エッチな女大学生がデリ嬢を体験したエロ談

 四六時中エッチな事を考えてる私が、大学に通いだした頃に街のスカウトに乗せられて、デリ嬢になった時に起こったことを書きます。皆さんご存知だと思いますが、デリは本番禁止です。

 ですがフェラをしてるとどうしても欲しくなります、そんな時はお客さんの上に乗ってスマタをするんです。入るか入らないかギリギリを攻めながら「キャッ!」っといかにもアクシデントかのように先っぽを入れたりすると、お客さんがその気になってくれて、体勢を変えると入れとこようとしてくれます。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 ですが1回目は先っぽが入って来ると「あっ…ダメですよ~~」っと腰を引くのですが、2回目はしっかり奥まで入って2回位突かれた時に「ゴム着けて下さい」っと言うと、焦らし効果も手伝って荒々しく抱いてくれます(笑)。

 こんな感じでお客さんに本番を促すエッチな私に生理が来た時の話です。店長さんに明日の出勤を聞かれて、生理なのでお休みしますと伝えると…「カイメン入れれば?」っと言われ

「それなんですか?」っと聞くと、棚から取り出して見せてくれました、スポンジのようですが化学繊維ではなく天然素材のスポンジのような物でした。

 これを膣に入れて血を吸収させ塞き止めて接客するんだそうです。ビニールから取り出すとカチカチですが水に浸けるとふやけて柔らかくなり、ぎゅっと水を絞って膣の中に入れるんだそうです。

 皆やってるからエマもやってみて、無理なら休みにしようとの事でしたので、店長さんに言われたように水に浸し、ぎゅっと絞ってトイレに入りタンポンのように中に入れようとするのですが入りません、

 2~3回チャレンジするけど入らないので、外に出て店長に入らないっと言うと…「みんな最初は自分じゃできないから俺が入れてあげてるんだけど…」えっ!っと思いましたが、最

 初はそんなもんかな?っとも思えたし、「優しく入れてあげる」の言葉を信じて店長に入れてもらう事にしました。店長は最初に「今だけは俺を彼氏だと思ってくれ、

 俺もエマを自分の彼女と思って優しくするからね…」っと言われ「ハイ」っと応えると、「パンツ脱がすね」っと言いながらスカートな中に手を入れてスマートにパンツを脱がせてくれて、

「じゃあ入れるね」っと私の右足をソファーの上に乗せると、私の前にしゃがんだ店長の肩に両手を置くと、左腕を私のお尻に巻き付けて固定し右手に持った海綿を押し込んで来ました…ところが…。

チンコにたっぷりヨダレを垂らしにゅるにゅるにすると早速股がり、いつもの素股でグリグリ…カリの裏がクリに擦れて気持ちいい!

昨夜からのムラムラを晴らしたくてギンギンを掴んで生で!最初は液を馴染ませる為に真ん中まで、そして一気に奥まで!待ち望んだチンコにおかしくなりそう…

 ヤバイヤバイ!これこれ…!?…でも?何か違う!何時もより凄い当たる、腰を動かす度に気持ちいい所に当たる!もう腰が止められない…!

 腰を動かして1分経たずに逝ってしまい、後はリピさんのお好きなようにと無抵抗に色んな体位で逝かせてもらい外出ししてもらいました。私はポリシーでお客さんには絶対2回戦してもらいます(笑)

 そんなこんなで退室、事務所に戻ってトイレに入り海綿を取ろうと人差し指と中指をを入れるけど爪先にも当たらないので、もう店長に頼むのも慣れっこになり店長をトイレに呼び込んだ…

 私も何となく学習したので、最初から店長に背中を向けて左足を便座に乗せ、前傾姿勢になり「お願いします」っと言うと「ハイハイ」っとしゃがんで片手でお尻を拡げて指を入れて来た…

 指が奥まで入ってモゾモゾグリグリ…手首をひねってグリグリ…店長からヒト言!!「エマ本番した?」「!!っ!!」…「てへっ」「バーカ海綿奥まで押し込まれてて俺の指でも中指にかする位しか無理なんやけど…」

 私の中ではプチパニック!もしかして一生このまま?!病院で取るの?!「自分の両手でお尻拡げて」っと言われ、割れ目からガッツリ拡げて「お願い取って!」っと願い補助するのですがどうにも取れず、

 ヤバイ!ヤバイ!ヤバイ!っと思っていると「あ~~面白かった!ってかエマのマンコ綺麗やね!」はっ?なに?何の事?っと店長の場違い発言に困惑していると…

「実はこの手の事まあまああるんよ…チョイ待ち」っと言うとトイレを出ていって…戻ってきた。「これでオケ」氷用のトングを持ってきて…カチカチ!、「エーーーッ!」恐かったけど店長は慣れてる感じだったので…

 トイレを出て洗面所の床に四つん這いになった。店長が冗談ぽく「もっとお尻を突き上げて、膝を拡げて…行くよ~」トングでアッサリつまみ出してくれました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ