Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 社会人の体験談 › 妻はミミズ100匹な名器で夜の方は週5回
2020-12-12 (Sat)

妻はミミズ100匹な名器で夜の方は週5回

 3歳年下で34歳の妻は、外見は大人しそうで清楚ですが、クンニ大好きなスケベ女です。妻のオマンコは、妻が23歳の時に初めてイタしてからずっと愛用してますが、オマンコとしては可愛い部類に入ると思います。

 大学時代、色っぽくてスタイル抜群の年上美人OLと付き合ったことありましたが、どす黒く伸びたビラビラはグロテスクで、セフレの40歳パート奥様と変わらなくて驚いたことがあります。



PR
 妻は、私の前に元彼が一人いたのですが、私と比べてアッチの相性が悪かったのか、初めて私とイタした時のセックスがとても良かったようで、その半年後には、妻の方から結婚してと言ってきました。

 なので、もう、結婚して10年になります。因みに、告白したのは私からでした。妻のオマンコはビラビラの存在感がとても薄いのです。初めてイタした11年前は、色も少し赤いくらいでしたから、ビラビラがほとんど無い初めて見るタイプのオマンコでした。

 今は、小さいながらもビラビラが赤紫なので、存在していることはわかります。存在感の薄いビラビラだからなのか、クリトリスが大きく感じます。

 ワレメの上側を指でおへそ側にクイッと引っ張ると、ピョコッとクリトリスが飛び出して、これが結構な縦長なんです。妻は、そのピョコッと飛び出したクリトリスを舐められるクンニが大好きなのです。

 妻のオマンコは、決してキツくはないけれど、小さめで浅いので、亀頭が子宮口に触れます。密着感があり、入れているととても落ち着きます。子供を二人産んだ妻のオマンコは、産む前よりフィットしてきて最高です。

 入れると、ヌルッとした感触で、ゆっくり動かすとネットリとしたゲル状に感じる粘膜が絡みつき、感じてくると、それまで亀頭が触れているくらいだった子宮口にカポッとハマる感じで、オマンコの中で亀頭責めされてる感じで私の方が喘がされます。

 その状態になると、妻のオマンコはニュニュッとうねるようにやや締まりだします。若い頃は、締まるキツ目のオマンコが名器だと思ってましたが、そんなオマンコの元カノだと、射精を我慢できずに5分と持たずに洩らしてしまうこともしばしばでした。

 私がヤバくなって腰の動きを抑えても、元カノがグイグイ腰を動かしてきて、あっという間にダダ洩れしてしまっていました。セックスは、男女が楽しむものですから、どちらかが早く果ててはダメなのです。

 その点、妻はキツキツでもないし、キュウキュウ締めてこないし、丁度良い感じです。そのキツすぎず緩すぎないオマンコの感触もいいですが、何より、入れたときの温かさが良いです。

 まして、私から告白した大好きな女のオマンコですから、生で入れさせてもらえてありがたいと思います。オマンコの中の感触と温かみ、そして妻の女体の香りに包まれるのは、素晴らしく至福のひと時です。

 結婚して10年過ぎても、週5回はイタしてるくらいですから、私にとって、これ以上ないオマンコなんだと思います。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2020-12-12