Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › スワップ・乱交の体験談 › 旦那との3つの約束事した体験談の話
2021-04-29 (Thu)

旦那との3つの約束事した体験談の話

 あることがきっかけで友人夫婦とスワッピングをするようになりました。この日曜と月曜日に旦那と色々お話をして2人の中で約束事を交わしました。

 その内容は
*私は普段から膝上のスカート丈でノーパンで過ごすこと(ブラは着用可)
*お互い他の人とエッチをするときは事前に報告すること
*他の人とエッチした日は夫婦の関係を必ず持つこと
の3つです。



PR
 どれか一つでも約束事を破ったら、相手の希望する事を一つ聞くということになりました。この約束をしてから2日が経過しました。その間私はずっとノーパンでの生活をしています。

 初めはスカートの中が風でスースーして肌寒さを感じていましたが、次第に風があそこに当たると「んんっ」って感じになって濡れるようになりました。

 ここでの皆様の体験談を読んでいくと、皆様凄くエッチな体験をしていることにびっくりしました。中でも、私が興奮した内容が他人に自分のエッチな所を見せるというものでした。

 宅配便の人に胸を見せたり、裸同然の姿を見せたり、、、そんな事を想像したらあそこが熱くなってしまって、ほんと私も凄くエッチな人間なんだなぁって思ってしまいました。

 ただ、昨日はノーパン生活初日だったので、流石に食料品とかの買い物にも行くことが出来なかったんですけど、今日は買いに行かないと晩ご飯を作ることが出来なくて(笑)

 朝から家事をして雨の中、まずはお洋服を買いに行きました。傘をささないと色んなお店が見れないような所だったので、結構大変でしたが旦那が好きそうな短めの丈のワンピースを見つけたのでそれを買いました。

 雨だと分かっていたんですけど、靴底が滑るショートブーツに薄ピンクのフレアスカートに白色のニットという格好でお買い物をしてました。

 雨がひどくなってきた時に水溜りの上を歩かないように気をつけて歩いていたのですが、その水溜りを避けるためにマンホールの蓋の上を歩いてしまったんです。

 そしたら、思いっきりマンホールの蓋で滑ってしまってこけてしまいました。ちょうど両足を左右に大きく開くような格好で後ろに倒れてお尻を地面に打ち付けてしまいました。

 スカートも大きくめくれ上がり慌てて隠しました。幸い、雨だったことで歩いている人も少なく傘をさしていたので多分見られてはないと思うけど、

 あそこを丸出しにしてしまったという思いから急に身体がカァーッとなってしまいました。せっかくのスカートがびしょ濡れになってしまったので、さっき買ったワンピースを早くも着ることになりました。

 トイレに行って個室でお着替えをしたのですが、想像以上に丈が短くて階段とかエスカレーターで後ろに人が立つと見えてしまうほどの短さでした。

 それしか服がないのでしょうがなしにそれを着ましたが、心が落ち着かなくソワソワドキドキしてしまっている自分がいました。

 今度は気をつけて歩いて駐車場で車に乗っていつも買い物に行っているスーパーに行きました。昼時ということもあって、主婦たちでお店がごった返していました。

 今日は少し寒いなと感じたので、すきやきにしようと思って、薄切りの牛肉とおネギとえのき茸と糸こんにゃくとお豆腐とおうどんを買いました。

 店内では男性従業員の方が膝を床についた姿勢で商品を陳列棚に並べていました。ちょうどお肉のコーナーでお肉を探していた時に男性従業員の方の近くに探していた薄切りの牛肉がありました。

 手を伸ばしてもなかなか届きそうになかったので、男性従業員の方の近くまで行きお肉を選んでいました。自分がノーパンである事をすっかり忘れていて必死に安いお肉を探していました。

 ようやく見つけてお肉をカゴの中に入れた時、男性従業員の方と目が合いました。作業していた手が止まっていて顔を赤くしていました。

 それを見て私は自分がノーパンであることを思い出して慌ててその場を離れました。確実に見られていたと思います。そう思ったらあそこが凄く熱くなってきて触りたいっていう衝動に駆られました。

 他の食料品を探し歩いている間、あそこからはクチュクチュという音が漏れていました。お目当ての食料品をカゴに入れてレジに並んでいる時、先程の男性従業員の方がレジ横の商品をわざとらしく並べに来ました(笑)

 もう自分がどんな格好なのか知っているので、カゴを床に置いてスカートの裾を手で押さえて見えないようにしました。だけど、それがいけなかったんです。

 レジが前に進むとカゴを持ち上げるか足でカゴをずらすしかないと思ったので、足でちびちびカゴを前に押しました。その時は良かったのですが、

 最後にレジカウンターの上にカゴを置かなくてはならなくて、どうしても両手でカゴを持ち上げなければなりませんでした。

 軽く膝を曲げて後ろから見えないような格好をして、カゴの取っ手を両手でしっかりもって膝を伸ばしてカゴを持ち上げる最後に手の力でカゴを持ち上げて、レジカウンターにカゴを置こうとしました。

 慣れない動きをしたので、カゴがスカートの裾に引っかかってしまってスカートの前部分がお臍あたりまで完全にめくれ上がってしまいました。

 男性従業員の方の目線とちょうど同じ高さに私のあそこがあったので、今度は前から見られてしまいました。すぐにスカートの裾を手で下ろしたのですが、その時にはすでに見られた後でした。

 レジのパートさんは前の人の会計をしていたので気付かれませんでしたが、私の後ろに並んでいたお年寄りは「まぁ」といった顔で私のことを見てました。

 会計が終わり購入した食料品を袋に詰めて、駐車場に向かいました。荷物を車に詰め込んで運転席に座った時、私は軽く両足を左右に開いて右手であそこに手を触れて見ました。

 いやらしいエッチな汁が太ももにまで垂れているほど濡れていました。身体の中が凄く熱くて触れてもいない乳首もビンビンに勃起していました。

 雨が降っていたので、周りからは見えないだろうと思いあそこに当てた手をゆっくりとあそこに擦り合わせるようにして動かしていきました。

 すぐに手がいやらしいエッチな汁でベトベトになって手の擦れ具合がなんとも言えない感じになりました。もうここまで来てしまっては我慢の限界に達してしまいました。

 私は中指と薬指をあそこの中にゆっくりと沈めていき、指の曲げ伸ばしであそこの中を刺激していきました。指先がクリトリスのちょうど裏側に触れた時、声が出てしまいました。

 指の曲げ伸ばしを速くしていくともう自分でも何をしているのか分からないぐらいに何度も指を曲げ伸ばししました。「ぁああああ、、、」喘ぎ声が漏れたと同時に腰が自然と浮き上がり、

 指先が気持ちのいいところに触れたかと思うと一気に絶頂を迎えてしまいました。しばらく放心状態でぐったりとしていましたが、こんなにも淫らになってしまった自分に少し自己嫌悪に陥ってしまいました。

 ようやく身体が落ち着いて来た時に、車内に置いてあった濡れティッシュであそこを拭いたのですが、それがまたこの日の過ちでした。アルコール成分が入っている濡れティッシュでしたので、

 拭いてからしばらくしたらあそこが火を噴くようなほど熱くなり、それがまた次第に快感へと変わっていきました。手を触れてもいないのにあそこがジンジンしてきてまた触りたくなってしまいました。

 今度はクリトリスに中指の指先を当てて円を描くように動かしていきました。腰が何度も跳ね上がり、自分では抑えることができなくなるほど感じてしまいました。

 今度は親指をクリトリスに当てながら中指と薬指をあそこの中に入れました。もうグチョグチョになったあそこは敏感すぎて、指があそこの中に触れるたびに軽くいってしまいました。

 私はあそこに全神経を集中させて指を動かしました。大きな波が私を襲ってきた瞬間目の前に火花が飛んだようにチカチカとなっていってしまいました。

 しばらく気を失っていた私は気がつくと、ワンピースの裾が大きくめくれ上がり、あそこを丸出しの格好でリクライニングシートにもたれて寝てしまっていました。

 その時には雨が上がっていたので、もしすると誰かに見られていたかもしれません。そう思うとまた身体が熱くなってきたのですが、帰って晩御飯の支度をしなければと思い、興奮した身体を我慢しながら運転しました。

 途中信号で車が止まると自然と手があそこに伸びていました(笑)家について荷物を降ろした後、座っていた運転席を見ると私のいやらしいエッチな汁でベトベトになっていました。

 私は家の中から濡らしたタオルを持ってきて、旦那にバレないように必死で拭きました(笑)幸いレザーシートなので簡単に綺麗になりましたが、車内はエッチな臭いが充満していました。

 今から晩ご飯のすき焼きの準備をします。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-04-29