Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 看護師との体験談 › マッタリした時を人妻看護師と過ごした話
2020-11-23 (Mon)

マッタリした時を人妻看護師と過ごした話

 土曜日、人妻看護師さんのMちゃんと、約5ヶ月ぶりに自宅でお泊りデートしてきました。旦那さんだけ里帰りで一晩お泊りとのこと。ありがたいことで。

 約一年前、比較的責任のある立場でのお仕事になったことに加え、この度のコロナ騒ぎで気持ち的な負担が増し・・・3ヶ月前にお仕事を辞めて、ちょっと鬱っぽくなっており、




 実際に会うのは6月の頭にほんのちょっと公園デートしたきり。セックスは半年くらいはご一緒して無かったので・・・はじめだけお互いちょっと変な緊張感ありました。

 お昼前の待ち合わせで、車に乗って貰い、予約していたお店でランチ。店の入り口で体温計測されたのにはちょっとビビりました。用心深いのは良いことかと思いますが、しばらくこんな感じが標準になるんですかね・・・

 お互い会うこと自体にもリスクありますし、これ以上リスクを増やす必要も無いと、ス○バのドライブインに寄って、その後ドライブしながら自宅に。お店ではあまりお喋りも出来ませんでしたので、

 車ではのんびりおしゃべり。はじめこそマスクもしていましたが「これからキスするのにマスクも意味無いよね(笑)」と外した頃からちょっといつもの調子に戻りました。

 自宅の駐車場に車を停めた時、周囲に人影も無かったので軽くキス。「キス、気持ちいいね。落ち着く。」とMちゃんからもお返し(笑)

 例の感染症の予防で、自宅に戻ったらすぐに入浴していることは車中伝えていましたので「一緒に」と誘ってみると応じてくれましたので、Mちゃん様にしている着換えを用意して、すぐに脱いだものは洗濯。

 朝入浴した時に張ったお湯がいい具合に温くなっていましたので、お湯を足しながらゆっくりお風呂。勃起したペニスをMちゃんとのお尻の割れ目に押し付けるように前抱っこして長話。

 メッセージアプリでのやり取りは頻繁にしていますし、ビデオチャットも(エッチなのも含めて)していましたが、話って尽きないものですね。長湯しすぎて指の先がシワシワ(笑)

 弱めにクーラーを入れてベッドに横になり、しばらくお昼寝。肩口をボンボンと叩いているとMちゃん寝落ち。寝てしまったMちゃんの顔を眺めながら私も寝落ち。雨の音で目を覚ませば時間は17時回っていました。

 眠っているMちゃんの頬や、鎖骨に軽くキスをしていると、目を覚ましたMちゃんが「すっごい寝た。ひろさんごめんね」と抱きついてきてくれたので、部屋着の上から軽く乳首を刺激。

 キスしながらお互いの体を弄り合って「もう濡れてると思うよ」と言ってくれたタイミングで挿入。あそこの毛は大体きれいに剃っているMちゃんなのですが、今回は手入れ不足で、腰を押し付けるように深く挿入すると、ちょっとチクチクするのが気持ちいい。

 強く抱きしめたり、身体を離しておっぱいをいたずらしたりしながら、腰を揺すったり回したり・・・「んあ、へっ!」「ふっふっ、はっはぁー」と云う控えめなあえぎ声が

「いいいいい!やっ!イクイクイク!」と変わった辺りから腰を抱えあげて、下から上の壁をこすりあげる様にすると「ダメダメダメ!でちゃう!漏れちゃう!」とガクガクして、ペニスを抜き出すと絵に描いたような見事な潮吹き見せてくれました。

 Mちゃんは滅多に吹かないので、かなりレア(笑)体位を正常位から座位に変えて、ひたすらキス。時々揺すりながらイッて貰っていたのですが・・・「ひろさん、お水飲みたい。お腹空いた」と言われてしまい、笑って一旦終了。気がつけば時間も20時まわっていました(^_^;)

 出○館でパスタとサラダを頼んで、到着まで2人裸のままベッドでビールを飲んでだらだら。旦那さんからラインが入っていて、通話でお返事していましたが、その間にイタズラ・・・はご法度。以前一回やって比較的本気のグーパン貰ったことがあります(^_^;)

 ご飯を食べて、シャワーして、ワイン飲みながらAmaz○nプライムで劇場と同時公開と言う映画を観始めたのですが、大して面白くもなく・・・キスしたり触り合ったりで、そのままソファーで正常位からバック。

 私もやっとその日一回目の射精をお尻から背中に迸らせ、これでもかと言う程付いてきてテーブルに乗せてあった紙ナプキンで拭き取って終了。

 またシャワーして、2人でベッドに入り、それぞれ携帯いじってダラダラ。ちょいちょいイタズラから、3回戦に突入してちょっと身体を離して横並びになった時間にMちゃんまたもや寝落ち。

 起こすのは忍びなく、それでも射精はしたくて、薄く灯りをつけてMちゃんの身体を見ながら扱いて、お腹から胸辺りに精液を振り撒き、温タオルでMちゃんとを起こさないように身体を吹いてこの日は終了。気づけば夜中の3時(^_^;)

 翌朝、私はいつもの6時起きだったのですが、Mちゃんまったく目覚める様子無し。やっと起き出してちょっといちゃついたらすでに10時。軽く食べて、お風呂で射精まで至らない軽いセックスをして、予定の12時には自宅出発。ラーメン屋さんでランチして14時解散。

 別れ際に「いっぱい寝ちゃってごめんね。こんなに眠れたの久しぶり。ひろさんのおかげだと思うよ。ありがとうね」と言ってミラーに映らなくなるまで手を振ってくれました。

 ホイホイ会うことの出来ないご時世では有りますけど、あまり間隔空けずに会って、また寝かせてあげたいですねー


↓他のHな体験談を見る






Top Page

最終更新日 : 2020-11-23