Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › 素人の体験談 › もっと奥まで入れてっと平気で言えるように
2021-02-27 (Sat)

もっと奥まで入れてっと平気で言えるように

 大学の頃初めて男にイカされたんです。初体験は別の人だったんだけど、ちんちんでいくってことがなくて。その時10歳上の人と遊びですることになったんです。

 すごいなんて言うか、引き出すのが上手い人で、それまで大胆になれなかったり燃えきれなかったりする私を沢山リードしてくれたんです。



PR
 やる前からメールHとかしてて。話してるだけでめちゃくちゃ濡れちゃうんです。気づいたらやられたくてたまらなくなっていました。だから本人にあなたのチンチンをあたしにぶち込んで、っていったんです。

 その日は初夏でした。私はワンピースの下にオレンジ色のTバックと黒の網のブラを着て彼の家に行きました。ドアが開くと、彼はもう既に全裸で、彼のちんちんもめっちゃ大きくて反ってて。

 あたしはもう一気に濡れちゃったんです。ドアが閉じないうちに彼に壁際に押し付けられて、ワンピースを着たまま服の上から彼の勃起を感じて、あたしは声が出ちゃったんです。

 あたしはワンピースを脱ぎ捨てて彼に下着姿を見せつけたんです。そしたら自分でもびっくりするようなこと言っちゃったんです。

「これが欲しかったんでしょ?そんなでっかくしてどうしたの?」って。そしたら彼は結の事朝から考えててもうずっとビンビンだって。だからあたしはひざまづいて彼のでっかいのを口でしたんです。

 ものすごく固かったです。指使いもいろいろ駆使して、片手で彼の根をしながらあたしは自分のあそこも触りました。そしてもう彼が我慢できなくなって、

 ゴムを急いでつけて立ちバックでTバックもブラも脱がないままで彼が入って来たんです。普段出ないようなすごいエロい声があたしから出てしまいました。あっ、あぁぁぁーーー・・・んって。

 そしてしばらく激しくあたしを支配した後、あたしたちは寝室に移って、そこであたしは全裸にされました。
そしたら彼は今度は逆にすごくゆっくり丁寧にあたしを攻め始めたんです。

 オーラルとか69とか沢山時間かけてくれて。もう69の時点であたしは自分が今日この人に生まれて初めてイカされるんだなってわかってたんです。

 ねえもう我慢できない、また入れて?って頼むと、彼は横臥位でバックから今度は優しく入って来ました。彼がすっごくゆっくり突き入れるたびに私は大きく喘いでしまいました。

 理性がどんどん壊れて行きました。彼はあたしの耳元で綺麗だ、とか中が気持ちいい、とか俺のちんちんはどう?とか囁いて来ます。

 あたしは喘ぎながら「でっかいちんちんめっちゃ固くて気持ちいい、もっと奥まで入れて」とかすごい事を平気で言えるようになって来ました。

 気持ち良さがどんどん増して来て、あたしはもう理性とか捨てて欲望のままに彼を逆に犯すことにしました。今まで恥ずかしかったはずの騎乗位で、あたしは彼の上で狂ったように腰を振りました。

 喘ぎもゆっくりのものから「あっ、あっ、あぁぁぁっ」と言う短いものに変わり、それもすぐ叫びに変わりました。あたしは野獣みたいに声を出しながら彼の根で自分を満足させようとしたんです。

 彼はあたしの腰を抑えるとしたから激しく突き上げる感じであたしを征服し始めました。すると驚くことにあたしは潮を吹いてしまったんです。

 彼が笑顔で気持ちいいんだ?と聞いて来てくれるのですがもう興奮で体が震えておかしくなってるあたしは「あぁぁぁーー」としか言えませんでした。

 しかも彼はそれでも突いてくるのをやめませんでした。あたしは何か腰の奥から巨大なものが頭をもたげてくるような感覚を覚えました。それはあたしの中でどんどん熱くなっていって、

 あぁ、あたしイカされるんだなって思った瞬間に最後の理性が崩壊しあたしは欲望そのものになりました。あたしが「あたしイキそう、あぁぁ、イく、イく!イく!あぁぁぁぁあたしイク!!!」と叫ぶと、

 彼は何と一層激しく、あたしの本当に気持ちいところに張り切った亀頭を擦り付けて来たんです。私は体を海老反りにして「あぁぁぁちんちん気持ちいい、もっと、もっとして、もっとして、ちんちんでイく、

 あぁ、イくイくイく、でっかくて硬いちんちん、ちんちんんーー!あっ!あっ!!あぁぁぁーーーはああああっ」と絶叫して、彼にモノにされました。

 あたしが達してる間彼は突き続け、あたしが果てて彼の上に崩れ落ちるまでやめませんでした。あたしが果てた後は彼は震えが収まるまで抱きしめていてくれました。

 しかし震えが治った途端今度はバックと正常位で、またもや私は犯されました。彼も我慢できないらしくすごい形相であたしを突いて来ます。

表情を見ているとあたしはどんどん燃えてしまいます。そして正常位でつかれながら私は2度目の潮を吹きました。今まで潮吹いた事なんてなかったのに。

 そしてまた潮吹きの直後私は再度絶頂してしまいました。1度目よりもゆっくりとしたオーガズムでしたが、私はまた「あたしをモノにして」とか「あたしのおまんこにもっと入れて」とか

「おかしくなる、イク、あなたのでっかくて美しいちんちんでいっちゃう」とか凄まじいことを叫びながら達しました。でも次は私の番です。彼を狂うまでイかせなくてはなりません。

 2度目の休憩の後は、私が攻める番でした。まずは背面騎乗位(私がすごく得意な体位です)で彼を限界までせめました。彼もあたしも喘ぎ声が建物中に聞こえていたと思います。

 あたしの中で彼がどんどん固くなって行きました。最後は立ってもらって彼の前に跪いて、ゴムを外した巨根を舌と指と胸で彼を攻めました。

 すごいゆっくりから初めて、ねっとりねっとり攻めてあげました。何回もとめて、もっとして欲しいの?って聞いてあげました。彼がイかせてください、お願い。って頼んで来たので、

 あたしが最後にチンチンを口に含んで反り返った茎を根元までしごくと、彼は「結、イくっ!!」叫びあたしの顔や胸に大量に果ててしまいました。


↓他のHな体験談を見る






Top Page

最終更新日 : 2021-02-27