熟年人妻OLの魅力にハマった体験談

 大学出たての新人の頃、40歳の人妻OLの美和さんの魅力にどっぷりハマりました。白いブラウスの上に紺のスーツ着て、清楚な美形ですが匂い立つような色気があるんです。

 お子さんが2人いるけど、スタイル良くて40歳には全く見えませんでした。美和さんが書類を取るとき前かがみになると、ブラウスの胸元からチラッとブラが見えちゃって、思わず勃起したこともありました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 課長が、年が離れてるから大丈夫と踏んだのか、入社半年の頃、美和さんのアシストをするように言われ、もうドキドキでした。二人で仕事してると、堕としたペンを取ろうとタイトなスカートを摘まんで、少し上げながら腰を落とすので目のやり場に困りました。

 白い太腿が見えるわ、少しずらした膝の間からパンツがチラッと見えるわで、立ち上がれない昏い勃起しました。なにせ、大学卒業と同時に彼女と別れて帰郷したので、溜まっていましたから尚更でした。

 残暑厳しいある金曜日、現場から直帰だったから、美和さんに、
「あー終わった終わった。ねえ英紀君、直帰だからさ、このまま一杯やっていかない?奢るからさ、付き合いなさいよ。」
「お子さんや旦那さん、大丈夫なんですか?」
「子供っていっても中2と小5よ。それに旦那は単身赴任中。ヨロシクやってんじゃない?」

 ほろ酔いになった美和さんに、「前かがみになったり、しゃがんで物を取るとき、チラ見えするから気を付けてください。」と言ったら、「あら、こんなおばちゃんでも興奮しちゃうの?」というので、美和さん綺麗ですとか、40歳には見えないとか言っていたら、

「ねえ、本気で私って英紀君のストライクゾーンにギリギリでも入ってるの?」
というので、
「ギリギリじゃなくては入ってますよ。」
と言ったら、スカートをかなり上げて太腿を見せて、
「どう?」
なんてやられてフル勃起しちゃって、視かもしれを触られて、
「まあ、ほんとね。私としてみる?」
という展開でホテルへ行きました。

 40歳の女性の裸って、中年で緩んでるのかと思いきや、かなり良い身体でした。「あのね、私、浮気って初めてなんだ・・・」清楚な美形でスタイルも良い、もしかしたら正常位しかしたことないんじゃないかってくらい、お淑やかでした。

 震える手で愛撫、乳首を舐め、そして待望のクンニに股間を見ると、さすが40歳の糸妻だけあって、女子大生や女子高生だった元カノのオマンコと比べたら、とてもグロテスクでした。

 ビラビラが灰色がかってて、伸びて内側にめくれていました。それを広げると中はピンクでした。クリをレロレロしたら、「そうじゃなくて、舌の先っぽで転がすみたいに舐めて・・・あ、そうそう・・・ああ・・・」その声の艶めかしいことと言ったら、女子大生や女子高生とは全く違いました。

 そしてフェラ、これは熟練の技、「み、美和さん。ダメです出ちゃいます。」と言って途中で止めてもらいました。人妻ですから、当然コンドームをして入れました。

 中は女子大生や女子高生と比べると緩かったですが、柔らかく手気持ち良く、感じてくるとキュキュッと締まってきて最高でした。ユルユルではないけれど、腰を打ち付けると乳房だけでなく下腹部も揺れて、それが何とも言えずエロく感じました。

 喘ぎも色っぽかったけど、何といってもあの清楚な美和さんがまさかの騎乗位で、ヒイヒイ喘いでたちまち私はコンドームに射精してしまいました。「若いんだもの、もう一回イケるわよね?」と言われてシャワーで精液を洗って、二回戦は後背位からの騎乗位で抜かれました。

 美和さんの魅力は、清楚で貞淑そうなのに、セックスが始まると淫乱になる二面性でした。そして、普段は清楚な美和さんの貞操を犯しているという感じが、たまりません。

 そして、月に一度、「今週は旦那が帰ってくるから、週末はダメよ。」と週中に直帰の仕事を持ってきて、ラブホで励み、土日の夜、今頃は美和さん、ダンアさんと生セックスしてるんだろうな・・・なんて考えて、旦那さんに嫉妬したりしていました。

 その翌週、美和さんを抱くときは、週末はこの身体に何回も旦那さんに生でぶち込まれて、ヒィヒィとえげつなくヨガリ狂ったんだろうなと思うと、ただならぬ色香が漂うのです。

 入社二年目の年度末、3月半ばに、美和さんのお供で出張したことがありました。行く先々で、別れ際に「今度担当が変わりますから」と一言添えているのが引っ掛かりました。

 早めに仕事が終わったので早々とホテルに帰り、4時ごろから美和さんが逝くまで30分以上クンニして、グッタリしている美和さんを揺さぶりました。「ああ~~ああ~~チンチン硬い~~頭がおかしくなっちゃう」 と言われて、思い切り仰け反って逝ってくれた時は、達成感ありました。

 抱き付かれて、「英紀君のこと、好きになっちゃった。こんな若い子に本気にさせられて・・・」と涙ぐまれました。やっぱり、他の男の匂いがする人妻っていいものだと思いました。

 どんなに清楚でお淑やかな美形でも、旦那さんに散々やられて喘いでる事実が萌えました。 実は、この出張が美和さんとの最後のセックスでした。出張から戻った駅で、改札を抜け、別れ際に、

「英紀君、1年半だったけど、今日で恋人ごっこは終わりなの。」
「え?」
「旦那、副支店長になっちゃって、当分戻れないみたいだから、上の息子は旦那のいる街の高校を受けさせたの。下の子も旦那のいる街の中学に入学するの。そして私は、仕事を辞めて旦那のところに行くことにしたの。」
「美和さん・・・お別れですか・・・」

「ええ・・・潮時・・・このままだと私、英紀君を本気で愛してしまうから・・・だからさようなら。今度は、若い女の子と付き合って、お嫁さんになさい。」
「分かりました。美和さん、さようなら・・・」
「さようなら、英紀君・・・」

 この翌週、美和さんが会社を辞めました。引っ越しするため、3月末まで勤めてはいられなかったようです。お別れは、同僚として見送りました。花束を抱えて、少し寂し気な表情で美和さんは会社を去って行きました。

 1年半の間、週に2~3回美和さんを抱いていましたから、200回くらい関係したことになります。本当に素敵な人でした。あれから20年の時が過ぎ、現在私は44歳、結婚して15年の40歳の妻がいます。

 妻が40歳になった時、美和さんを思い出しました。妻も、40歳になりましたが、子供の頃に抱いていた40歳のおばちゃんではありません。スタイルも若い頃とそれほど変わらず、ただ、オマンコだけは灰色に変色してめくれているのは、妻も美和さんと同じです。

 それは、私が15年間、おや、恋人時代を含めたら17年間、妻を抱き続けた証です。妻を愛し、妻と一つになって会いと快感を分かち合ってきた証です。私たち夫婦は、40代になってもお互いが大好きで、週に3回は営みを持ちます。

 だから、もし妻が他の男に抱かれようものなら、私は狂ってしまうでしょう。だから、美和さんを安易に抱いたことを今更ながらに反省しているのです。美和さん・・・還暦を過ぎた美和さんは、今、どこにいるのでしょう。

 ご健在で、幸せに暮らしていて欲しいと思います。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ