Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 知り合いとの体験談 › その気にさせるエロっぽい知り合いの人妻
2020-12-21 (Mon)

その気にさせるエロっぽい知り合いの人妻

 少し前の話になりますが、緊急事態宣言が解除された最初の週末、運動不足解消と気分転換に近くのゴルフ練習場に行きました。早朝にもかかわらず、同じことを考える人が多くいつもより混んでいました。

 アプローチを終え、ショートアイアンを打ち込んでいると「あっ、西村さんパパ!」見ると時々、会う息子の同級生の母親(博子)でした。「こんにちは、1人?」「旦那はゴルフしないから練習はいつも1人よ。」



PR
 立ち話をしていると前の打席が空いたので並んで打ち始めました。「エロい体してるなぁ」(心の声)細い脚に大きなヒップ、オシャレ染めした茶髪のうなじは色気たっぷり。子供は同級生ですが、博子は歳の離れた旦那と夫婦なので嫁さんよりは10歳は若い感じ。

「スライスがひどいんですけどどうしたら直ります?」エロい腰付きが艶かしい。しばらく打っていると「毎度!久しぶりやな。調子どう?」振り向くと練習場で会う顔なじみの男性でした。

「今年はコロナでお花見ゴルフにも行けてないからね。」
「えっ、2人は知り合い?」
「ん?ここで時々。2人も知り合い?」

 博子と男性も知り合いのようです。自販機にジュースを買いに行くと男性が着いてきました。

「西村ちゃん、もしかして俺ら兄弟?」
「えっ?」
「西村ちゃんも博子とヤッたんやろ?」
「いやいや、息子の同級生の母親。」
「ここだけの話、ここの常連で博子とヤッた奴は多いで。俺が知ってるだけで木下さん、岡本さん、岩井ちゃん、小田君も俺と兄弟(笑)」

「マジ!?」
「だいたい、みんなココのコンペ帰りにってパターンやな。彼女、既婚の男を寝取るのが好きで歳の離れた旦那も知り合いの旦那を寝取ったらしい。今ではレスで盆と正月ぐらいらしい。西村ちゃんも誘ったらヤレるで(笑)」
「まぁ、聞かんかったことにするわ。」
自販機の前で男性と別れてスポーツドリンクを2本持って打席に戻りました。

「どうぞ」
「ありがとう!西村さんパパは優しいんやね。奥さんが羨ましい。」
「いやいや、どこの男も嫁以外の女には優しいねん(笑)」

 みっちり、3時間は打ったでしょうか。

「そろそろ終わろうか」と言うと
「教えてもらったお礼にランチどうですか?美味しい店があるのでご馳走しますよ。」
さっきの話を聞いてエロい想像と理性が葛藤。

 その間、2秒(笑)このエロい体で誘われたら断らんでしょう。「よし!せっかくの機会だから行こうかな。」博子はキャディバッグを自分の車に入れて私の車に乗って店へ。

「大西さん、私のことなにか言ってた?」
(あぁ、あの男性は大西というのか)
「気さくで美人なゴルフ好きって言ってたよ」
「ほんまにそれだけ?」
「いや、他にも(秘)」
「嫌やわぁ」

 店はゴルフ練習場から10分ほど走った、サイ◯リアではない小洒落たイタリアンでした。パスタランチと彼女がオススメのマルゲリータを注文。料理が運ばれてくるまで子供の話や学校の話で間を繋ぐ。

 ランチの日替りパスタも美味く、遅れて運ばれてきたマルゲリータは博子が言うように確かに美味かった。そのうち、話はゴルフの話になり練習場で会う大西さん達の話へ。

「もう、大西さんに聞いたんでしょ?私、押しに弱いから誘われたら断れなくて(笑)」
「若いうちは良いんじゃないかな上手くやれば。三十させごろ 四十しごろって知らない?」
(フォローにもならない相槌)
「なにそれ(笑)パパさんも若い時は?」
「まぁ、人並みに(笑)」

 コーヒーを飲み終えて練習場への道中、中途半端にシモネタが入ったせいか行きと違う少し重苦しい雰囲気」「西村さんパパさんは誘わないの?」誘惑と理性の葛藤が一段と激しくなりました。


↓他のHな体験談を見る






Top Page

最終更新日 : 2020-12-21