Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › マッサージでの体験談 › 接骨院の先生にモミモミされ欲情した体験談
2020-12-28 (Mon)

接骨院の先生にモミモミされ欲情した体験談

 我慢できなくて誘っちゃった。一度きりと約束してホテルへ。実際に使ってる白衣を着てもらい、まずは洋服の上にタオルを掛けられ、普段通りのマッサージ…

「先生は、どういうのが興奮するの?」
『素足が出てると、意識しちゃいますね』
「じゃあ、今のマッサージが終わったらタイツ脱ぐね」



PR
 スカートの下からタイツを脱ぐ私。またベッドにうつ伏せになる。背中から腰、脚へとマッサージが移ってく。正直、タオル越しではなくて、もう直接触って欲しい…

 家庭がある彼だから、今夜はそんなに長くホテルに居られない。焦る気持ちも募ってく。「先生、タオル取ってほしい」先生は分かりました、というとタオルを剥ぎ取り、柔らかくて優しい手で直接私の脚に触れる。

 人肌ってどうしてこんなに気持ちいいんだろう。そんな事を思いながら、気持ちよさについウトウト…『仰向けになってください』仰向けになって、改めて先生の顔を見るとなんだか恥ずかしい。

 ここはホテルで、接骨院ではない。変な気持ち。先生は、あまり表情を変えない。でも明らかに実際の接骨院では考えられない触り方になってくる。

 片脚を折り曲げられ、太ももの内側に触れられる。絶対に秘部には触れないから、じれったい。もう片脚も同じように折り曲げられ、太ももの内側、秘部の周りをなぞられる…

 私は胸も触ってほしくておねだり。服を脱いでブラとスカートとパンツだけになる。横になると、先生の手は、優しくおっぱいの周りからおっぱいの上を撫でた。

 もっと欲しくなって、私はブラも取った。今度は座りながら、後ろから乳房に触れてくる先生の手。でも絶対に乳首には触れないの。我慢できないから私から、「先生触って、乳首。。。」そう言うと、キュッと摘まれた。

 焦らされてた分、きゃっと声が出て、もっともっとって求めた。後ろから、優しく、でも絶妙な強さで乳首を触られたり摘まれる。。先生の鼻息が肩越しにかかる。先生も興奮してるんだって分かると、さらに私のアソコは濡れてく…

 危うくスカートまでシミができるとこだった。スカートを脱いで、先生にも下着以外の服を脱いでもらった。もう一度ベッドに横になる。先生の手は相変わらず優しくて、焦らしてくるの。

 仰向けになり、私は、誘惑するために先生の股間を足で触れる。硬くなってるのがわかる。パンツがびしょびしょになると困るから、脱いだ。そして、先生も。もうアソコはびしょびしょなのに、ねぇ早くかき混ぜてほしい。

 先生がもっと興奮するように、私は足で先生の硬くなってる部分をたくさん撫でた。その時、先生の指はクリに触れた。「きゃ!」もうそれからは、指で膣の中をかき混ぜられ、あまりの気持ちよさに身体が熱くなり、頭がボーッとしてくる。

 先生の舌はクリを刺激してきた。先生の舌使いがすごく上手で、ヒクヒク痙攣しちゃった。突いてほしくて、堪らず、先生のアレを求めた。四つん這いになって、先生のアレが入ってくる。

「あぁっ…!」男の人のアレが入ってくる瞬間が堪らなく好き。病みつきになってしまうあの感覚。バックで少し突かれて、先生はすぐに抜いた。『だめだ、気持ち良すぎてすぐにイっちゃう』私は嬉しかった。

 先生は久しぶりのエッチで、私でこんなにも興奮してくれてる。奥さんには申し訳ないけど、1人の男の人をイカせることができるのが単純に嬉しかった。先生の指で、後ろから中をかき混ぜられ、私は自分でクリをいじりながらイった。

 その後、先生にバックで突かれて、いっぱいゴムの中に出してたね。先生の指と、手と、舌使いは忘れられません。また誘惑しちゃうかもしれない。。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2020-12-28