Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 知り合いとの体験談 › ミニスカートの性的興奮の誘惑には勝てない
2021-02-16 (Tue)

ミニスカートの性的興奮の誘惑には勝てない

 4年付き合っている彼女、少し人見知りをする大人しい性格です。膝上20㎝の短いスカートを履かせています。街中にいる男のイヤラシイ視線がたまらなく興奮します。

 男友達の前でも見せつけています。スカートの中も見ていると思います。皆んな股間がパンパンに膨れ上がっていました。絶対オカズにしている。



PR
 ある日、1人の男友達と彼女と3人で飲み屋へ行きました。酒を飲まないので車を出してくれるからです。私が酔い始めると、彼女とイチャつくように進めてきます。エロい姿を見たいのだろう。

 お店を出た後、車中へ移動しました。友達はエンジンも掛けずに、もっとイチャつくように進めてきます。彼女はあまり乗り気でなかったものの、私の興奮は止みません。

 薄暗い車内で体中を触り揉みました。スカートがめくれ下着が丸見えになりました。友達は おぉ~ と興奮しました。私は下着の中に手を入れました。友達は無言になりました。

 下着を脱がせて両足を広げました。そのまま指マンをして舐めました。友達は予想していなかったのでしょう、あっ… と動揺していました。彼女を膝の上へ乗せて子供のお〇っこポーズにしました。

 そしてアソコを指でパクパクしてやりました。あまりのエグさに友達は、うわぁ… と一瞬目を背けました。少し引いてしまいました。

 更にマングリ返しをするようにアソコを突き出し、友達の顔の前へと近づけました。そして舐めてもいいよと言ってみました。友達は、えっ…と驚き、しかし申し訳なさそうに彼女へいいのぉ?と聞いていました。

 戸惑い固まってしまいました。なかなか舐めないので、私はオレ見ないからと目を閉じて顔を背けました。すると性欲が剥き出しになり、勢いよく彼女のアソコを舐め始めました。

 私はすぐに目を開け友達を見ました。口を吸盤のようにピッタリと付けて、アソコから何かを吸い出すように舐めていました。そのあと舌を大きく出して穴に入れ、穴の中を夢中で掻き回していました。

 私がガン見していることなど気にもせず、ペチャペチャと音を立てながら無我夢中になっていました。以前からエロい視線で見ていたのだから当然だと思いました。

 彼女は声も出さずにピクン ピクン…と反応しているだけでした。友達は十分舐めたあと顔を上げました。そして彼女に、いいのぉ?と聞いていました。まだ理性と本能が葛藤しているようでした。

 翌日、友達や彼女ともトラブルはありませんでした。しかし、そこから1ヶ月後に宅飲みからの半寝取られ、まさかの告白へと発展してしまうのでした…


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-02-16