Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 自営業の体験談 › シングルマザーの経済的面倒をみている会社経営者
2021-02-28 (Sun)

シングルマザーの経済的面倒をみている会社経営者

 52才の会社経営者です。3年前に妻をガンで亡くし、その後は独身です。行きつけのスナックのママに頼まれて、半年ほど前から37才と9才の母娘の経済的面倒をみています。

 同居はしていませんが、母親とは夫婦同然の営みはあります。実は先々月のある夜、私が親子の為に借りてやっているマンションで、母親を抱いていると、寝室の扉が少し開いていて、



PR
 隣室で寝ている筈の娘のA子が覗いているのに気づきましたが、私は構わず性交を続け、射精を終えて帰宅しました。そんなことが2回ほど続いたあと、先月のこと、

 母親が出勤の土曜日にA子に約束した携帯電話を届けに行った際、成り行きでA子にキスしてやると、私の腕の中に入って来たので、ついパンツの中に手を入れてしまいました。

 然し、いざ性交となると流石に抵抗があり、パンツを脱がせることは出来ませんでしたが、片方の裾を横に押し開いて、やっとのことで挿入しました。

 盛んに痛がるのでユックリ腰を使っていたのですが、狭くて固い膣の感触にすぐに兆してきたので、数回ほど大腰を使って、絶頂感に達したところで引き抜いて、あとはA子の股間で摩擦しながら射精。

 A子の花柄の可愛らしいパンツが出血と私の精液とですっかり汚れてしまったので履き替えさせ、汚れたパンツは私が持ち帰えりました。

 その後母親とは10日に一度くらいの頻度で性交していますが、母親の眼を盗んで、A子を3回ほど抱きました。最近は痛がることはありませんが、A子の上に体重を掛けないように被さって膣に挿入し、

 腰を使っていると、下から可愛い眼を開いて「なんでこんなことするんだろう?」というような顔でじっと見つめられるには閉口します。
「眼をつぶっていなさい」と教えるのですが、暫くするとまた開けてしまうので、私が気をやるときはA子の口を吸いながら腰を使います。

 母親の膣とは違って、A子の膣は奥行きがない分、亀頭がすぐ当たる上に、狭い膣壁が陰茎に絡みつくような感じなので、持ちこたえるのに苦労しています。別に、A子を行かせようなどというのではなく、

 私自身が出きるだけ長くA子の中に入っていたいからなのです。最近のコンドームは、極薄に出来ているせいか、射精を遅らせる訳には立ちません。

 勿論、母親との性交で使うためのコンドームは、枚数が数えてあるといけないので使いません。母親は生理があるので、膣内射精できる日もあるのですが、A子の場合は初潮が未だなので、膣内での射精は危険です。

 先週A子を抱いたとき、初回は生挿入で、初めてA子の腹上に手で擦って射精したところ、A子がビックリする反面、えらく感動して、2回目もそうして欲しい、というのですが、

「2回目は、殆ど出ないから」といって納得させ、コンドームを着用して、きつい膣感を亀頭でゆっくり堪能しながら膣内で射精し、抜いたあとコンドームを取って、精液溜まりに溜まった精液を見せてやりました。

 次回から、少しずつ口淫も教えていこうかと思いますが、その前に先ず、私のペニスを触れるようにしないといけません。余り焦ってA子の嫌悪感を引き出さないように、

 A子が持っている好奇心を適度に刺激しながら教え込む必要があります。最近では、母親との性交時は、わざと寝室の戸を少し開けておくようにしています。

 A子のことですから、必ず私達の性行為を覗き見しているにちがいありません。私はイケナイおじんです。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-02-28