Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › パート・派遣社員の体験談 › エッチな女の子のある休日の告白
2021-05-04 (Tue)

エッチな女の子のある休日の告白

 昨日はバイトが休みでした。お昼くらいまでベッドでゴロゴロしていました。部屋にいる時は全裸です。ガス機器の点検のお知らせが来ていたので、午後からガス屋さんが来ます。

 どうしようかな。部屋を片付けながら、ドキドキしてきました。バスタオル一枚にしようかな、とか考えてしまったけどもし本当に襲われちゃったら。ドキドキが止まらない。



PR
 約束の時間になったので、キャミソールとミニスカで待ちました。下着は着ていません。私って、本当にヘンタイなのかも。見ず知らずの男性が家に来るのにこんなエッチな格好で。暑いから薄着でも大丈夫だよね。

 ガス屋さんが来て、点検してくれて、10分くらいで終わりました。40代くらいのおじさんでしたが、黙々と作業されていました。簡単な説明を聞いて書類を書いただけでした。

 おじさんが私を見ていたのか、どんな表情だったのかわかりませんでした。でも、私は勝手にドキドキしていました。濡れたおマンコからエッチな匂いがしてたかも。

 ガス屋さんが帰って、また全裸になって、家事をしました。洗濯もして、裸のままベランダに洗濯物を干していたら、ムラムラします。ベッドでオナニーしてたら、眠ってしまいました。

 夜、借りてたDVDを返しに行くのを思い出して、あわてて行くことに。簡単にお化粧して、ワンピース一枚で家を出ました。初めてノーパンノーブラ。とうとう外でもエッチな格好してる。

 薄い生地のワンピース一枚なので、風が吹くと体に直接当たるみたいでスースーする。車で10分くらいのTSUTAYAに行って、DVDを返して、店内をウロウロ。

 遅い時間だから人がいない。田舎だから。雑誌のコーナーに男性が一人。私も雑誌をパラパラとめくったり、少し前屈みになって雑誌を見たりしました。

 向かい側にいた男性が私に気付いたみたいで一瞬目が合ってしまいました。エッチな雑誌の辺りをゆっくり見ていたら、私の後ろを男性が歩いていきました。

 ノーブラなの、気付いたかな。私ってエッチ。こんなエッチな格好で男性の視線を求めてる。車に戻っておマンコを触ってしまいました。すごい濡れてる。

 足を開くと車の中がエッチな匂いでいっぱいになりそう。ぴちゃぴちゃ。おマンコの入り口をちょっと触っただけなのに、エッチな音がする。駐車場に車はありません。ゆっくり指をおマンコの中に。

 恥ずかしい。こんなところで。ゆっくり指を出し入れしていたら、近くに車が止まりました。男性が降りて、一瞬こっちを見て店内に入っていきました。見られちゃったかな。

 ワンピースのすそがめくれてて、太ももがエッチ。そのまま移動することに。どこに行こう。とりあえず、近くのスーパーの駐車場に行きました。駐車場の端の方の暗いところに車を止めて、おマンコを触りました。

 どうしよう、エッチしたいよ。硬いおチンチン舐めたい。おチンチンの写真を送ってくれるエッチな男性からのメールにドキドキ。何人かにメールしたけど、会えないよね、急に。

 たまに使う出会い系のアプリを見てたら、こんな平日の夜に会える女の子を求める書き込みがたくさん。こんな田舎でも。うーん、おじさんばかり。

 何人かにメッセージしたら、43歳の独身男性からすぐに返事がきて、なんか、すっごいエッチしたいみたい。私と一緒。20分くらいで来てくれるというので、待っていました。

 ドキドキ。これから初めて会うおじさんとエッチすると思うと、恥ずかしい気持ちと期待する気持ちで複雑。無意識に露わになってるおマンコを触っていました。

 となりに車が止まって、待ち合わせのおじさんだと思いました。おじさんの車に乗ってホテルに行きました。部屋に入って、ソファーに座って、話してるとき、私は「今日、下着を着てないです」って言ったら、

 おじさんが「見せて」って。ゆっくりワンピースのすそを引いて、おマンコの毛が見えました。「ヘンタイだね、いつも?」って聞かれて、部屋にいる時は全裸だと言いました。

 スーパーの駐車場で、ノーパンで、何してたの?って聞かれて、恥ずかしかったけど、ドキドキしてて、エッチな気分だったので、「触っていました」って正直に言ってしまいました。

 おじさんが「どうやって触ってたの?」って見せて、って言うので、服の上からおっぱいを揉みながら、ゆっくり足を広げて、おマンコを隠すように抑えるように、触りました。

 恥ずかしくて、目を閉じて触っていたら、おじさんがズボンを脱ぐ音がしました。指がおマンコの中に入って、少し声が漏れてしまいました。おじさんを見たら、おじさんもおチンチンを触っていました。

 パンツも脱いでてTシャツ一枚で、私を見ながら、おチンチンをシコシコ。おじさんと目が合って、「恥ずかしいです」って言っても、「見られて興奮するヘンタイちゃんでしょ?」って言われちゃいました。

 恥ずかしくて、顔が熱くなって、おじさんに抱き付くように、顔をおじさんの胸に押し付けて隠しました。目の前にピクピクしたおチンチン。触ってみたら、ちょっとヌルヌルしていました。

 おじさんのおっぱいを触りながら、ゆっくりおチンチンを咥えました。エッチな味がします。男性のオスの味。舌で舐めるように、口の中でおチンチンをこすりました。

「洗ってないのに、エロいね」おじさんが気持ちよさそうな声で言うと、おっぱいを触っていました。私はワンピースを脱いで全裸になって、おじさんのおチンチンをフェラしました。

 おじさんが、おっぱいに挟んで、って言うので、ツバをいっぱい垂らしてパイズリしました。おじさんもTシャツを脱いで裸になると、「ベッドに行こう」って私を立たせました。

「うん」って、おじさんに抱き付いて、おじさんが抱き締めて、おじさんの指がおマンコを触るので、私もおじさんのおチンチンを触りました。裸で抱き合うの恥ずかしい。

 でも気持ちいい。「いっぱい愛して」ってキスしちゃいました。ベッドで抱き合って、お互いの秘部を触りあって、クチュクチュとエッチな音がしてオスとメスの匂いでエッチな雰囲気になって

「おチンチン入れて」って、淫らにおねだりしてしまいました。ゴムを探すおじさんに「そのままでいいから」って、興奮した私は言っていました。

 普通に冷静に考えると、初対面の男女が生エッチするなんて、怖いですよね。でも、あの瞬間、エッチな気分で興奮してて、私もおじさんも、冷静に考えるなんてできなくて、ただ気持ちいいことだけを求めて、

 お互いの体を求めあっているようでした。おじさんのおチンチンが入ってきて、獣のようにオスとメスになって快楽のみを求めあいました。ホテルだから、声をがまんするのも忘れて、

「おチンチン気持ちいい!」とか「もっと奥まで突いて!」って言っていました。やっぱりエッチしてる時がいちばん幸せ。体を密着させて、全身で男性を感じる瞬間が好きです。

 お互い汗びっしょりになって、おマンコもクチュクチュ音がしておチンチンもヌルヌルになって、おじさんに汚されてると思うと興奮して頭の中が真っ白になります。何もかも忘れるこの瞬間が最高です。

 おじさんがハアハアしながらおっぱいに精液をかけるので、私はいっぱい愛されて嬉しかったので、がんばったおチンチンにチュッとして、残った精液を舐めるようにきれいにしてあげました。

 シャワーを浴びて、服を着ようと下着を探して、ノーパンで来たことを思い出しました。エッチした後の敏感になった体に、ノーパンノーブラは過酷です。自分の車に戻った時には、顔が熱くなってて、おマンコから愛液が垂れてきていました。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-05-04