Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 知り合いとの体験談 › 久しぶりに再会したバイト時にお世話になったパートさん
2020-12-01 (Tue)

久しぶりに再会したバイト時にお世話になったパートさん

 ぼくは今29歳で商社系の会社員です。大学卒業して入社した会社で関西の支社に配属されたため、この6月に6年ぶりにこちらに戻ってきました。

 大学生の時にアルバイトしていたファミレスで、パートの主婦の人と付き合っていました。彼女(仮名 理恵)は当時30代前半でした。ぼくがそこで働くようになってから1年後に従業員の飲み会があり、




 その後デートするようになって、すぐに体の関係になりました。ぼくは童貞ではありませんでしたが、可愛い感じでちょいムチとした彼女とのセックスは、あまりにも気持ちよくて夢中になりました。

 理恵とそうなってからは他の彼女をつくれないくらいでした。理恵は「自分は離婚する気ないから他に彼女つくってもいいよ」とはいつも言ってくれましたけど。

 体の相性が良かったのでしょうが、可愛い容姿とセックス時のエロさとのギャップも大きかったです。ご主人とはセックスレスだったということでした。

 アルバイトは1月いっぱいでやめましたが、卒業から配属決定まで関係を続けていて、最後の日はちょうどいい機会だからこれで別れよう、とよく話し合って狂ったようにやりまくりました。

 理由をつけて一泊旅行を用意してくれたんです。それから6年間、家に帰ることは何度もありましたが理恵と連絡をとることはありませんでした。

 そしてこの6月です。ぼくは一人暮らしを始めたばかりでした。土地勘があるところということで、マンションを物色していたらつい理恵の家の方で、ちょうどいいところがあったのでそのに住みました。

 再会を期待していたわけではありませんでした。思い出すこともそんなになかったし。でも再会はドラマチックなものではなくあっさりとしていました。

 今日と同様に平日休みだった時です。最寄り駅の改札のすぐ外でした。たまたま振り返るとそこで彼女と目が合いました。お互いすぐにわかりましたが、遠慮しがちに普通に挨拶をしましたが、すぐに「じゃあ」と別の方に歩きかけました。

 でもまたお互いに振り向いて「久しぶりだからお茶でも」となりました。まだ早い時間でしたが近くの居酒屋に行きました。1杯くらいいいでしょ、と。理恵は少しムチムチ度が増して空白の年月分年取ったかな、とはみえましたが数えきれないほど抱いてるぼくとしては、色気が増しているように感じました。

 深いことは抜きに、お互いの近況を話しながらも理恵の目や唇を見ていると、どうしてもあのことが思い出されて欲情してきました。後で聞くと理恵もそうだったとのことです。

 ほんの1杯のつもりで飲んでいましたが、さらに杯をすすめ酔いがまわってくるとまるで当時の続きのような雰囲気になってきました。理恵は結局子供はつくらなかったな、と何気なく言い、

「だってそういうことしてないしー」「ダンナ、忙しいって  今日も遅いから先にひとりで寝てろ、って」とおどけた口調でしたが、明らかにぼくに対しての呼びかけでした。

 歩いても10分程度でしたがタクシーを拾って、ぼくの部屋に行きました。理恵は店を出てから部屋まで黙ったままでした。ぼくのは完全勃起していました。

 俯いて黙ったままだったんで、後悔してるのかな?と想い心配しましたが部屋に入り唇を合わせると心配は一蹴されました。キスはお互いの唾液を啜りあうような激しさで、理恵は呻くような声をあげて喘ぎ
パンツの上からぼくもペニスを握ってきました。

 ぼくも理恵の下着の中に手を入れて弄ると、そこはもうグショグショでした。下着も意味がないほど沁みていてさらに弄ると立っていられない状態になりました。

 理恵は居酒屋での終盤からこういう状態だったので、黙ってるしかなかったらしいです。


↓他のHな体験談を見る

関連記事






Top Page

最終更新日 : 2020-12-01