Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › マッサージでの体験談 › 新鮮さを感じた女性マッサージの体験談
2020-12-18 (Fri)

新鮮さを感じた女性マッサージの体験談

 43歳既婚者です。数年前から都内で仕事を始めました。パートで3時までの短時間の仕事ですが、しばらく子育てで都内に出ることもなかったので、仕事が終わったあと一人でブラブラするのが趣味になりました。

 ある日大き目な雑居ビルの中に入ると、マッサージ屋さんが軒を連ねていました。まだ早い時間帯でしたが、各お店の前にはスカートの短い恐らく中国人らしき女性達が呼び込みをしていました。




 恰好から男性用のお店のように見えましたが、看板にはどの店も「初めての方は30分2,000円」というような事が書いてあり、そういうお店にしては安いような気がしました。

 しかも女性の私にも声をかけてくるということは、風俗ではないのかと思いました。その後インターネットで調べてみると、どうやら風俗ではなく普通のマッサージのようでした。

 ただ、書き込みによれば性風俗のようなことを内緒でするお店もあるみたいで、確かにあんなに短いスカートを履いた女性に男性がマッサージされれば、そういう気持ちにもなるだろうと思いました。

 それからそんなことも忘れていたのですが、しばらく経って再びその雑居ビルの近くを通りがかったときに、何となく肩が凝ったような気がしていたので、ちょっとマッサージしてもらおうかと思い、そのビルに入りました。

 以前と同じように女の子が呼び込みをしている中、呼び込みしている中では比較的年が私と近い感じのきれいな人が目に留まりました。彼女は私と目が合うと、「スグニデキマスヨ」と言ってきたので「お姉さんがしてくれるの?」と聞くと「ソウデス」というのでお願いすることにしました。

 コースを聞かれたので30分のコースを選び、肩と腰のマッサージをお願いしました。すると少し薄暗いお店の奥まったカーテンで仕切られた個室に案内されました。小さなベッドの上には施術着がカゴに入っていて、「ソチラニドウゾ」と言われたので着替えました。

 カーテンで仕切られているとはいえ、まだ外の雑踏の音が聞こえるようなところで服を脱ぐとちょっと変な気分になりました。マッサージを受けるのは実は初めてだったので、どうしたら良いかわからず、とりあえずブラは外して下は履いておきました。

 そして施術着に着替えたころに、カーテンの外から「ヨロシイデスカ?」と聞かれたのでカーテンを開けました。ベッドでうつ伏せになると、肩からマッサージが始まりました。マッサージはとても心地よく、背中に羽が生えたように楽になりました。

 そのまま腰に移り、こちらはさほど凝っていませんでしたが、やはりとても気持ち良かったです。手はそのままお尻の上まで下りてきて、私の大きなお尻をグイグイと揉みほぐしていきました。

 最近は主人にすら触られないお尻を触られて、なんだかHな気分になりました。30分はあっという間で「延長シマスカ?」と聞かれましたが、断って2,000円だけ払って店を出ました。

 ただその後もその時の事が忘れられず、1週間くらい後に再びそのお店に行ってみました。その日は以前マッサージしてくれた人は前に出ていなかったので、前回来た時に名前だけ聞いていたのでお店の人に聞いてみると、その日はお休みのようでした。

 明日は来るというので、その日は仕方なくそのまま帰りました。そして翌日。前日から悶々とした気持ちだったので、気分を盛り上げるために持っている下着の中では、派手な小さ目のショーツを履いてその店に行ってみました。

 彼女はお店の前に立っていて、「昨日キテクレタ?アリガトウ」と言ってお店に案内されました。コースを聞かれたので、今日は1時間のコースを選びました。「マタ肩ト腰?」と聞かれたので、

「今日はお尻と股関節を重点的にお願いしたい」と言うと「股関節」が通じなかったみたいで、「ドコ?」と聞かれたので、恥ずかしいですが、アソコの脇を指さしました。彼女は少しキョロキョロして、「OK、プラス2,000円ダケドイイ?」と聞いてきました。

 1時間のコースに 2,000円だと合計7,000円で少し予算オーバーですが仕方ないと思って了解しました。以前と同じようにカーテンで仕切られた個室で服を脱ぎ、パンティだけの恰好の上に施術着を着ました。

 そこで「なんで料金が上乗せされたんだろう」と考えてみて、ふと以前インターネットで見た男性向けのサービスがある店があるという事を思い出しました。

 もしかしたら私が股関節を指さしたときに、性サービスのことだと彼女は思ったのではないかと思いました。ちょっとHな気分だったことは確かですが、そこまで求めたつもりはないので取り消そうと思いましたが、実はそんなことは私の妄想かもしれません。

 どうしようと思っているうちに、彼女が来てしまいました。ドキドキしながら前回と同じようにうつ伏せになり、背中・腰とマッサージを進めていきますが、以前より時間は短く、さっと終わらせた感じです。

 そしてお尻も同じように施術着の上から揉まれました。いきなり服を脱がされたらどうしようと思っていたので、少し安心しましたが、ちょっと期待していたところもあったのか、少しだけ残念にも思いました。

 お尻のマッサージを終え、今度は仰向けになるように言われました。仰向けになると目に温かいおしぼりを乗せられ「フクヌガシマス」と言われました。

 その瞬間心臓がキュッとなるくらい驚きましたが、何故か体は動かせませんでした。彼女は施術着の紐を解き前を開きました。おしぼりがあるので見えませんが、彼女の目の前で胸を露わにしている状態です。

 そして手は腰を少し持ち上げるようにして、今度はズボンも脱がしてしまいました。ベッドの上でパンティだけの恰好にさせられると、私の両肩に彼女の手が触れました。体の曲線をなぞるように手は肩から二の腕、手のひらに滑り、私の両手を握りました。

 そしてまた肩に向かって今来た道を辿るように滑っていきます。今度は肩から胸の間を抜けてお臍から恥骨の方へ滑らせます。今までされたことにない繊細なタッチに体が震えるほど感じてしまいました。

 彼女の手は一度体から離れて、太ももから足元まで滑ります。元に戻ってくるときは内股を手が滑り、自然と足が開いてしまいました。見えませんが、下着はぐっしょりで乳首も完全に勃起していたと思います。

 特に私は子供を産んだあと、乳首がすごく長くなってしまい勃起すると2センチくらいあるので、顔から火が出るほど恥ずかしかったです。彼女は私の頭の上に移動して乳房の周りをなぞってきます。

 もう体はビクビクと反応していて軽く声も漏れてしまいました。すると彼女は私の目の上のおしぼりをとって、唇に手を当てました。おそらく声を出してはダメということなんだと思いました。

 私の上に頭の方から覆いかぶさるように手が胸周りをなぞります。チャイナドレスを着た彼女の胸も目の前にある状態です。そして到頭手が乳首に触れました。その瞬間ビクッと体が反応し、彼女は私の方に向いてニコッと笑いました。

 そして私の固くなった乳首を両方の指先でつまんでクリクリと動かします。乳首は元々感じる方ですが、こんなに気持ちよかったのは初めてです。横にあったタオルを噛んで必至に声が出るのを抑えました。

 しばらく乳首をいじってから彼女は私の横に移動して、また先ほどのように腰を持ち上げるとサッとパンティを脱がしました。そして耳元で「スゴクヌレテルヨ」と言って、私の足の付け根をもみほぐしてきます。

 女性にこんな間近でアソコを見られるのは初めての体験です。彼女が鼠蹊部を押すたびにクチュという音が響きます。頭は真っ白で、私はそのままいってしまいました。

 彼女はそんな私に気付いたのかどうか分かりませんが、今度はぐっと足を拡げられて、私に自分で両足を持たせました。私は両手で足を抱えてお股を開いている状態です。

 彼女は私の足元に回りました。アソコはもちろんお尻の穴まで丸見えの状態だったと思います。彼女はフッと私のアソコに息を吹きかけました。その程度の刺激もビクンと反応してしまいます。

 そして彼女の指は私の大陰唇から徐々に中に向けて進んできます。そしてついにヌルッと指が私の膣の中に吸い込まれました。音の出ないようにゆっくりと奥の方まで動かしてきます。

 もう片方の手は私の陰毛周りを撫でたあとにクリトリスに到達しました。親指の腹でクリトリスをいじられながら、もう片方の手の指は中をぐりぐりと責めあげてきます。

 もう何がなんだかわからないくらい感じてしまい、何度も何度もいかされてしまいました。ほとんど失神に近い形になってしまい、次に気付いたのは彼女に「ジカンネ」と言われたときでした。

 あれから何分も経っていないと思いますが、股の間のバスタオルは水でも撒いたように濡れていたので、おそらく潮を吹いてしまったか失禁してしまったんだと思います。

 彼女は温かいおしぼりで私の股間を拭いてくれました。急にとてつもなく罪悪感に駆られて大慌てで服を着ました。帰りがけに個室を出る前に「マタキテネ」と言って軽くキスをされ、

 まるで初めてエッチをしたときのような気分になりました。それからは数ヶ月に一度ですが、そのお店に通っています。


↓他のHな体験談を見る

関連記事






Top Page

最終更新日 : 2020-12-18