、初めからだと1年を過ぎた頃「背中からお尻にかけての乾燥があるね」と言われました。その日背中のオイルマッサージをしてもらているときに

「ちょっと下げるよ」と言われてパンツを下げられました。「お尻はいいです」というと「すぐだから」とさっとオイルを塗られました。すぐにふいてパンツをあげてくれたのですが本当に恥ずかしかったです。

 それかも時々パンツを下げられオイルを塗られましたが、正直ドキドキはしましたがいやではありませんでした。それから何回か後には下げるのが普通になっていました。

 それから数か月して「リンパマッサージって知ってる?」と聞かれました。名前は知っていたのですがよくわからなかったので「いいえ」と言うと詳しく説明をしてくれました。

 でも、鼠蹊部の話を聞いて「それはいいです」と答えました。その日はいつもと同じマッサージだったのですが数回後「絶対にいいから試してみて」と言われ、上向きの時に初めて鼠蹊部のマッサージをされました。

 恥ずかしさでくすぐったいのか、気持ちいいのかよくわからなかったのですが、数回されるとドキドキ感だけが残るようになりました。マッサージをするときはいつも通りに仕事の話を楽しくしているのですが、

 Fさんの指が鼠蹊部を何度もこすります。あそこギリギリのことろを触られるわけですから感じてしまわないわけにはいきませんでした。それでも二人とも普通に話をしていました。

 我慢できずに声が出そうになると「こそばいのでもういいです」と私が止めました。Fさんは何も言わずに次のマッサージに移ります。

 少ししたころ鼠蹊部のマッサージの時に、パンツの恥を指で持ち上げられたのがわかりました。「ドキッ」としたのですがなぜか気づかないふりをしてしまいました。

 それ以降少しづつパンツを強く引っ張られ、あそこがFさんに丸見えになる状態になりました。それでも私は何も言わず普通に話をしていました。内心はドキドキを超えていやらしい気持ちが芽生えていました。

 お尻のマッサージの時もモモのあたりまでパンツを下げられるようになっていました。お尻の穴とあそこが丸見えだと思うと何とも言えないいやらしい気持ちになっていました。

 当時彼氏と同棲していたのですが、Hの回数も少なく欲求不満気味だったからかもしれません。そして数か月後にはパンツを脱がされていました。

 スカートを脱がされパンツを脱がされ、服をたくし上げられブラのホックをはずしてのマッサージが数か月続きました。ギリギリをマッサージされ我慢できなくなると私が体を動かします。

 そうするとFさんかそれ以上のことはしません。その日の気分によって自分でどこまで触らせるかを決めていました。そして当時少し体重が増えDカップになっていた胸は絶対に触らせませんでした。

 そんなマッサージが3年ほど続いた頃私は結婚をすることになりました。会社を辞める前日に最後のマッサージをしてもらいましたがいつもと変わらないものでした。

 結婚して専業主婦をしていたのですが、主人は夜勤が多い割に給料が低いのでパートに出たのですが、人間関係がうまくいかなくて二か月で辞めてしまいました。

 その頃たまたま前の会社の同僚とばったり会い話の流れで元も会社に戻ることになりました。Fさんは部署も前のままで主人が夜勤の日だけの勤務でOkをしてくれました。

 復帰してからはマッサージはなく逆にどこかでがっかりしていました。そして自分から「肌荒れがひどくて」と言ってしまいました。その日からマッサージが復活しました。

 久しぶりでパンツを脱がされるのは抵抗したのですが2回目からは脱がされました。その時から鼠蹊部のマッサージの時に時々指があそこにあたるようになりました。

 たまたま当たったという感じで自然に触られました。体を動かして嫌がるとすぐに辞めるのですが毎回それが続きました。さすがに感じてしまいます。

 丁寧にお尻と鼠蹊部をマッサージされるだけでも実はいやらしい声が出そうなのを我慢しているのに不意にさっと触られると声が出てしまいます。

 咳をしてごまかすのが精いっぱいでした。そんなマッサージが続いていたある日のことです。その日は昼間から夜のマッサージのことを考えてもやもやしていました。

 その日はうつ伏せになって背中のマッサージ、ふくらはぎ、太ももときてパンツを脱がされました。お尻をいつもより丁寧にマッサージされその姿勢のまま鼠蹊部のマッサージが始まりました。

 片足を蛙のように開いて鼠蹊部をマッサージされます。お尻の穴もあそこも丸見えです。自分がドンドン感じていやらしくなっていくのがわかりました。

 右側が終わり左側の鼠蹊部をマッサージされ終わったかと思ったら腰の方から手を入れて前側をマッサージされました。恥ずかしくて嫌だけど辞めてほしくなくて、

 Fさんに聞こえないように頑張って「はーはー」と息を吐いていました。気持ちよさに少しすづつ負けだしてしまい無意識に少し腰が浮いてしまいました。

 腰が浮いて空間ができるとFさんはさらにギリギリのところをマッサージし始めました。膝を手前に引いてドンドン腰が上がっていきます。10センチ以上上がった時にFさんが私の腰を持ち上げました。

 逆らえませんでした。お尻だけを上げた四つん這いになりFさんにすべてをさらけました。お尻の穴に直接オイルを垂らせれ、そのオイルがあそこを流れていきます。

 お尻をマッサージされ鼠蹊部のマッサージではあそこにも指が触れました。気持ちよさで「ハッハッ」と声が出てしまいました。Fさんの手がクリトリスに触れた瞬間ピクッとして

「もういいです」と言ってしまいました。Fさんは「うん」と言ってお尻とあそこのオイルを拭いてくれたのですが実はこの時にいきそうになってしまいました。

 それから数回はお尻を上げないように我慢していたのですが、整理の近いある日我慢できないでお尻が上がってしまいました。Fさんが腰を高く上げさせました。

 前よりもっと突き出したように思います。お尻のマッサージでFさんの親指が時々お尻の穴に入ってきます。「いや」と言うと「うん」と言って辞めるのですがその日は執拗に何度も触られました。

 そして私の横に座ると鼠蹊部のマッサージを始めました。指があそこに触れるたびにぴくぴくしてお尻をうねらせてしまいました。その頃にはFさんの指は割れ目をやさしくさすっていました。

 少ししてFさんがそっと手を握ってきたので「?」と思った瞬間にあそこにFさんの指が入ってきました。「いやぁ、だめ!」と言ったのですがその日のFさんはそのまま指を激しく動かせました。

「いや、いや」と言い名がらも一気に感じてしまいFさんの手をきつく握りしめました。Fさんの指の動きに逆らえないでついにいやらしい声をあげてしまいました。

「もっと感じてくださいね」と言ってFさんはさらに激しく指を動かします。それでも「いくのだけは嫌だ」と思い必死に我慢し「もういいです」「もういいです」と言い続けたのですがとうとうその時が来ました。

 もう喘ぎ声しか出なくなりFさんの手に爪を立てて「あがが」と獣のような声を出していってしまいました。私の呼吸が収まったころFさんは体を拭いて服をすべて着せてくれました。

 私が「肩が凝る」と言ってから4年以上が過ぎていました。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-05-09