清楚に見えたパート女性はM好きだった

 コロナの影響で、うちの部署も先月末まで全員テレワークでした。5月のGW明けからは、週2・ホテル等の施設利用可能で、1回の上限4000円までを出張費として扱ってくれました。

 うちは、小さい子どもがいて、リモート会議に割り込まれたり、うるさいのは困るので、そういう予定のある日に利用しました。しかし一人でホテルに居ると、止まってる部署の影響があり、

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 メールのやり取りやリモート会議の時以外の大半は暇で、テレビ観ながらベッドでゴロゴロでした。うちの部署には、雑務をやってくれるパート女性(45歳の美奈子さん)がいますが、実務の大半がストップしてる美奈子さんは、半分自宅待機状態。

 2回目のホテル利用の時にLINEしてたら、給与も20%程カットらしく、収入減ったら困るのよと着ました。私はホテル利用の目的が、合間に風俗嬢でも呼んで、性欲発散したいのもあり(そのため、

 フロントスルーで出入りしやすいホテルをわざわざチョイス)、もしかしたら美奈子さんに振ったら出来るかなと思い、「サポするから楽しまない?セクハラになっちゃう?(笑)」と返すと、

 30分くらい返事が無く、ダメかなぁと風俗店のHP見ながら物色してたら、「内緒だからね!ホテルと部屋教えて!」と返事が来ました。返信して約1時間後、美奈子さんが来ました。

 ちょっと緊張した面持ちで、中に招き入れました。黒のワンピ姿で、普段もメガネでストレートの黒髪という、清楚な雰囲気ながら、勤務時のラフな感じより、ずっと女性っぽい服装なんで、呼んだこちらもドキドキ。

 美奈子さんが、手に持った袋を見せ、「昼間だけど…飲んでから…」ベッドに座り、缶チューハイを飲み、私は、「今月、いくら足りないの?」と聞くと、指2本立てたので、財布から諭吉2枚出し渡しました。

 美奈子さんは黙ってお辞儀して、テーブルのカバンの下に敷き、「シャワーしてくるわ。」と言ってバスルームに入りました。10分して、浴衣姿で出てきて、私が入れ替わりシャワーを済ませて出ると、部屋を暗くし、スタンドの明かりだけで、美奈子さんはベッドの中に寝ていました。

 私は、全裸でベッドに入り、美奈子さんとキス。浴衣の上から乳首を摘まむと、ピクピク反応し、「吸っていい?」と聞くと、黙って頷き、浴衣をはだけ、美奈子さんの乳首に吸い付きました。

 段々と固くなり、「あん…あん…」と、小さく喘ぎ始め、しばらくして手をあそこに這わして触ると、美奈子さんも足を拡げ触りやすいようにしてくれ、やや剛毛のあそこを掻き分けると、

 びっしょり濡れてヌルヌルの割れ目に到達。クリの辺りを刺激したら、「ああん!ああん!」と、より反応が激しくなり、

「クリが気持ちいいの?」
「うん…気持ちいい…」
しばらく触って、今度は美奈子さんが、
「私も舐めさせて」

 私は仰向けになり、勃起したチンポを掴み、ゆっくり口の中に咥え込んでいきました。なかなか、ネットリとした気持ちいいフェラで、私のチンポもピクピクして、

「凄い…欲しくなっちゃった。いい?」
「ゴム無いけど…生でいい?」
「外に出してくれたら、いいから。」

 そう言って浴衣を脱いで、上に乗って自ら腰を落としていきました。ゆっくりチンポの感触を確かめるように、腰をグラインドさせていました。私も下からおっぱいを揉み、表情を見ていました。

 そして私は身体を起こし、対面座位からキスして、正常位に。パンパン突くと、美奈子さんの喘ぎ声も大きくなってきました。
「いくよ、顔に掛けていいか?」
「いいよ、いっぱい出して!」

 チンポを抜いて、美奈子さんの顔に跨がり、口元に射精。美奈子さんも大きく口を開け、大半は口の中、一部は目元近くの頬に。口の中のを飲み込み、チンポを咥え、舐め取ると、

「気持ち良かったぁ~」と満足げでした。しばらく腕枕してマッタリと過ごし、「次、お金いいから、ここ来る時、呼んで。」と言って、ニコニコしていました。一緒にシャワーしたら、

「お〇っこしたい」と言って、足を拡げ、目の前でシャーっと放尿。私もしたくなり、出すよと言ったら、しゃがんでチンポの前で口を開け、こぼしながらも、私のおしっこを飲んでいました。

 軽くシャワーで口をすすいでから、「好きなの?」「うん。前に付き合ってた人に仕込まれてから。」普段は清楚な美奈子さんの意外なMな一面を発見し、またしたいと言って、帰っていきました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ