Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › 出会い系の体験談 › おじさんと畑の中のビニールハウスでエロした告白
2021-01-11 (Mon)

おじさんと畑の中のビニールハウスでエロした告白

 お正月番組にも飽きて部屋に一人でいると体がムズムズしてしまいます。部屋にいるときはノーパンノーブラにスエットだけのラフな格好ですが、ムラムラしてズボンを脱いで触っていました。

 こんな正月から出会いを求める男性なんていない、と思いながらもつい出会い系のサイトを開いていました。お昼の1時を過ぎたくらいでした。『車内短時間で』という書き込みにドキドキしてしまいました。



PR
 こんな明るい昼間に車でエッチって。ホテルで普通にエッチするより興奮します。男性にメールしていました。すぐに返事がきて会うことになりました。プロフには49歳とありました。近所のコンビニでおじさんの車に乗りました。

 私は直前までオナニーしていたので、体はムズムズしてドキドキしていました。少しぽっちゃりして、髪の薄いこのおじさんとこれから明るい車内でエッチすると思うとドキドキしてきました。

 おじさんの車が郊外の畑の中に入っていきました。「こんな畑の真ん中で車内エッチ?」周りから丸見えです。恥ずかしい。ドキドキしていたらおじさんが「車内よりもっと刺激的なところでしよう」と私を車から降ろし、

 近くのビニールハウスの中に案内しました。中は暑いくらいでした。「今日は休みだから誰も来ないよ」とおじさんは言うと私を後ろから抱き締めてきました。

「でも・・」広いビニールハウスの中は明るくとてもエッチするには。私が戸惑っているうちにおじさんは真っ裸になっていました。「さ、モナさんも脱いで」と言われ私も脱いでいきました。

 明るいビニールハウスの中で下着姿になるだけでもドキドキでした。ブラを取ってパンティを下ろすとアソコから糸を引いていました。「モナさん、もう濡らしているの?」おじさんの指がアソコに触り、

 敏感になったクリに触れると体がビクッとして声が漏れました。思わずおじさんに抱き付いてしまい、おじさんが私を抱き締めてキスされました。おじさんの手がおっぱいを鷲掴みにして乳首を摘まみます。

 片方の手はアソコを弄り指が中に入ろうとしていました。私はお腹に当たるおじさんのおちんちんを触っていました。「モナさんヤらしいね。おじさんのチンポ欲しいの?」と耳元で言われ、

 先からエッチな汁の出るおちんちんを私はおじさんの前にしゃがみ咥えました。舌を絡ませ唾液をいっぱい付けてしゃぶりました。「モナさん気持ちいいよ。もう出そうだよ」と言われました。

「フェラチオ好きです。もっと舐めさせて」と言っていました。おじさんががまんできないと言い、ビニールハウスの隅にあった事務机に私を連れて行くと後ろから入れてきました。

 私は机に手をつき足を開くと、おじさんの固いおちんちんが入ってくるのを感じていました。おっぱいを荒々しく揉まれながら奥へ奥へと突かれ、声ががまんできなくてビニールハウスに私の淫らな声が響きました。

 それがさらに興奮してしまいました。明るいビニールハウスの中で会ったばかりの見ず知らずのおじさんと裸で抱き合う興奮に私は体中がゾクゾクとしていました。パイプ椅子に片足をのせおじさんに抱き付くように抱き合いキスして、

 舌が絡まりあっておじさんがぎゅっと私を抱き締めていきました。ドクドクと長い時間出ていたように感じました。おちんちんが抜かれ、地面にポタポタと垂れる精子とまだピクピクとしているおちんちんに興奮していたら、

 おちんちんを舐めたくなって咥えてしまいました。おじさんは驚いていましたが「モナさんは本当にエロいね」と喜んでいました。私の体はまだムズムズしていましたが、おじさんは用事があると言い一回で終わってしまいました。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-01-11