出会い系の人妻の舐め犬として舐めている体験談

 某掲示板にて知り合った女性(33歳既婚子供なし)に舐め犬を依頼され、実行してきました。ご主人とはレスが続き、いつもオナニーで発散されていたとのことですが、

 快楽への意欲が強くなり、もっと気持ちよくなりたいと思うようになったそうです。しかし、本番までは勇気がでないため、舐め犬を探されていて、私にご指名いただきました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 車内で少し話してから、ホテルへ、、、お互いシャワーを浴び、先に出ていた私のもとへ彼女が少し濡れたままの格好で来ました。

 穴あきのパンティを持参してきた彼女は、これを履くからそのまま舐めて欲しいと言い、パンティだけを履いた格好でベッドへ入りました。

 私はベッドの脚側から潜り込み、手探りでおま○こを探しだし、パンティの穴を確認しながら、ねっとりと舌をねじ込み、ビラビラとクリの周りを丁寧に舐め回しました。

 しだいに淫靡な香りが漂い、あっという間に割れ目から汁があふれてきました。舐めとってクリもしてと頼まれ、言われるままいやらしい汁を舐め、クリに舌を這わせ、唇で吸い付き、

 舌先で剥き出しになった勃起クリトリスをやさしくトントンしました。舌がクリに触れるたび、ビクッビクッと彼女の体が反応し、数分それを続けていくと、突然、イクイクイクゥゥゥとあえぎ声が大きくなり、

 絶頂アクメまだ続けるか確認すると、少し休憩しようということになり、談笑タイムその間も指で軽くいじってあげてました。こちらには何もしないと事前に約束していましたので、

 私から求めることはしませんでしたが、彼女の手が、私の股間へ。。。本当は入れたいと突然の告白。。。けど、やはりその一線は勇気が出ないらしく、手でしごいてもらい

 あっという間に勃起した肉棒を眺めてらっしゃいました。クンニを再開し、また、舌でトントンとクリを刺激していると先ほどより早く、アクメ、そしてやめずに腰をつかんでクンニしてると

 連続アクメでした。割れ目からすごい量の汁があふれてきたので、少し潮を吹いたと思います。顔面騎乗してもらいしたから舐め上げるように全体をクンニしているとお口でしていい?

 と彼女、お好きにしてくださいというと69の体勢で優しいフェラをされました。こちらも興奮してたのでもーカッチカチで我慢汁が出てたので、チューチュー我慢汁を吸い取られました。

 口に出してといわれ激しめのフェラで私も絶頂射精。。。そのあとクンニで数回アクメして終了しました。本番本番はなかったですが、こうゆうプレイに興味ある方いらっしゃいますか?

↓他のHな体験談を見る




ホームへ