星空を見ての星姦はお勧めですよ。

 これは去年の暮れのお話し(^^)「青姦がしてみたいです」出会い系で知り合って半年経つ女性から、こんなお願いをされていたのですが、ようやく彼女の望みを叶えてあげることが出来ました(^^)

『今夜なら出られます』と連絡が来たので待ち合わせ場所に向かうと、約束通りの時間に彼女が小さく手を振りながら歩いて来ます。彼女を車に乗せ、山手にある公園に向かって車を走らせました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 夜の公園、近くに民家はあるものの、人気はなく、俺は彼女の手を引いて外灯にぼんやりと照らされた薄暗い公園を一周歩いて様子を探ってみました。どうやら公園の中に人はいないようです。

「こっちにおいで」
『え?』
俺は彼女を太い木の裏に連れて行き、強く抱きしめて、唇を舐めるようにゆっくりとキス。夜の公園は冷え込んでいて、彼女の唇は冷たくなっています。

「寒いけど大丈夫?」
『はい…大丈夫です…』
この頃には俺の目もようやく暗がりに慣れて来ていて、彼女の顔がはっきりと見え、大丈夫ですと言った彼女の顔は、すでに興奮していることがわかりました。

 その木に手を突いて貰い、後ろからゆっくりと長めのフレアスカートを捲り上げます。スカートの裾が上がって来るに連れて、外灯の薄暗い明かりの中に、白く綺麗な脚が見え始めます。

 足首…ふくらはぎ…膝の裏…徐々にスカートに隠されていた部分が露わになって来ます。ラブホでスカートを捲り上げる時とは違い、誰かが来るかもしれないというスリルと、公園でしているという背徳感で、俺の興奮もどんどんエスカレートして来ました。

 更にスカートを捲って行くと、丸く小さなお尻が浮かび上がって、白いTバックパンティが目に飛び込んで来ました。その光景に興奮しながらも、暫く彼女のその姿を眺め「きっと彼女も凄く興奮しているんだろうな…」と思うと、ここに連れて来て良かったなと思ったりもして。

 ゆっくりとお尻に舌を這わせると、彼女のお尻は外気に当たって冷たくなっています。俺の生ぬるい舌の温度ですら、きっと熱く感じられたと思います。

 その熱い舌が、お尻を這い回り、次第に太ももの内側を這い上がって来て、股の間に滑り込んで来る。そしてTバックパンティの細い布の脇に露出した陰唇をコネるように動き回るのです。

 彼女の腰がモジモジと動き出し、甘い吐息が聞こえるようになるまでに、時間はほとんど掛かりませんでした。パンティの細い布を少しだけズラして指を当てると、

 彼女から溢れ出た愛液ですぐにヌルヌルになり、ちゅぷ…という小さな音を立てて、俺の指は彼女の膣中に吸い込まれていきます。

 侵入して来た指を喜んでくれているように、彼女の膣中は愛液で溢れていて、柔らかい粘膜は俺の指にまとわりついて来てくれました。

ほんの少しだけ指先を曲げたり伸ばしたりして、柔らかい膣中を刺激しただけで、彼女は最初の絶頂を迎えてくれました。

『ぃくっ…ぁぁ…ぃくっ…!!』公園という場所で、声を押し殺して絶頂を迎えた彼女は、同時にかなり大量の潮を俺の手に吹き付けてくれました。

 俺の手を流れ落ちた彼女の潮は地面に当たって“ボタボタボタボタっ…“と音を立てて小さな水溜まりを作りました。彼女の膣中から指先を抜き、Tバックをヨコにズラしてペニスを突き刺しました。

“ぁぅ…“そんな微かな彼女の声も、次第に『あっ…あぁっ…!』と激しくなって来たので、彼女の口を手で塞ぎます。女の口を手で塞ぎながらのセックスは、俺を獣にさせました。

 彼女がより大きな声で喘ぐように、激しく声を打ち付け、その声を出させないように手で塞ぐ。まるで強姦しているような錯覚に陥りながら、俺は彼女にペニスを突き刺し続けました。

 彼女は何度もペニスの根元に熱い潮を噴き付けながら、絶頂を迎えてくれました。脚に力の入らなくなった彼女を支え、ベンチまで歩き、少し休ませてあげました。

「脚がびしょびしょになっちゃったね」
『はぃ…びしょびしょです…』
「寒くない?」
『大丈夫です…』
「でも、濡れちゃってるから、冷える前に車に戻ろうね」

 そう話して車に戻ると、彼女はバッグの中からタオルを取り出して、スカートの中で濡れた場所を拭き始めました。

「さすが♪タオル持参だったんだね(^^)」
『はいwこうなると思ってましたw』
「あはははは(^o^)」
『あははっ(^^)』

 照れたように笑う彼女が可愛くて、思わずギュッと抱きしめてしまいました(^^)

公園からの帰り道、山道の脇道に車を止めて、助手席をリクライニングさせてスカートの中に手を入れると、いつの間にか彼女はパンティを脱いでいました。

「あれ?パンティは?」
『濡れちゃったのでさっき脱ぎましたw』
「知らなかったな~w」

彼女のクリトリスにそっと指を当て、優しく転がしてからワレメに指を滑らせると、陰唇はぴったりと閉じています。「あれ?まだ濡れてないのか…」そう思い、指をクリトリスに戻そうとした時。

 指先の本当に先の方にヌメリを感じたので、確認の為にもう1度ワレメに指を戻してヌメリを感じた場所に指を当てると彼女のワレメの縦筋は染み出した愛液で満たされて来ていて、

 ほんの少しだけ陰唇を押し込んでみると“ジュワ”っと愛液が溢れ出して来て、一気にヌルヌルになってしまいました。指先を膣中に挿入し、優しく刺激を送り込んで行くと、すぐに彼女は反応して身体を捻り始めました。暫くすると…

『ダメっ!ダメダメっ!出ちゃうっ!』
「出していいよ…」
『ダメっ!濡れちゃうからっ!』
「濡らせば良いよ」
『お願いっ!タオル敷いてっ…』
「わかったよ…」

シートにタオルを敷いて、スカートも濡れないように脱がせてから責めを再開すると、心配事のなくなった彼女は、面白いようにイキ続け、大声で喘ぎ、絶叫しながら大量の潮をタオルに放出してくれました(^^)

「公園で色々我慢してたんだね」
『すごーく我慢してましたよ♪』
「ストレス溜まっちゃった?」
『いいえ♪スリルも良かったです♪』
「このぉwスケベ女めw」


『aki兄ぃの教育の成果ですよ(笑)』
「念願の青姦の感想は?」
『スリルがヤバいです♪めちゃめちゃ感じちゃって…特に口を押さえられた時とか、もう気絶しそうでした(*^▽^*)』
「そんなに感じてくれてたんだね♪」
『最高の経験です♪』

「夜だから青姦(青空の下で姦通)じゃなかったけどね」
『そうですね~(^^)』
「星空の下だったから[星姦]にしようね(^^)」
『それ♪ロマンチックですね♪』
「行為は卑猥だけどね(笑)」
『ですね♪あはは(^o^)』

 そんな会話をしながら、彼女を家まで送って帰って来ました(^^) 好奇心が強く、色々求めてくれる女性とのセックスは、本当に楽しいです♪

 あんなことや、こんなこと。してみたいけれど、なかなか言えなくて…という女性は多いと思いますし、彼氏には言えないような過激な事がしてみたいという女性も居るかもしれません。

 でも、あなたの人生は一度切り。もし、やりたいことが出来るチャンスがあったら、物怖じせずにやってみてくださいね~(*^▽^*)ノ

↓他のHな体験談を見る




ホームへ