年下の不倫相手のクンニで別世界に

 その日は彼と2回目でした。わたしは40代の仕事もしている普通の主婦です。優しくて仕事も頑張っている真面目な旦那さんと、若いときに産んだ大学生の娘と平凡な生活をしています。

 唯一の親友以外は、誰も知らない知られたくない彼との秘密の時間を除けば、、。SNSを通じて知り合ってから、まだ1週間も経ってないのに、また会ってしまいました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 人の相性、特にカラダの関係は不思議だと思います。まだ2回しか会ってないのに、はまってはいけないところにどんどん堕ちていくのを感じています。

 彼は20代後半で、見るからにビジネスマン、物腰も柔らかくて言葉遣いも丁寧で気配りのあるとても安心できる人。でも、ベッドでは完全な支配者。

 とは言っても、まだまだ2回目ですから、いっぱい気遣いをしてもらっていますけど、その彼の奥底にあるSを私の普段は隠しているMが強く感じます。

 ここにもその彼の指示で書き込んでいます。彼との2回目は、ベッドに押し倒されて、服を着たままのクンニから始まりました。シャワーを浴びたいと話した私にそのままでと、、、

 恥ずかしさと気持ちよさでその瞬間からおかしくなるわたし、、、彼のクンニにだんだんと意識が薄れて、別の世界に行ってしまったような感覚。

 何度も逝きそうになり、彼に逝くことを告げると、彼は最後まで逝かせてくれません、そんなことを何回も繰り返されると、だんだんと私のMが私を支配していきます。

 逝くことを告げるから、逝く許しをもらうように、、、その許しをもらうために、どんどん堕ちていくわたし、、「ちょうだい」って恥じらいもなくお願いするわたし、、悲鳴のような、動物のような、声を上げてわけがわからなくなるわたし、、、

 ベッドの横にある鏡の方へ向かされて、一回り以上年下で、娘の彼氏といってもおかしくない若い彼に翻弄されるわたし、、、その私を冷たい冷静な目で見下ろす彼。

 四つん這いで犬のような姿勢を指示され、わけがわからなくなりながら彼に全てを晒すわたし、、そして、屈辱的な視線に体中が熱くなりながら、彼の絶妙なクンニに思わず叫ぶように大きくはしたない声で悦びを表すわたし。

 何回も何度も逝くことの許可をもらうためにお願いしながら、寸前でとめられ、狂いそうになりながらやっともらえた許可に狂ったように逝き続ける。

 そして彼から許しをもらって、はじめてご褒美のように彼のあそこをおしゃぶりさせてもらうわたし。彼はベッドに寝ながら上半身を起こして、わたしがしゃぶっているのを冷たい目で見下ろし、

 その視線を感じて上目遣いに彼を見るわたし、、、「旦那も娘もいるのに、それを裏切って平気で娘とさほど変わらない年下の男のあそこをしゃぶる淫乱で最低な女」

 彼の目からそんな声が聞こえてくるようで、情けなさとともに、カラダを熱くするわたし。彼からの指示で69に体制を変えて、またも快楽を貪りながら、夢中で彼のあそこをおしゃぶります。

 もうクンニで何回逝かせてもらったのかわからない中、彼に貫いてもらいたい、犯してもらいたい、懇願するわたしにやっとその時がきます。

 残念で申し訳ないけど、最初の時から感じていた、旦那さんとは圧倒的に違う大きさと硬さと持続、、、
もうわたしは頭が真っ白になりながら、快楽を貪ることと、彼のいうことを聞くことしかできなくなります。

 逝きそうになると寸前でとめられ、彼に毎日でも犯して欲しいこと、彼にペットのように飼ってほしいこと、旦那では絶対に届かない奥まで届いていること、、、

 彼に犯されたいために、決して言ってはいけない、旦那さんや娘を完全に裏切る、最低の言葉が本能のまま躊躇なく口からでてきます。理性が崩壊し堕ちるところまで堕ちて、旦那よりも彼が上位にきた瞬間でした。

 そして、彼に奥深くまで激しく貫かれ、奥を掻き回されわたしを上に騎乗位になったり、座ったまま対面で、、、わたしのあそこと腰が彼をほしくて勝手に動き続けてしまいます。

 そんなわたしを彼は見下ろして、嗤いながら「今度旦那とやってみて、、、、」と結果がわかりきっていることを敢えてわたしに指示します。

 その言葉を聞きながら、次に会うときには、まちがいなく、「お前の旦那ではこんなところまで届かなかっただろう、、、」「お前は旦那がいながら、こんなに快楽を貪って最低だなぁ、、」

「お前の旦那は、こんな嫁すら支配できなくて最低な男だなぁ、、」そんな言葉で責められながら犯されるんだと思うと、ますますカラダの奥が熱くなり、本当に狂うかと思うほど逝き続けてしまいました。

 次に会うときには、どんな顔をすればいいのか、そんなはずかしさとともに、そのときのことを想像、、妄想しているわたしです。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ