Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › セクハラ・痴漢・レイプ › 電車内で淫らな恰好で寝ていた私に危険な事が
2021-02-05 (Fri)

電車内で淫らな恰好で寝ていた私に危険な事が

  一度だけの露出体験をコクハクさせてください。去年の夏、実家に帰ろうと中央線の大月行き最終に乗ったんです。新宿から立川くらいまではすごく混んでいたんですが、

 山梨に入った頃からほとんど人がいなくなってしまい、気がついたら私は眠っていたみたいでした。ふと目を覚ますと車内はガラガラなのに、私が座っていたボックス席の斜め前に座ったおじさんが、ハァハァすごい声を出してオナニーしているんです。




 それもそのはず、私はミニスカートがずり上がって、パンツが丸見えのまま眠りこけていたんですから・・・。怖くなって目をうっすらと開けておじさんを見たら、おじさんのオチンチンが、すごく大きくてびっくり。

 赤黒い色してツヤツヤに光っているのがわかりました。私はつきあって3年になる彼氏がいるんですが、マンネリしたセックスにちょっと飽きてきていたので、思わずおじさんに向かって足を広げてしまったんです。

 ちょっと見せるだけならいいか・・・と思って。そしたらおじさんの足が、ぐっと私の足を広げてきたんです。とっさのことでびっくりしたら、いきなり私の目の前でおじさんがしゃがみこんで、私のオマンコにむしゃぶりついてきました。

 それから大月につくまでの30分あまり、車掌さんがくるんじゃないかってヒヤヒヤしながら、おじさんのオチンチンを咥えさせられ、 ボックス席に四つんばいにさせられたまま、後ろから犯されまくりました。

 窓ガラスに知らないおじさんにパックから突かれて、胸をわしづかみにされている自分の姿が映っていて、あまりのいやらしさと、 自分の大胆さにイキまくりました。


↓他のHな体験談を見る






Top Page

最終更新日 : 2021-02-05