映画館のエロ行為をする痴女に遭遇した体験談

 ある日仲間と居酒屋で飲んでいると、ある駅前の映画館に水曜日の朝10時ころ行くと、女が座席の所で、ペニスを触ってくれて、気にいればトイレでセックスも可能だというのです。

 ただし映画がかなりハードなもので、R-15の指定があるものに限るというのです。京王線の「下高×戸駅」そばの映画館に水曜日に行きました。朝の10時ですから、ガラガラで客は4,5人しかいませんでした。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 前から3段目で左側の3番目の席と聞いていたので、「石の微笑」というかなりエロっぽいフランス映画を見ていました。内容は突然出会った男女が、たちまち恋に落ちて愛欲に溺れるというもので、かなり激しくセックスシーンもあり、性交シーンはモザイクが掛かっていました。

 ストーリーを夢中で見ていると、いつの間にか中年の女性が座っていて、右手で左膝のあたりに手を置くのです。黙っていると段々と陰部の方に手が伸び、ペニスのあたりを擦るのです。

「開けてアレを出してみませんか、いいコトしてあげるから」と耳元で囁くのです。チャックを下ろし、ブリーフの間からチンポを引き出しました。まだ完全に勃起はしていませんが、亀頭からはスケべ汁が溢れだしました。

 右手の指で全体を握り締め、亀頭笠の周りをクリくりします。そして茎を前後に擦り出しました。もう映画どころではありません。後ろを振り向いても誰も見えず、いきなりしゃがみ込んでチンポを口に含み出しました。

 じゅぽっ、じゅぽ~っと卑猥な音を立てて吸い込んでいます。10分も続くと、快感でもう精液が出そうです。「ゆっくりとして、直ぐに出そうだから」いったんは休んで僕の左手を、スカートの中に入れさせました。ノーパンでいきなりザらっと陰毛が指に触ります。

 割れ目からは淫水が漏れて、もうべとべとです。あそこの膨らみはお饅頭のようでかなり盛り上がっています。グイッと割れ目を開いて、クリトリスと膣に指を入れ擦らせます。

「あああっ、なんだかしたくなっちゃったよ~~」と、この奥様はチンポを引っ張って「トイレで嵌めようよ~」と囁きます。もう映画どころではありません。男子トイレの一番奥から二つ目に入り、便座の上に腰を下ろさせます。

 初めて彼女の顔を見ましたが、物凄く美人ではありませんがスケベそうな、唇がモノ欲しそうな顔をしていて、年齢は50歳前後です。

 いきなりズボンを膝下まで落として、勃起して天井を見ている陰茎を自分で膣にあてがい、後ろ向きで静かに腰を降ろしてきました。膣は愛液でヌルヌルなので、入り口は多少の抵抗はありましたが、いきなり根元までぎゅっと挿入されました。

 前のドアに両手をついて、前後や左右にオマンコを揺すり出しました。僕はオッパイをセーターの裾から手を入れて、ブラジャーを外させて握りました。かなりのデカパイで、たぶん85㎝以上のDカップはありそうです。乳首が勃っていてもう興奮状態が解ります。

 後ろ向きで挿入しているので、指で「アソコを触って~~」とクリトリスを擦らせます。割れ目の中心部には軟体動物の様な、暗渠があり飛び出したクリちゃんを擦ってやりました。

「ああっいいよ~~、もう直ぐイキそうだよ~、君のチンポは素敵にデカクテいいよ~~、下から突き上げてよ~~」腰を激しく突き上げると、秘孔の中はまさに快感の坩堝で、その蜜壺には無数の壁があり、それがグネグネと蠢いてペニスを締めつけます。

 白濁した蜜液が膣孔から流れて、僕の陰毛のあたりを伝わります。彼女は軽く腰を上げて、せわしく収斂させて噎びながら腰を揺すりました。

「ああうううんん~~、もうイっちゃうよ~~、イクよ~イク~~イク~~、一緒にイって~~」切なげに咽び泣きながら随喜の涙を流しました。突然、隣のトイレに誰かが入りました。

 暫くは抱きしめて、顔を後ろ向きにさせて濃厚な口づけをしてやりました。多少口臭はしましたが、ドアを開けて出て居った瞬間に、激しく動いて僕等も、同時にエクスタシーに達し、射精して彼女も膣を震わせてイっていました。

 ウエットティッシュを用意していて、ペニスをそっと包んで膣から抜き去りました。「また今度会いましょうね」と奇麗にして、彼女は後も見ないで素知らぬ顔で、映画館を出ていきました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ