Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › 素人の体験談 › 銭湯で男のネットリした視線にゾクゾクした
2021-03-13 (Sat)

銭湯で男のネットリした視線にゾクゾクした

 アパレル関連の小さな会社を経営しています。出張で地方都市のビジネスホテルに滞在したときの出来事です。自宅では、週に4日は近所の銭湯の広い浴槽に浸かって、

 思いっきり手足を伸ばしているせいか、ホテルの狭いバスでは我慢できなくなり、フロントで教えて貰った最寄りの銭湯に夜の9時過ぎに出かけました。



PR
 ホテルから徒歩数分で到着しました。普段利用しているお店と違って、入り口が男女で分かれています。中に入ると高い位置に番台があって、年輩の女の人が座っていました。

 番台式の銭湯を利用するのは初めてのことです。脱衣場にも洗い場にもお客さんは一人もいない、貸し切り状態でした。頭から足の先までしっかり洗い、浴槽に三度浸かって洗い場を出ました。

 脱衣場に上がると時計は10時近くを指していて、番台は空っぽでした。隣の男湯からはまだお客さんのいる物音が聞こえてきますが、入り口の電気が消されていることからして10時が閉店時間のようです。

 番台に近い場所でカラダを拭っていると、男湯との間仕切りの扉が開いて、モップを持った男の人がいきなり目の前に現れました。男の人は全裸の私を正面からジッと見ました。

 男の人のネットリした視線は、明らかに私の胸と下腹部に向けられていました。私は思わず身を屈め、手で乳房とヘアを覆い隠してしまいましたが、そんな恥じらいに満ちた仕草は男の人を刺激するだけだったかもしれません。

 大急ぎでホテルから持参したバスタオルを纏い、背中を向けて服を着ると、髪も乾かさないで逃げるようにお店を後にしました。ホテルに戻ると酎ハイを飲んでベッドに入ったのですが、

 全裸の私を正面からジッと見る男の人のネットリした視線が思い出されて眠れません。ショーツを脱ぐと、アソコはぐっしょり濡れていました。男の人に脱衣場の床に転がされ、犯される様子を想像しながらオナニーしました。

 仕事がすべて片付いた翌日の夜は、買ってきたお寿司をホテルの部屋で食べながらお酒を飲んでいるうちに眠ってしまい、気が付くと夜の11時前でした。

 前日の銭湯をもう一度訪れたかったのですが、すでに閉まっている時間なので諦め、部屋のバスに入りました。
バスから上がるとベッドの上でM字開脚し、昨日の男の人に脱衣場で柱に縛られ、

 一方の手の指で乳首を摘まれ、もう一方の手の指をワレメに挿入され、クリトリスと膣を弄られている様子を想像しながらオナニーしました。

 一回逝っただけでは飽き足りず、脱衣場の床に四つん這いにさせられて背後から挿入され、乳房を両手で揉まれながら中出しされる光景を想像しながらオナニーを続けました。

 まるで男の人が私の膣内に大量に放出した欲望の白濁のように、愛液がベッドの上に敷いたバスタオルの上にポタポタと落ちました。二回逝った後は朝までぐっすり眠れました。

 これからは、自宅周辺で男の人が番台に座っている銭湯を探してみようと思います。何だかクセになりそうです…


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-03-13