Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › 出会い系の体験談 › 男に挿入して欲しくて出会い系でチョイス
2020-11-24 (Tue)

男に挿入して欲しくて出会い系でチョイス

 帰宅してからもやはりもやもやしたままで、シャワーを浴びてベッドに横になり自然とディルドを中に入れていました。冷たいディルド(大人のおもちゃ)に満足できず、私はまた出会い系のサイトを開いていました。

 ディルドを出し入れしながら飢えた男性の書き込みを読んでいました。美辞麗句で女性の体を求める男性の書き込みにどきどきし、早く熱いペニスが欲しいと思う私も飢えたメスなのかも。



PR
 夜の9時過ぎでした。まだ人通りの多いコンビニの駐車場で男性と待ち合わせしました。40代半ばという独身の会社員の男性と。私は体が火照り暑かったので、キャミワンピにカーディガンという薄着でした。

 外で待っていると少し肌寒くなってきました。男性の車に乗りホテルに入るとき繋いだ手の暖かさにほっとしてしまいました。部屋に入ると、さっそくおじさんが先にシャワーを浴びに行きました。

 私もシャワーを浴びて戻ると、おじさんはソファーに座りテレビを見ていました。私が近寄ると立ち上がり吸い寄せられるようにおじさんに抱き付きました。

 お互いバスタオルを巻いただけの裸で。おじさんのペニスが固くなり私のお腹を圧迫しています。おじさんに抱き締められバスタオルを取られると、私の小ぶりなおっぱいを揉んでいました。

 私はおじさんに抱き付いたままおじさんに身を委ねていました。自然と手はおじさんの腰に巻いたバスタオルをほどき、露わになったペニスを握っていました。

 おじさんが私のおっぱいを貪るように舐め、乳首を甘噛みし私は歓喜の声を漏らしながら「おちんちん舐めたい」と言って、自分からおじさんの前にしゃがみ、ペニスを口に含み舌を出しぺろぺろしました。

 先からねばっとした汁の出るペニスを舌で根元まで舐め、固くいきり立つペニスを恐る恐る咥えると、根元まで咥えるようにゆっくり喉の奥へとペニスを入れました。

 両手でおじさんのお尻を抱き抱えるように。おじさんはたまらないといった表情で「女子大生がこんなエロいしゃぶり方をして」と気持ちよさそうに言いました。

 私はペニスを手で扱きながら「気持ちいいですか?」と聞くと、おじさんは私を立ち上がらせ抱き締めてくれました。おじさんの指がアソコに触れ「こんなに濡らして」と驚くくらい濡れていて

「会ったばかりのおじさんのチンポ舐めながら濡らすエロい女子大生だ」とにやにやしながら言い、指を二本アソコの奥へと入れました。私はおじさんにしがみつき「ダメ立っていられない。ベッドでして」と、お願いしていました。

 一緒にベッドに横になり、お互いの性器を弄るように触りあって、体を密着したりキスされて。「舐めてもいいですか」と私からおじさんに言うと「一緒に舐め合おう」と言い私が困惑していると「お尻をボクの顔の上に」と言われました。

 私が上になっておじさんの顔の上にアソコが。私の目の前に大きなペニスが。「これ恥ずかしいです」私は恥ずかしいのをがまんして目の前のペニスを咥えました。

 「詩織ちゃんのマンコいっぱい濡れて垂れてきてるよ」と、言われ顔が火照りさらに恥ずかしくなりました。「おじさんのも大きいです」私はそう言うのが精一杯でした。

 明るい部屋で会ったばかりのおじさんに、アソコもお尻の穴まで開かれ見られていました。「詩織ちゃんが入れたくなったら入れていいよ」と言われ私は「もうがまんできません」と自分からおじさんに跨がり大きくなったペニスをアソコへ入れました。

 いつも部屋でディルドに跨がるように。でもディルドと違って熱いペニスは私の中でさらに大きく固くなっていくようで、おじさんに下から突き上げられながらおっぱいを荒々しく揉まれ、私はすぐにいってしまい倒れ込むようにおじさんに抱き付きました。

 ベッドに寝かせられ、おじさんが上になって入れてくれると思ったら、腰を掴まれ四つん這いにさせられバックから入れられました。腕を引っ張られ、おっぱいを鷲掴みにされながらむちゃくちゃに突かれました。

「詩織ちゃんは激しいのが好きなんだろ?」おじさんの書き込みにそう返信したのは私です。「はい、激しく犯してください」私は後ろから突かれながらまるで言わされたように言っていました。

 さんざんバックから突かれ、何度もいってぐったりと崩れ落ちる私をベッドに押さえつけるようにおじさんは上に乗るとペニスを入れました。奥に当たりぐりぐりと掻き回されました。

 おじさんの腕が私の腰の下に入り、片方の腕は首の下に入り私を抱き締めると体を密着させ「もういきそうだけどどうする?」と耳元で聞いてきました。何度もいかされ頭の中が真っ白な私は

「いっぱい出してください」とおじさんの背中に手を回し、おじさんを抱き締めるようにいきました。私の中でおじさんのペニスが一段と太くなり、奥で跳ねるように暴れ射精されたのがわかりました。

 そのまましばらく抱き合ったままキスされて「気持ちよかったよ」と言われ私も「うん」と言いました。ペニスが抜かれおじさんは私のとなりに横になりました。

 アソコからお尻まで精子が垂れてきていました。おじさんのペニスもてかてかと光るくらい濡れていました。無造作に横になったおじさんのペニスに自然と手が伸びてしまい、ねちょねちょとするペニスを触っていました。

 指先が袋を触り手のひらでペニスを包むように。「触り方がエロい」とおじさんに言われました。「まだ時間があるならもう一回する?」と聞かれ私は迷ったふりをしながらおじさんのペニスを咥えました。

 精子の味と、メスの匂いの混じった独特の匂いにむせかえりながらしゃぶりました。以前、精子を口に出されたことを思い出しながら。おじさんがペニスを入れようとするので「中はダメです」と言いました。

「どこに出して欲しいの?お口?」と言うので私は「はい」とだけ言いました。口に出された精子の味に興奮してどきどきするなんて、そんなはしたないこと言えませんので。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2020-11-24