Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 知り合いとの体験談 › クンニリングスが好きな彼女とは相思相愛だった
2021-03-30 (Tue)

クンニリングスが好きな彼女とは相思相愛だった

 23歳から2年間付き合った彼女は、素敵な女性でした。透明感があって、でも、女の色香を醸す雰囲気がありました。とてもお淑やかな女性でしたが、性交渉は激しく、スラっとした四肢で喘いでいました。

 クンニリングスが好きで、自分で陰唇を広げて舐めやすいようにして、私を誘惑していました。尖ったクリトリスを転がすように舐められるのが好きで、かすれた色っぽい声で、彼女は喘いでいました。



PR
 彼女のフェラチオは亀頭を舌で包み込むようで、射精には至らないけれどとても気持ちよいものでした。抜くためのフェラチオではなく、勃たせるためのフェラチオでした。

 安全日になると、連日も止められました。彼女は中出し好きで、生理が来るまで、毎日中に欲しがりました。普段は一回で満足しますが、中出し可能な安全日は、二回戦、時には三回戦も求めてきました。

「アソコから、あなたのがトロトロと流れ出す感覚が好きなの。セックスした~って言う実感があって、満たされるの・・・」そう言いながら、ティッシュで精液を拭っていました。

 プロポーズのタイミングを計っていた矢先、私に急遽不定期な転勤の内示がありました。それは、その半年前に起きた東日本大震災に起因していて、東北の支店に多くの人材が裂かれたための補填でした。

 慌ててしたプロポーズはグダグダ、「そんな、急に言われても・・・」と言われました。全てのタイミングが悪過ぎました。私は単身、彼女の住む街を離れました。

 別れ際の彼女の泣き顔、今も忘れられません。彼女とは、あんなに相思相愛でセックスの相性も良かったのに、一緒になれませんでした。今、彼女は幸せに暮らしているでしょうか。

 今、思うんですよ。相思相愛でも、タイミングが合わないということは、縁がなかった、お互い運命の人じゃなかったのでしょうと。彼女とはタイミングが合わなかったのに、

 転勤して1年後に出会った妻とは、あれよあれよという間に結婚までつながったので、私の運命の人は妻だったのだと思います。妻は彼女より小柄で、垢抜けないところが可愛くて、とても恥ずかしがり屋の女性です。

 私たちも30代夫婦になりましたが、クンニリングスを今でも恥ずかしがります。気持ちいいけど恥ずかしいというより、恥ずかしいのが気持ちいいみたいです。

 恥ずかしがりながら感じる妻は、Mっ気があるのかもしれませんね。こんな妻と、ほのぼのとした幸せの中に生きていますが、ふとした瞬間、彼女のことを思い出します。彼女には、幸せで、そして元気でいて欲しいです。


↓他のHな体験談を見る






Top Page

最終更新日 : 2021-03-30