彼の物を咥え好きな私のエロ行為の告白

 彼氏とお酒を飲んでタクシーに乗りました。タクシーの中で運転手さんの目を盗んで、私のスカートの中に手を入れ、クリトリスを軽く触ってきました。クリトリスが感じる私は、段々濡れていくのが分かります。

『今日食べた料理おいしかったね』とか、『また行こうねとか』普通に笑って話しかけて来ます。パンティーをずらし、指がおま○この入り口で濡れ具合を確かめるように動いていました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

『ぁ、、、うん、、、』と彼の言葉も上の空で答えていると、『気に入らなかった?』と聞いたかと思うと、ぬるっと指がおま○こに入ってきました。

『あ! ぁ・・・、そんなことないよ。おいしかったね。また行こうね。』とどうにかこうにか、ごまかしごまかし答えましたが・・・。それからは彼の言葉は聞こえていませんでした。

 びちょびちょな感触は分かるのですが、音を立てないように指の腹でGスポットをゆっくり刺激され、彼の指の動きにうっとり感じていたから・・・。タクシーの中だということもすっかり忘れて・・・。

 彼がするっと指を抜いた瞬間、我に返り彼の言葉にまた驚き・・・。『ぁ、運転手さん、そこのコンビに寄るからここで停めて』と。早く帰って彼とエッチしたかったのに・・・何で???

 そんな私の気持ちなんかどぅでもいいみたいに、自宅から少し離れたコンビにで降りました。タクシーを降りると私の手を引っ張ってコンビにを通り過ぎ、『ぇ? コンビニ寄るんじゃないの???』

 彼は何も答えず、そのままコインパーキングに連れてかれました。『ぇ???? どぅ・・・んぐっ』彼の唇で言葉を遮られ、キスをしながら駐車場のフェンスに私を押し付け、

 彼は私の舌を激しく吸い絡ませ、服の中に手を入れてブラの上から胸をもみ始めました。『ん・・・はん・・・』ふさがれた唇と唇の隙間から、私の吐息が漏れています・・・。

 真冬の寒い夜でしたが、お構いなし。服をまくり上げ、ブラを外し胸を直に激しく揉んだり乳首を摘み上げながら、『タクの中なのにお前があんなに感じるから、家まで我慢できないよ。外で犯したくなった。』と、感じる私の顔を見ながらそぅ言いました。

 冷たい彼の指が更に感じてしまい、声が出そうなのを必死にこらえて、激しい私の息遣いが薄暗い駐車場に響いていました。『寒いから乳首がびんびんに硬く立ってるよ』やらしい言葉で乳首を舐めながら言ってきます。

『声を出すなよ。』と言いながら更に彼の唇や手に力がこもり私を攻め立てます。右手で彼の頭を胸に押し付け、左手の人差し指を噛んで声が漏れないように必死でした。

 左手で胸を掴み、乳首に吸い付きながら彼の手が再びスカートの中へ・・・。『お前びしょびしょじゃん。』一気にパンティーを脱がし、自分のスーツのポケットに入れてしまいました。

『やらしい罰ね。帰ろう。』ノーパン、ブラは外されたままで、私の手を引き歩き出しました。彼が私の後ろに回りこむと、背後から抱き寄せそのまま後ろからスカートの中に手を入れておま○こに指を入れてきました。

『あっ・・・』『このまま歩こうね』いくら裏通りとはいえ、時々車が通り過ぎていきますが、彼は指を抜くどころか、余計にかき回したり、胸をもんだり・・・。まるで、やらしい私を見せ付けるかのように・・・。

 ようやくマンションの前まで辿り着いたって所で、向かいの公園へ押し進められました。『ぇ??? お家帰って早くしよぉよぉ・・・』『だめぇ。エッチなお前にはまだお仕置きしなきゃな』住宅地の中の小さな公園です。

 ライトアップされてるし夜でもかなり明るく、公園に面してベランダがあるマンションもあります。フェンスに手をつかせ、激しくおま○こをかきまわし始めました。

 声が漏れそうになると、彼の左手で口をふさがれ、『こんなに寒いのにノーパンノーブラで、公園でスカートをまくっておま○こをびちょびちょにして、やらしく喘いでる人は誰かな~』と耳元でわざと囁くんです・・・。

『んぐぁ・・・んぐ・・・』口をふさがれてるので、何も言い返しようもなく、更に彼の指マンは続きました。『太ももまでびっちょり垂れてるし、俺のワイシャツの袖口まで濡らしやがって・・・』

 彼の言葉攻めに更に感じてしまった私は、口は手でふさがれたまま『イク・・・』とは言えずじまいで、夜の明るい公園でイってしましました。『イったな・・・夜の公園で・・・やらしいなお前・・・』

 ぐったりフェンスにもたれたまま、彼のおち○ち○が欲しくて、腕を伸ばし触ろうとしましたが、『ちょっと待て、来い』とふらふらの私の手を引き、彼がベンチに座りました。

 ベルトを外しズボンとトランクスを少しずらして、既に大きく硬くなった彼のおち○ち○に貪りつきました。いつもはじらしながら、ねっとり舐めあげていくのですが、もぅ理性も何もかもふっとんでとにかく彼のおち○ち○が欲しくて・・・。

『お前そんなにち○ぽが欲しいのか?』咥えたまま『うん』と頷き、私の顔を両手で掴み、更に奥までくわえるように強制してきます。むせそうになりながらも、必死に咥えていました。

『あぁぁぁ・・・・上に乗れ』彼はひざまでズボンを下ろし、私を彼の膝の上に導きました。彼はおち○ち○を握り、私のおま○この入り口を確認すると、一気に私の腰を掴み、おま○こへ押し込みました。

『あぁぁぁ・・・』ずっとキスをしたままで、彼の口の中で喘いでいました。公園にはやらしい音だけが響いていました。1回イっている私はすぐにイキそうになり、『俺イキそう・・・お前先にイケるか?』

『ぁぁ、、、、うん、、、あたしもイキそう・・・』彼が一気に突いてきました。『イ・・・イク・・・・』彼の口の中につぶやき、私が先にイってしまいました。

 イった後のヒクヒクおま○こが大好きな彼は、ぐったりした私を支えながら、更に激しく突き上げ、『俺もイク・・・ぁぁぁ・・・』と小さく吐息を漏らし、おま○この奥で彼のおち○ち○がピクピク動いていました。

 抱き合いながら彼が耳元で、『寒いから余韻は部屋でな』と。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ