体が不自由だがヘルパーをアヤメた告白

 俺は51歳の男。体が不自由なので毎日ホームヘルパーが来て料理や洗濯、掃除をしてくれる。一週間前の日曜日の事。いつも来ているヘルパーで、俺より4つ年上のオバさんが来て料理をつくっていたときに、俺は我慢できなくなって犯してしまった。

 そのヘルパーは全く酒がダメで匂いを嗅いだだけで気分が悪くなる体質。俺は以前からこの女とエッチしたいと思っていた。仕事が終えて日誌をつけてるときにウイスキーをテッシュに含ませ後ろから口元に押し付けた。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

「うっ、ぐぐぐ。」と言ったが全身の力で2分ほど押し続けたらグッタリとなったので床に寝かせてその上からウイスキーのビンごと口に注いだ。「ぶぶぶっ」吹き出したがかなり飲んだ。

 殆ど意識が無くなった彼女の両手をタオルで縛ってズボンを脱がせてパンツも脱がせた。片方の足首をテーブルの足にエプロンで縛って固定した。

 露わになった下半身わデジカメで一枚写して着ているハイネックのセーターを捲り上げてブラジャーも首もとまで上げた。熟年女の細身の裸体だ。乳房も大きくはないが年齢のわりにはきめが細かい肌だ。

 俺は獲物を手にした野獣のようにゆっくりと乳房を揉んだ。30分ほど過ぎたころ「ううう・・」っと気づき始めた。女は目を覚まして自分がどんな状態かをすぐさまさとった。

 虚ろな顔で言った。「騒がないから手をほどいてくだい」俺は答えた。
「デジカメであんたの大事なところを写してある。俺の言うとうりにしなければ事務所に送る」
「分かりました。言うとうりにしますから手を自由にしてください」

 俺はタオルを外してセーターとブラジャーも脱がせた。まだ足はテーブルに固定されている。「いいか、これから俺がする事に抵抗するなよ」俺は全裸になった女の体をなめるように見つめた。

 もう片方の足をゆっくりと開かせて陰部が見えるようにした。陰毛は薄く透けて見えるほどだった。ヒダを指で開いてクリトリスをなでた。女は「う~ん」っと声を出して身をよじった。俺も服を脱いで裸になった。

「ねぇ、どうせされるなら気持ちよくされたいわ。テーブルの足も外してください」
「いや、ダメだ。外したら逃げるに決まってるからな」

 俺は女の股座に自分の体を入れて足が閉じないようにした。「さぁ、これで思いのままだ。やらせてもらうよ」俺の亀頭はすでに勃起していて充血している。女の膣口も少し湿っていた。

 指で膣口を触り続けた。クリトリスも親指でなでた。片足を高く持ち上げて陰部が見えるよな体制にした。
「よく見えるぞ。全部見える、ケツも穴まで見える」
「いやっ、見ないで」
「見られると感じるのか。まらもっと見せてもらおうか」
「だめっ、見ないで。お願いですから見ないでください」

 再び膣に手をやったらものすごく濡れていた。やっぱり。この女は見られると感じて濡れるのか。俺はその様子を見て我慢の限界がきた。動きの悪い自分の足に精一杯力を入れて亀頭を女の膣に挿入した。

 女は声を押し殺して感じているのをこらえていた。俺は女におおいかぶさるようにして乳房を掴んで腰を動かした。年のわりには膣内は締りが良く亀頭に吸い付くようだ。

「イクぞー。中に出すぞ」俺は思いっきり女の中に射精した。これが切っ掛けで週に1・2度セックスする関係になった。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ