Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › 不倫の体験談 › お淑やかで上品な奥様は端正な箱入り妻だった
2021-05-01 (Sat)

お淑やかで上品な奥様は端正な箱入り妻だった

 短大を出てから、大手金融機関に入行し、2年上の先輩と職場結婚してから約15年。三人の子どもを産み育て、専業主婦で過ごしてきた彼女。

 当時、勤め先のカレンダーに載るほど美人だったという彼女は、40手前でも一際目立つ美人でした。子育てがひと段落したと、弊社にパートで就業したことがきっかけで知り合いました。



PR
 所作、電話対応、メモ、身の回り全て整理整頓された丁寧な女性でした。髪が長く、高い鼻と彫刻のような美しい顔、無駄のないスレンダーな身体。それでいて謙虚で少し天然な頑張り屋さん。

 ひのうちどころのない完璧な女性です。そんな彼女の唯一の欠点があるとすればそれは、肉欲に満たされてなかった事と、旦那以外の男性を知らなかったということでしょうか。

 ドライブデートをきっかけに関係を深め、初めては車内でフェラをしてもらいました。即尺で、私の股間に顔を埋め丁寧に、でも激しく頬張ってくれました。

「あーあ、我慢できなかったなぁ」と言った彼女の横顔は、嬉しそうで、その先を期待した表情に見えました。それから逢瀬を重ね、純粋なドライブデートを楽しんだり、ラブホデートを楽しんだりしました。

「こんな恥ずかしい身体、見られたら…もう」と、泣きそうな顔をする彼女。三人の子どもを育てた結果、乳首が3cmはあろうかというぐらい飛び出て、乳房は吸いきられ皮のようになっていました。

 彼女にとっては美しいと思えなかったのでしょう。私にとっては、何より恥ずかしがる姿と、頑張ってきた過去と、ありのままの身体に何より興奮を覚えました。

 バイブで噴水になり、おねだりしながら膣に肉棒を擦り付ける姿は、普段のお淑やかで上品な奥様からは想像もできない乱れた姿でした。

 今はお互い関係を持たなくなりましたが、今でも地下倉庫ではパンティをずらすと、ヌルヌルになった秘部を私にだけ見せてくれます。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-05-01