とあるトイレの清掃女性との体験談

 営業中よく利用するトイレがある。駐車場もあり、ほとんど人も来ないのでゆっくり休憩もできる。しかし、何故こんな人もあまり来ないようなところに、こんなに大きなトイレがあるのか不思議だった。

 しかも、清掃もしっかり入っている。30代後半位の可愛い感じの女性で清掃員のような格好ではなく、普段着?で来ている様だ。ある日の正午頃、おしっこをしようとトイレに入るとその女性が清掃していた。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 俺は気にせずおしっこをした。割と溜まっていて、長々とおしっこが出た。ふと横目で女性を見ると、ちらちらとこちらを見ている。俺はハッと思ったが、気付かないフリをして、そのままおしっこを続けた。

 女性は清掃している間ちらちらと俺のあれを何度も見ていた。翌日もコンビニで弁当を買い、トイレの駐車場で食事を済ませ、トイレに入った。その時女性はいなかった。

 トイレを済ませ、車に戻ると1台の車が入ってきた。その女性だった。清掃を始めたようで、俺は昨日の事もありもう1度トイレに入りおしっこをするフリをした。

 さっきしたのでなかなか出なく、ちょろちょろと出る程度。横目で見ると、また女性はちらちらと見ていた。俺は女性に話しかけようと思ったが、勇気がなくそのままトイレを後にした。

 この2日間の事が忘れられず、次の日も弁当持参で行ってみた。やはり正午過ぎに女性が清掃に来た。どうもお昼に来るようだ。俺は女性が清掃を始める頃を見計らってトイレに入った。

 今日はわからない程度に女性のほうを向き、よく見えるようにしてみた。そして見ているのを横目で確認すると、終わった後のちんこをぶるぶるするのに加えゆっくりちんこをしごいた。

 亀頭が下を向くぐらい根元まで。不自然なくらい何度もしごいた。もうおしっこも残っていない、これ以上やると怪しまれると思いそっとズボンにしまった。

 翌日も行ってみたが、今日はすこし様子を見ようと思い、離れたところで見ていた。案の定、正午過ぎに女性が来た。しかし今日はさっと中を見ただけだろうか、すぐにトイレから出てきて、あたりをひとまわり見回した後帰って行った。

 俺は不思議に思った。翌日も様子を見てみるとまた昨日と同じ公道だ。俺はもしかしたらと思った。翌日はいつものようにトイレに立った。すると女性はいつものように見てきた。

 俺は、確実に見に来ていると確信した。そして、俺は先日したように、ゆっくりシコシコした。女性はまたチラチラ見ている。俺はおしっこを切るシコシコではなく気持ち良くなるシコシコをゆっくりし、少しずつ大きくしていった。

 そしてチラチラ見ている女性を横目で見ながら、しっかりコッチを見ているときに女性のほうを見た。女性はぱっと顔を横に向けた。俺は、今見ていましたよね?と問いかけると、

 何をですか?ととぼけたので、俺のちんぽですよ。今までに何度も見ましたよね?と言うと、顔を真っ赤にさせ、見てないです。と言った。俺は、あーじゃあ俺の気のせいですね。すいません。

 でも俺見られるの好きだから、別に見てもらっても全然かまわないんですけどね。と言った。女性はゆっくりコッチを見て、恥ずかしそうに、すいません。見てました。

 興味があって・・・。俺は、あやまらなくていいですよ。あなたみたいにかわいらしい人に見られるのはうれしいです。彼女は、ではまた見せて下さいと小声で言ってその場を立ち去ろうとした。

 俺は、もう彼女が来ないような気がして、チョット待って下さい。もう一回見てもらっていいですか。と言うと、ゆっくりうなずいた。そして、便器の前に立ち、ちんぽを出した。赤面しながら見る彼女を見て興奮し、ムクムクと大きくなってきた。

 俺はもっと近くで見ていいですよ、と言うとそっと近寄ってきた。俺は半歩後ろに下がり、彼女のほうにちんぽを向けた。5.60センチ程はなれていただろうか。俺はそっと肩に手をやり、彼女を引き寄せた。

 彼女はしゃがんでいたので、体制を崩し、頭がちんぽにかすりそうな程近づいた。そして、顔を上げると20センチ程の距離になった。さらに顔を赤くする彼女をみて俺はMAX状態に。先からは少し液体が垂れてきた。

 ちんぽは脈打つ位ビンビンに。彼女の手をとり、もう我慢できないです。とちんぽを握らせた。抵抗無く握った彼女は、ゆっくりしごいてくれた。そして大量に発射。この日はそのまま仕事に戻った。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ