Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 社会人の体験談 › 残された者同士の夫婦でエロ相性バッチリ
2020-11-18 (Wed)

残された者同士の夫婦でエロ相性バッチリ

 妻の元彼と、俺の元カノが結婚していた事実を知った。俺の元カノは短大生で、地元を離れて俺の住む街にアパート住まいしていた。妻は俺の元カノの短大の友達で、妻の元彼は転勤族だった。

 俺の元カノが短大を卒業して地元に戻り、妻の元彼が転勤でこの街を去ったのだが、その転勤先が俺の元カノの勤務地で再会した二人が結婚したらしい。



PR
 俺と妻は、残された者同士でくっついたのだが、いざセックスしてみたら相性が抜群で、セックスが良くて結婚した好き者のエロ夫婦だ。3年前、妻の元彼夫婦が転勤で股俺の住む街にやってきた。

 20年ぶりの再会、俺と妻の元彼は44歳、妻と元カノは40歳、思うところがあった。妻がこの元彼に処女を捧げ、肉ヒダを吸われたり、肉マメを転がされたりして、

 ヒイヒイと喘いでいたのかと思うと、激しい嫉妬と共に、どんな風にヤラれていたのか知りたい思ってしまった。それから、かつて俺に処女を捧げ、

 激しく愛し合った元カノがこの男に抱かれて喘いでいるのかと思ったら、悔しくてたまらなくなり、元カノを抱いてみたいと思った。4人とも考えていることが一緒だった。

 再会から1年、4人で飲みに行ったとき、酔った勢いでスワッピングをした。スワッピングは、相手を変えてそれぞれが別々のラブホで、かつての恋人同士で愛し合った。

 元カノと熱烈な情交を繰り広げて帰宅した後、元彼に抱かれてきた妻から、その恥辱にまみれた愉悦の時間を話させた。ほんの数時間前に元カノに射精したはずの肉棒が、嫉妬で猛り狂った。

 ほんの数時間前に元彼に抱かれていた妻を抱き、嫉妬の坩堝に投げ出されながら腰を振った。「アアァ・・・やっぱりあなたがイイ・・・」その言葉を信じて腰を振った。元彼に寝取られた妻の身体を貪るようにセックスする快感にハマった。

 妻の元彼夫婦に転勤の内示が出た。その時、ふと、元彼に抱かれている妻の様子を見たいと思った。俺達は、お別れの前に、4人でツインベッドルームのシティホテルに行った。

 かつて愛し合った昔の恋人とセックスする妻の痴態を間近に見ながら、かつて愛し合った昔の恋人を抱いた。寝取られる嫉妬と興奮、そして寝取る満足感に浸った。妻は、元彼に抱かれて、俺のすぐ横で甘い喘ぎ声をあげていた。

 俺だけのものだった唇を重ね、舌を絡め、真剣に愛し合う元彼と妻。俺だけのはずの乳房、乳首、太股、お尻が愛撫され、肉ヒダ、肉穴、肉マメを吸われ舐められ、元彼の手で穢されていった。

 俺以外の男に抱かれ、仰け反り、俺以外の精液を全身に浴びてヨガリまくる妻を目の当たりにして、俺も元カノに精液を振り撒いた。他人精液まみれでまどろむ妻を見て、後悔と嫉妬、愛しさと恥辱を感じた。

 妻の元彼夫婦の引っ越しを見送ったあとも、妻を抱くたびあの光景がフラッシュバックして興奮の坩堝へ誘われる。
「元彼のチンポは美味しかったか?」
「アァン、チンチンはあなたのがイイ・・・アン・・・」
「でも、あんなに感じて、ベロチューしてたじゃないか。」
「だって、昔を思い出して・・・処女あげた人だもん。アアァ~~~」

 四十路夫婦だというのに、夫婦の営みが毎晩になった。嫉妬は、好き者夫婦のスパイスだ。


↓他のHな体験談を見る






Top Page

最終更新日 : 2020-11-18